*

『腰痛探検家』韓国マンガ版?

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

韓国語版『腰痛探検家』のレビューは、読者の方々があっという間に正確に翻訳してくれた。
高野本の読者は本当にレベルが高い。著者のレベルを補っているのであろう。

ところで、韓国のネット書店では、この本のイラストも掲載されている。
一体、どこでどういうふうに使われているのか不明なのだが、実にかわいらしい。
ときどき、何が言いたいのか謎の場面もあるが……

関連記事

no image

愛するマンガ

今、私がいちばん愛しているマンガはこれです。

記事を読む

no image

宣教師ニコライのファンになる

今、「移民の宴」で在日ロシア人取材をやっているので、その資料として中村健之介『宣教師ニコライと明治

記事を読む

no image

ポップ&メジャー

イランに行っている最中、 4月8日発売予定の『メモリークエスト』(幻冬舎)のカバーデザインが 出来上

記事を読む

no image

『メモリークエスト』本日発売

まずはお知らせ。 『メモリークエスト』(幻冬舎文庫)、いよいよ本日発売です。 アマゾンや地方では明

記事を読む

no image

メールが届かない

最近、こちらから出したメールが届いていないというケースが増えている。 プロバイダのせいなのだろうか。

記事を読む

no image

トルコで最も知られたジャナワール写真(画像)日本初公開

私たちがワン湖で撮影した謎の物体の解析をしようとあちこちに依頼しているが、なかなか専門家の方々が

記事を読む

no image

最近読んだ面白い本

ブログを書く時間がなかなかとれないので、お勧め本がたまってきた。 ここにまとめて公開しましょう。

記事を読む

no image

アジワンが売れていた

高野秀行フェアをやっている丸善ラゾーナ川崎店を見に行った。 おしゃれな店のレジのすぐ脇でちゃんと展

記事を読む

no image

エンタメノンフ文芸部創部集会

まだ月曜日の話が終わらない。 夜は本の雑誌社に集合し、 「エンタメノンフ文芸部」創部集会。 部長・宮

記事を読む

no image

野菜を洗剤であらう

忘れていたことをまたいくつか。 昨日(水曜日)、毎日新聞夕刊の「新・幸福論」という欄で私のインタビュ

記事を読む

Comment

  1. hu より:

    それでは調子にのってもう一つ。以前かたつむり考試院のときにも翻訳させていただきました。「ヤメ チリョサ」という言葉を「在野の治療師」と訳しましたが、「モグリの治療師」というニュアンスがあります。
    事実とは異なると思いますが、レビューで「無許可針術師」となっていたのは多分このせいでしょう。

    私は奥地専門探検家高野。

    これまでコンゴ奥地の湖に住むという謎の怪獣を探しに行ったり、ミャンマーの奥深くの山村でアヘン栽培をするゲリラたちの間に潜入したこともある。

    「キャオオ!!」

    「タタタタタタタ」

    そ、それなのにこんな場所は初めてなのだが?!

    「慶」腰痛世界入城「祝」
    ゴオオオオオオ

    「腰痛世界だって?!」

    そうだ。いつからか腰が痛いのだ。
    一時期はただ我慢して耐えていたが、ある肌寒い春の日、
    腰を大きくひねってから、私はこの腰のやつを確実に
    治そうと心を決めたのだ。そして私の「腰痛治療」の旅が
    始まった。

    「覚悟しろ、腰痛のやつめ!征服してやる!!!」
    ズキズキズキ

    整形外科の医者からは難病だと診断を受け、
    「これだという治療法はありません」
    ガガン「ええ?!」

    カリスマにあふれる在野の治療師に
    治療を受けることもし、
    「ふふふ、いらっしゃい」
    ち、治療師なのか美容師なのか?

    私の犬「ダルマ」の腰の椎間板ヘルニアを治療してくれる
    獣医師の先生に針を刺してもらいもした。
    「ダルマのご主人ですから初診料はいただきません」
    「くう、犬のおかげで割引を…」

    そこで笑っている方、これが他人事ですか?!
    千万のお言葉、万万の豆餅!
    いずれあなたにも訪れる腰痛の世界を私があらかじめ
    探検しているのです。この本は韓国の(予備)腰痛同志たちに捧げる
    私の涙ぐましいガイドブックであり、抱腹絶倒の苦難の記録なのだ!!!

    「小学校に入学したあと一日8時間以上椅子に座ってるでしょ?」
    「足を組んで座るのが好きかな?」
    「まっすぐ座らずに斜めによりかかって座ってるでしょ」
    「モニターの前で首を長く伸ばしてるんでしょ」
    ドキン

    そうではあるが私は果たしてこの腰痛の密林を
    抜け出すことができるのか?
    ザアアアアア ザブン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 【第5回八重洲本大賞ノミネート作】『語学の天才まで1億光年』(高野秀行さん、集英社インターナショナル)https://t.co/hxeHusQZPE 「探検の道具」=言語は面白さから「探検の対象」に。学んだ言語25以上の辺境ノンフィクション作… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「父親世代の古いフェミニズムの呪縛」「価値観のブラッシュアップの難しさ」ななど、モヤモヤを言語化することに長けている著者だけに納得できるフレーズは多かったが、個人的に別格なのは、姪による「おじいちゃん世代はみんなコミュ障」の指摘だった。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 鈴木大介さんの新刊『ネット右翼になった父』読了。めちゃ面白かった。右傾系動画にハマり、ヘイトスラングを口にする晩年の父。絶望の看取りを経て、正統派人物ルポの手法で迫った結果から見えて来るリアルな父親の姿に驚愕。どうしても好きになれない大事な人─この… ReplyRetweetFavorite
    • 某南国に来ているのだが、単行本の原稿を書かねばならず、自動的に缶詰状態になっている。でも朝は海岸を散歩して、午後はスーパーに買い物に行き、夜は地元の食堂で酒を飲んだりしてるから、単に遊んでいるようにも見える。ていうか遊んでるのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : さらに、北上次郎さんの文庫解説リストも届けて下さいました。リストはA3両面にぎっしり書かれていて量の多さとそれを調べた本の雑誌社の方々の思いを感じます。リストを見て気になる作品はお手に取っていただきたいのは勿論、お持ちの作品があったら是非解… ReplyRetweetFavorite
    • ドンマイ、ドンマイ!! https://t.co/lWWTHY2vtR ReplyRetweetFavorite
    • どーん!! ReplyRetweetFavorite
  • 2023年2月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
PAGE TOP ↑