*

沖縄発!プロとお手伝いによる地場映画

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

私の家を民宿(兼居酒屋)と勘違いしている沖縄の友人がいる。
ずうずうしい男なのだが、やっていることはすごくおもしろい。
沖縄発の沖縄映画を撮っているのだ。
今までにも沖縄を舞台にした映画はいくつもあり、おもしろいものも少なくないのだが、どうしても本土の人間が撮るため、「イメージの沖縄」になってしまう。
三線が出て、カチャーシャ踊って、能天気で…というやつだ。
「そういうのもいいんだけど、沖縄はそれだけじゃない。もっとリアルで深い沖縄のおもしろさを映画にできないか」
 そう思った友人は映像仲間を集めて「琉球カウボーイズフィルムス」という映像集団を結成した。
 沖縄人による内側からの映像を本土に向けて発信しようという新しい試みだ。
沖縄というところはおもしろい土地柄だ。
本土と感覚がちがうので、たとえばテレビのCMも東京でつくったものは沖縄ではけっして受けないんだという。
だから、沖縄では大企業でもわざわざ沖縄向けのCMを沖縄のプロダクションに委託することが多い。
私の友人はスタッフ三、四人のちっこい個人プロダクションなのだが、NTTドコモやNHK沖縄のCM(NHKの場合はCMじゃなくて「広報」とでもいうのか)をつくっている。
ほかの土地ではまず考えられない話だ。
だから、沖縄には優秀で、かつ沖縄的センスのあるCMディレクター、CGデザイナー、ミュージッククリップのディレクターなど、さまざまなクリエーターが育つことになった。
琉球カウボーイズフィルムスは、そんなCMディレクターで映画と沖縄をこよなく愛する人たちの集まり−−なんて麗しい話のわけもないが、友人の言葉をそのまま信ずればそういうことになる。
現在はスポンサーや上映場所を探しながら短編映画を作製しているから、まあ、インディーズの一種ではある。
だが、最初に完成された映画「マサーおじいの傘」を見て驚いた。
ものすごい可能性を秘めているのだ。
ストーリーは荒削りだが、なにしろ監督がCM製作者だから映像のレベルは一般の商業映画と比べてもまったくひけをとらない。
それから、役者がいい。


オーディションを行って役者を選んでいるというが、「顔」も「顔つき」も本土の役者とちがう。まず、わざと沖縄らしい顔の人を選んでいる。
本土にはちょっといそうもないような、不思議な顔立ちの美少女とか、眉の濃いいかにも南方系という雰囲気の子どもたちとか。
顔つきもちがう。
今の日本の子役は幼いときから「子役」の訓練を叩き込まれているので、
子どもの顔ではなく「子役の顔」になっている。
将来芸能界でやっていこうと思えばどうしてもそうなるのだろうが、
プロっぽい顔つきでプロっぽい台詞をしゃべる子役には白けることも多い。
琉球映画はその点、その場限りの個性しか求めてないので、子どもが子どもらしい。
あるいはそう思わせるように製作サイドがつくっている。
また沖縄は芸能王国なので、役者でなくても、コメディアンやミュージシャンなど芸達者な人たちがたくさんいる。
彼らはきちんとした演技指導を受けなくても、何が受けるか本質的にわかっているので、役者として十分通用してしまう。
しかもすごくいい役者として。
映画の作り方も独特だ。
映像も凝っているし、登場人物は多いし、老若男女が何十人も登場するシーンもある。
いったいいくら金がかかってるんだろう、この金はどこから来てるんだろう、助成金か何かあるのかと思うのだが、訊いてみると、「みんな、ボランティア」という。
プロ、アマ問わず、役者もスタッフもボランティア。
雨のシーンは地元消防署の協力を得て水を大量に撒き、ロケには地元自治体が全面的に協力する。
ボランティアというより「手伝い」の感覚に近い。
地元の人たちが家の引越しでも手伝うかのように映画つくりを手伝っているのだ。
こういう撮り方をしていると、どうやっても土地の個性というのが自ずから出てしまう。わざわざ「沖縄っぽく」という演出をしなくても、沖縄っぽくなってしまうのだ。
商業映像を製作するプロの能力と、ナチュラルな土地と人材。
「イランのキアロスタミみたいな映画を撮りたい」と友人は言うが、
ほんとうにできそうな気にさせられる。
少なくとも、そんな地場映画を作れるのは、日本では沖縄だけである。
今、琉球カウボーイズフィルムスは三本の短編を製作中だ。(一本はすでに完成されている)それをまとめて上映したいが、なかなか映画館でかからないだろうから、
沖縄のイベントに絡めた上映会もやりたいといっている。
あ、言い忘れたが、うちに何日も泊まりこむずうずうしい友人は井手裕一といい、統括プロデューサー、つまり最高責任者である。
すごくいいやつなので、もし、この純沖縄映画に興味がある方は是非ホームページをのぞいて見てください。
http://www.ryukyucowboy.com/
お手伝い(ボランティア)も募集しているから、興味がある方はどうぞ。
(写真:映画「清明(シーミー)」のロケ風景。ぜんぶ「お手伝い」の人たち)

関連記事

no image

ハサミ男、驚愕のラスト

前々から気にはなっていたが、読んでいなかった殊能将之『ハサミ男』(講談社文庫)を読んだ。

記事を読む

no image

フリーランスの志士

家に攘夷モノがないか探してみたら、藤沢周平『回天の門』(文春文庫)に気づいた。 千葉道場きっての剣

記事を読む

no image

『ワセダ1.5坪青春記』見本、届く

前にもお伝えした『ワセダ三畳青春記』の韓国語版、 『ワセダ1.5坪青春記』の見本が届いた。 おおっ

記事を読む

アブ&すぎえの寿司コント出演受付中

集英社文庫の担当編集者だった故・堀内倫子さんのお墓参りに行った。 講談社ノンフィクション賞受賞

記事を読む

no image

世界一の辺境・日本で活動します

ほんとうは4月初めからソマリランド&ソマリアに行く予定だったが、 今回の大震災でキャンセルすることに

記事を読む

no image

タンデム三輪車「トライデム」

拙著『異国トーキョー物語』の最終章に「盲目のスーダン人留学生・マフディ」という男が出てくる。 本名は

記事を読む

no image

人・脈・記

一昨日、テレビ東京のワールドビジネスサテライトで二村さんの特集を見た。 いや、生物多様性(生物資源

記事を読む

no image

内澤旬子と三匹の豚

ジュンク堂新宿店で、宮田珠己部長、内澤旬子副部長とトークショーを行った。 本来、宮田部長が『スットコ

記事を読む

「Brutus」にて“辺境小説”を紹介

現在発売中の「Brutus」1.1/1.16合併号の特集は「夢中の小説」。 私も「小説の世界で見つ

記事を読む

タイ北部最大の市場…なんてあったのか

全然知らなかったが、チェンマイ郊外にタイ北部最大の市場(七日市)があり、 友だちに連れて行って

記事を読む

Comment

  1. AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.8 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
    隊長!(そう呼ばせて頂いている)
    これ以上ないお褒めのお言葉、ありがとうございます!
    短編3本立てですが、ホントにどれも超個性的でぶっ飛び面白いですから!楽しみにしててくださいね!
    って、映画プロデューサーはどこまでも図々しいのでした!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑