*

衝撃の超人たち

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

どこへも行かず、誰からも連絡が来ず、飲み会もない平和な日々が続いている。
お盆+オリンピックはほんとうに素晴らしい。
プールも電車も空いてるし…って、先週と同じだな。
…なんて、思っていたら、「本の雑誌」で衝撃的な原稿を読む。
椎名誠の「魔の七月」。
椎名さんはいつもはだいたい月25本の締切りを抱えているが、
七月は40本になってしまったという。
これだけで目が点になるが、しかもその間、
彼は日本全国に取材に飛び回り、
対談をし、講演し、ラジオのレギュラーを張り、文学賞の選考委員をつとめ
候補作を読み、映画評を書き、そのための映画にも目を通しているのだ。
うーん、考えられん。
私なんか、だいたい締切りは平均して月に2回で、
それでも「一週間おきに締切りが来る」とおののいているのだ。
そういえば、角田光代さんも前会ったとき
「連載は月30本におさえてます。新聞連載はのぞいて」なんて
恐ろしいことを言っていた。
(その後「月20本に減らした」そうだが)
こういう人たちの頭と体はいったいどうなってるんだろう。
その異常な労働意欲と集中の持続力、アイデア出しの仕組み、そして体力はどうなってるんだろう。
まさに「超人」としか呼びようがない。
少なくとも私のような形でお盆とオリンピックを喜んでないことだけは間違いなく、
いやあ、ほんとに衝撃でした。

関連記事

no image

ブータンは4月

2月にブータンに行く予定だったが、向こうの事情やこちらの事情などで 4月に延期になった。 それまでゆ

記事を読む

no image

もう一人の「高野秀行」との出会い

ご存知の方も多いと思うが、将棋の棋士に私と同姓同名の「高野秀行五段」という人物がいる。 ネットで「高

記事を読む

no image

トルクメニスタン特集

毎回ディープな特集で楽しませてくれるバンコク発の特殊月刊誌「G-Diary」。 ちょっと遅くなって

記事を読む

吾妻ひでおがもたらした超有用情報

吾妻ひでおの『疾走日記2 アル中病棟』(イースト・プレス)を読んだ。こんな細かい漫画を8年も書き続け

記事を読む

no image

三沢光晴DVD-BOX

10月上旬のバングラ行きまでに片付けなければいけない仕事が山ほどあるが、 そんなときにかぎって、三

記事を読む

no image

何の詐欺だろう?

ここ1ヶ月で2回、実家の母親から「変な電話があった」という知らせがあった。 最初は「ヒデユキ」を名乗

記事を読む

no image

『猛き箱舟』をうっかり再読

いろんな仕事がたまっているのに、船戸与一の大作『猛き箱舟』を読んでしまった。 西サハラを舞台にして

記事を読む

no image

人間失格+坊ちゃん=三畳記

「SPA!」のインタビュー記事「エッジな人々」が掲載される。 「見ましたよ、エッチな人々!」と何人か

記事を読む

今年最後のトークイベント&川崎市と横浜市の市境は神の意志で決められた

6月15日(土)19:0016:30(よっしいさんありがとうございました!)より早稲田奉仕園にて、元

記事を読む

no image

自意識が森に溶けていく

以前、本の雑誌の杉江さんが「すごいドキュメンタリーですよ!」と NHKハイビジョンでブラジルの先住

記事を読む

Comment

  1. chimumu より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.2)
    字を書き散らすよりも面白いものを書くのが物書きのつとめだと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年8月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑