*

『腰痛探検家』韓国マンガ版?

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

韓国語版『腰痛探検家』のレビューは、読者の方々があっという間に正確に翻訳してくれた。
高野本の読者は本当にレベルが高い。著者のレベルを補っているのであろう。

ところで、韓国のネット書店では、この本のイラストも掲載されている。
一体、どこでどういうふうに使われているのか不明なのだが、実にかわいらしい。
ときどき、何が言いたいのか謎の場面もあるが……

関連記事

no image

思い出探しに来たわけじゃないけれど

現在、チェンマイに滞在中。 バンコクにいると、どうしても「これがタイだ」と思ってしまう

記事を読む

no image

となりのツキノワグマ

ツバルが沈まなくて驚いたばかりだが、 またしても環境問題の常識が覆される本を見つけた。 宮崎学『と

記事を読む

no image

ソマリ語翻訳、承ります

ソマリ語と日本語の翻訳・通訳業務を行うことにした。 2年前、私が聞いたところでは、日本に住むソマリ人

記事を読む

no image

生まれて初めてのロックライブ

恵比寿に、今年再結成した筋肉少女帯のライブを見に行った。 オーケンさんのご招待である。 なんと、私に

記事を読む

no image

新連載はまさか、あの…?!

『アジア新聞屋台村』本日発売!…なのだが、なんか、今回もまた売れない予感がしてきた。芥川龍之介ではな

記事を読む

no image

タイの黄金のバーミヤン

バンコクから入り、西のラッブリー県というところに行った。 観光客はほぼゼロだが、なぜかバーミヤンみた

記事を読む

no image

まるでカフカの「審判」

  「オシムの言葉」(集英社文庫)などユーゴ・サッカー三部作で知られる木村元彦氏から 「争うは本意

記事を読む

no image

正月には柳昇師匠がよく似合う

ここ数日、なんだか正月のような気がしてならない。 そう言うと妻に「は?」と呆れられたが、寒くて晴れて

記事を読む

no image

川口探検隊の挑戦

知人より「漫画 川口探検隊」なる本が送られてきた。 もはや文学への挑戦にしか思えない、シュールな物語

記事を読む

no image

「アンダーグラウンド」は私の理想

下高井戸シネマで、エミール・クストリッツァ監督の超名作「アンダーグラウンド」を観る。 この映画を観

記事を読む

Comment

  1. hu より:

    それでは調子にのってもう一つ。以前かたつむり考試院のときにも翻訳させていただきました。「ヤメ チリョサ」という言葉を「在野の治療師」と訳しましたが、「モグリの治療師」というニュアンスがあります。
    事実とは異なると思いますが、レビューで「無許可針術師」となっていたのは多分このせいでしょう。

    私は奥地専門探検家高野。

    これまでコンゴ奥地の湖に住むという謎の怪獣を探しに行ったり、ミャンマーの奥深くの山村でアヘン栽培をするゲリラたちの間に潜入したこともある。

    「キャオオ!!」

    「タタタタタタタ」

    そ、それなのにこんな場所は初めてなのだが?!

    「慶」腰痛世界入城「祝」
    ゴオオオオオオ

    「腰痛世界だって?!」

    そうだ。いつからか腰が痛いのだ。
    一時期はただ我慢して耐えていたが、ある肌寒い春の日、
    腰を大きくひねってから、私はこの腰のやつを確実に
    治そうと心を決めたのだ。そして私の「腰痛治療」の旅が
    始まった。

    「覚悟しろ、腰痛のやつめ!征服してやる!!!」
    ズキズキズキ

    整形外科の医者からは難病だと診断を受け、
    「これだという治療法はありません」
    ガガン「ええ?!」

    カリスマにあふれる在野の治療師に
    治療を受けることもし、
    「ふふふ、いらっしゃい」
    ち、治療師なのか美容師なのか?

    私の犬「ダルマ」の腰の椎間板ヘルニアを治療してくれる
    獣医師の先生に針を刺してもらいもした。
    「ダルマのご主人ですから初診料はいただきません」
    「くう、犬のおかげで割引を…」

    そこで笑っている方、これが他人事ですか?!
    千万のお言葉、万万の豆餅!
    いずれあなたにも訪れる腰痛の世界を私があらかじめ
    探検しているのです。この本は韓国の(予備)腰痛同志たちに捧げる
    私の涙ぐましいガイドブックであり、抱腹絶倒の苦難の記録なのだ!!!

    「小学校に入学したあと一日8時間以上椅子に座ってるでしょ?」
    「足を組んで座るのが好きかな?」
    「まっすぐ座らずに斜めによりかかって座ってるでしょ」
    「モニターの前で首を長く伸ばしてるんでしょ」
    ドキン

    そうではあるが私は果たしてこの腰痛の密林を
    抜け出すことができるのか?
    ザアアアアア ザブン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 東京・銀座にあった、木彫の猫たちの楽園。毛の質感や体の柔軟さまでが表現されていて、ちょっとびっくり。三重県北部いなべ市の古民家在住のアーティスト、はしもとみおさんの作品展。中央通りに面した田中貴金属本店6階ホールにて。 https://t.co… ReplyRetweetFavorite
    • らしいとか、女優が映画館で前の座席に足を投げ出して観ているんだけど、その足裏が汚いとか、ブラピが銃のホルスターに缶ビールを2本指して屋根のアンテナ修理をするシーンが意味もなくカッコイイとか、夢中で喋ってしまった。二人の結論→「タランティーノは天才」。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画監督の友人に電話し「ワンスアポンナタイムインハリウッド(略称ワンハリ)」話で盛り上がる。ブラピがなぜかブルース・リーをカンフーでぶちのめすとか、スティーブ・マックイーンでなくディカプリオが主人公を演じている「大脱走」のシーンとか、ブラピが犬にあげる缶詰がネズミやアライグマの肉 ReplyRetweetFavorite
    • 納豆で言えば、マイルドに熟成された感じ。 ReplyRetweetFavorite
    • 以前のタランティーノ作品特有のインパクトは薄くて、でもいつまでも観ていたいという温泉的気分だった。 ReplyRetweetFavorite
    • タランティーノ監督の新作「ワンスアポンナタイムインハリウッド」を観た。最初の感想は、ブラピカッコいい、ディカプリオおもろい。 ReplyRetweetFavorite
    • このワンコ、私にも熱心に喋ってたなあ。 https://t.co/7P0eqU9oY8 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年9月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑