*

衝撃の超人たち

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

どこへも行かず、誰からも連絡が来ず、飲み会もない平和な日々が続いている。
お盆+オリンピックはほんとうに素晴らしい。
プールも電車も空いてるし…って、先週と同じだな。
…なんて、思っていたら、「本の雑誌」で衝撃的な原稿を読む。
椎名誠の「魔の七月」。
椎名さんはいつもはだいたい月25本の締切りを抱えているが、
七月は40本になってしまったという。
これだけで目が点になるが、しかもその間、
彼は日本全国に取材に飛び回り、
対談をし、講演し、ラジオのレギュラーを張り、文学賞の選考委員をつとめ
候補作を読み、映画評を書き、そのための映画にも目を通しているのだ。
うーん、考えられん。
私なんか、だいたい締切りは平均して月に2回で、
それでも「一週間おきに締切りが来る」とおののいているのだ。
そういえば、角田光代さんも前会ったとき
「連載は月30本におさえてます。新聞連載はのぞいて」なんて
恐ろしいことを言っていた。
(その後「月20本に減らした」そうだが)
こういう人たちの頭と体はいったいどうなってるんだろう。
その異常な労働意欲と集中の持続力、アイデア出しの仕組み、そして体力はどうなってるんだろう。
まさに「超人」としか呼びようがない。
少なくとも私のような形でお盆とオリンピックを喜んでないことだけは間違いなく、
いやあ、ほんとに衝撃でした。

関連記事

no image

在日外国人支援ボランティア

世界中の人たちに二十五年もお世話になりつづけている。 そろそろ何か恩返しをしなければと思い、 在日ア

記事を読む

no image

編集力

本の雑誌の杉江さんが『辺境の旅はゾウにかぎる』のゲラをもってきてくれた。 エッセイ、対談、書評など中

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフの秋!

「ダ・カーポ」の増刊「早稲田大学特集」の取材を受ける。 ワセダを出てへんなことをやっている人間のコー

記事を読む

no image

元首相になりたい

福田首相が一昨日、突然辞任した。 次は麻生太郎が首相になるらしい。 それ以来、「みんな、どうして首相

記事を読む

no image

マイブームじゃなかった…

依然としてマイ・ブームとして続いている「自閉症モノ」、 3冊目に読んだやはり泉流星の『僕の妻はエイリ

記事を読む

no image

海賊国家プントランド

今回の旅の目的は謎の独立国家ソマリランドの実情を探ることだが、 そこにいると同じ意見しか聞けない。

記事を読む

no image

サバイバルには向いてない

産経新聞用の書評でベン・シャーウッド『サバイバーズ・クラブ』(講談社インターナショナル)という本を

記事を読む

no image

エンタメノンフ居酒屋合宿

エンタメノンフ文藝部、第2回の部活は千葉合宿。 豚を飼うため、エエ市(仮名)に期間限定で移住したウ

記事を読む

no image

ソマリア大飢饉の嘘

やっとラマダンが終わり、新年際の「イード」も終わった。 今日から仕事始め。 だが、新年では大物政治家

記事を読む

シャバはつらいよ

大野更紗のベストセラー『困ってるひと』から3年、とうとう待望の続編が15日発売になる。 そ

記事を読む

Comment

  1. chimumu より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.2)
    字を書き散らすよりも面白いものを書くのが物書きのつとめだと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 版元の担当者によれば、大型書店でもふつうに販売されているとのことです。 https://t.co/PqPB19ISPX ReplyRetweetFavorite
    • 佐藤ジョアナ玲子さんの『ホームレス女子大生 川を下る in ミシシッピ川』(報知新聞社)、いったいどこで入手できるのかと悩む人が多いと思うが、この冒険研究所書店では11月26日に3冊入荷しているのでたぶん買えるでしょう。もし売り切… https://t.co/q3ujkpCIuK ReplyRetweetFavorite
    • たいな色違いの目をした不思議な占い師猫の斜めに傾いた表情、クロネコ女子中学生のかわいらしい銭湯デビューなどなど、ここには書き尽くせない。何度でも読んで楽しめそう。 https://t.co/9cOMPWTpJf ReplyRetweetFavorite
    • 私がいただいた本なのに妻に先にレビューを書かれてしまった。でもこの本、ほんとに面白い。私が好きな場面は地元住民(みんな猫)が集まっての盆踊りのシーン。異界の盛り上がりは陽気であるほど怖い。それから大学生のアラン君が風呂の中で「師匠… https://t.co/wFDCXask0z ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行オンラインイベント「辺境チャンネル」第8回「風雲急を告げるミャンマー!ミャンマーの柳生一族2021」のオンデマンド視聴チケットはこちらで発売中です。 https://t.co/MN9iLl2CBP ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「今までで、ほとんど唯一、苦労せずにすいすい書けた本。船戸与一氏の泰然自若というか傍若無人ぶりは今読んでも素晴らしい。」『ミャンマーの柳生一族』(集英社文庫)【高野秀行自著解説9】 https://t.co/B0ex8F743R ReplyRetweetFavorite
    • ああ、著者名を間違えていたことに今気づいた。旅本の傑作「ホームレス女子大生 川を下るin ミシシッピ川」の著者は「佐藤ジョアンナ玲子さん」ではなく、「佐藤ジョアナ玲子さん」でした。英語の発音では同じだと思うけど、佐藤さん、大変失礼… https://t.co/sWH1hYA1SW ReplyRetweetFavorite
  • 2021年12月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑