*

沖縄発!プロとお手伝いによる地場映画

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

私の家を民宿(兼居酒屋)と勘違いしている沖縄の友人がいる。
ずうずうしい男なのだが、やっていることはすごくおもしろい。
沖縄発の沖縄映画を撮っているのだ。
今までにも沖縄を舞台にした映画はいくつもあり、おもしろいものも少なくないのだが、どうしても本土の人間が撮るため、「イメージの沖縄」になってしまう。
三線が出て、カチャーシャ踊って、能天気で…というやつだ。
「そういうのもいいんだけど、沖縄はそれだけじゃない。もっとリアルで深い沖縄のおもしろさを映画にできないか」
 そう思った友人は映像仲間を集めて「琉球カウボーイズフィルムス」という映像集団を結成した。
 沖縄人による内側からの映像を本土に向けて発信しようという新しい試みだ。
沖縄というところはおもしろい土地柄だ。
本土と感覚がちがうので、たとえばテレビのCMも東京でつくったものは沖縄ではけっして受けないんだという。
だから、沖縄では大企業でもわざわざ沖縄向けのCMを沖縄のプロダクションに委託することが多い。
私の友人はスタッフ三、四人のちっこい個人プロダクションなのだが、NTTドコモやNHK沖縄のCM(NHKの場合はCMじゃなくて「広報」とでもいうのか)をつくっている。
ほかの土地ではまず考えられない話だ。
だから、沖縄には優秀で、かつ沖縄的センスのあるCMディレクター、CGデザイナー、ミュージッククリップのディレクターなど、さまざまなクリエーターが育つことになった。
琉球カウボーイズフィルムスは、そんなCMディレクターで映画と沖縄をこよなく愛する人たちの集まり−−なんて麗しい話のわけもないが、友人の言葉をそのまま信ずればそういうことになる。
現在はスポンサーや上映場所を探しながら短編映画を作製しているから、まあ、インディーズの一種ではある。
だが、最初に完成された映画「マサーおじいの傘」を見て驚いた。
ものすごい可能性を秘めているのだ。
ストーリーは荒削りだが、なにしろ監督がCM製作者だから映像のレベルは一般の商業映画と比べてもまったくひけをとらない。
それから、役者がいい。


オーディションを行って役者を選んでいるというが、「顔」も「顔つき」も本土の役者とちがう。まず、わざと沖縄らしい顔の人を選んでいる。
本土にはちょっといそうもないような、不思議な顔立ちの美少女とか、眉の濃いいかにも南方系という雰囲気の子どもたちとか。
顔つきもちがう。
今の日本の子役は幼いときから「子役」の訓練を叩き込まれているので、
子どもの顔ではなく「子役の顔」になっている。
将来芸能界でやっていこうと思えばどうしてもそうなるのだろうが、
プロっぽい顔つきでプロっぽい台詞をしゃべる子役には白けることも多い。
琉球映画はその点、その場限りの個性しか求めてないので、子どもが子どもらしい。
あるいはそう思わせるように製作サイドがつくっている。
また沖縄は芸能王国なので、役者でなくても、コメディアンやミュージシャンなど芸達者な人たちがたくさんいる。
彼らはきちんとした演技指導を受けなくても、何が受けるか本質的にわかっているので、役者として十分通用してしまう。
しかもすごくいい役者として。
映画の作り方も独特だ。
映像も凝っているし、登場人物は多いし、老若男女が何十人も登場するシーンもある。
いったいいくら金がかかってるんだろう、この金はどこから来てるんだろう、助成金か何かあるのかと思うのだが、訊いてみると、「みんな、ボランティア」という。
プロ、アマ問わず、役者もスタッフもボランティア。
雨のシーンは地元消防署の協力を得て水を大量に撒き、ロケには地元自治体が全面的に協力する。
ボランティアというより「手伝い」の感覚に近い。
地元の人たちが家の引越しでも手伝うかのように映画つくりを手伝っているのだ。
こういう撮り方をしていると、どうやっても土地の個性というのが自ずから出てしまう。わざわざ「沖縄っぽく」という演出をしなくても、沖縄っぽくなってしまうのだ。
商業映像を製作するプロの能力と、ナチュラルな土地と人材。
「イランのキアロスタミみたいな映画を撮りたい」と友人は言うが、
ほんとうにできそうな気にさせられる。
少なくとも、そんな地場映画を作れるのは、日本では沖縄だけである。
今、琉球カウボーイズフィルムスは三本の短編を製作中だ。(一本はすでに完成されている)それをまとめて上映したいが、なかなか映画館でかからないだろうから、
沖縄のイベントに絡めた上映会もやりたいといっている。
あ、言い忘れたが、うちに何日も泊まりこむずうずうしい友人は井手裕一といい、統括プロデューサー、つまり最高責任者である。
すごくいいやつなので、もし、この純沖縄映画に興味がある方は是非ホームページをのぞいて見てください。
http://www.ryukyucowboy.com/
お手伝い(ボランティア)も募集しているから、興味がある方はどうぞ。
(写真:映画「清明(シーミー)」のロケ風景。ぜんぶ「お手伝い」の人たち)

関連記事

no image

NHK「きょうのお料理」

立て続けに珍しいインタビューを二つ受けた。 一つは朝日新聞の受験生向けサイト。 テーマはパニック力

記事を読む

no image

ブックストア談 浜松町店

 浜松町の貿易センタービル別館2Fに「ブックストア談 浜松町店」という書店がある。  ミャンマーから

記事を読む

no image

鴎外、ダメじゃん!

ひきつづき、吉村昭。 今度は慈恵会病院の創始者で海軍医総監にもなった医師・高木兼寛の一生を描いた

記事を読む

no image

続・「クレイジージャーニー」とすしざんまい

昨日、ブログを書いたあと修正しようとしたけど、私のIT力の限界か、二度とログインできなかった。

記事を読む

no image

無許可チムスルウォンとは何か

『腰痛探検家』の韓国語版(パク・スンヒ訳、Bookie出版)が刊行されたらしい。 韓国で本を読

記事を読む

no image

100発1000中

「あの映画は何だったのか」シリーズをやるつもりだったのに、 「SPA!」で紹介されていた映画があまり

記事を読む

no image

ツチノコ!?の正体

昨日の画像はコメントしてくれた方の指摘どおり、フォトショップで加工がされていた。 もともとの画像は

記事を読む

no image

螺旋

たまにはガイブン(外国文学)が読みたくなり、サンティアーゴ・パハーレスの『螺旋』(ヴィレッジブック

記事を読む

no image

2011年のベスト本はもう決まった!

数日前、増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(新潮社)を読了した。 これほど面白くて

記事を読む

no image

スカの時代

とある人からCDをもらった。 What's love?というスカ・バンドの「バイナラ」というアルバム

記事を読む

Comment

  1. AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.8 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
    隊長!(そう呼ばせて頂いている)
    これ以上ないお褒めのお言葉、ありがとうございます!
    短編3本立てですが、ホントにどれも超個性的でぶっ飛び面白いですから!楽しみにしててくださいね!
    って、映画プロデューサーはどこまでも図々しいのでした!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • つい自分のことを喋りたくなるというのはいい本の証拠ですよね。「弱い本」という概念も新鮮でした。 https://t.co/diLzGixbfC ReplyRetweetFavorite
    • 食べる(理解する)のも出す(感想を言う)のも難しい本でした。食べて出すというのは本当に難しい、それだけはよくわかりました。 https://t.co/Pja7l63gRt ReplyRetweetFavorite
    • イベントの打合せはひじょうに難しい。何が難しいかって、油断すると打合せでつい面白いことをバンバン言ってしまうこと。それは本番のためにとっておかなければいけないのに。話の途中でハッと気づいて寸止め。その繰り返し。 https://t.co/QlCNGZd3dO ReplyRetweetFavorite
    • RT : 月曜日担当・松原です☺️ きょうの内容は・・・ 🍁街ネタ・一関「太鼓店の和太鼓工作キット」 🍁トレンド 本「幻のアフリカ納豆を追え!/#高野秀行」を紹介! きょうからお便りテーマもあります! みなさんのメッセージお待ちしています! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの最新刊、「幻のアフリカ納豆を追え!」では、バオバブの種から作った納豆が出てきます。(昨日読んでました) めちゃ面白いので機会があれば是非! ReplyRetweetFavorite
    • 本書に記されている難病当事者の圧倒的な孤独に坂口安吾の言う「文学のふるさと」を感じてしまった。「生存それ自体が孕んでいる絶対の孤独」、救いがなく慰めようもないけれど文学がそこから始まるしかないもの。… https://t.co/r0tsEFvz2X ReplyRetweetFavorite
    • 私は以前、やはり自己免疫疾患系の難病を患っている大野更紗さんの『困ってる人』(ポプラ文庫)という本をプロデュースした。大野さんは「難病の人の状況や気持ちがあまりにも理解されていない」と声を大にして(でもユーモアたっぷりに)訴えた画… https://t.co/UYvJhSv7tF ReplyRetweetFavorite
  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑