*

インタビューされる方は楽だ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

「イングリッシュ・ジャーナル」誌のインタビューを受ける。
以前、私はこの雑誌で仕事をしていたことがある。
世界を股にかけて活躍する人たちにインタビューする「挑戦者たち」というコーナーだ。
ここで私は各界の第一人者に話を聞いて記事を書いていた。
演劇の平田オリザ、鴻上尚史、海洋冒険家の白石鉱次郎、和太鼓奏者の林英哲、
登山家の田部井淳子、ノンフィクション作家の野村進、
ラジオ・パーソナリティのジョン・カビラ、DJ・ミュージシャンのDJ KAORI、
シンガーソングライターの友部正人、有給休暇を4年取って自転車世界一周をした坂本達…。
一流の人は話もやはりちがう。ずいぶんと勉強になった。
ほとんどの人がびっくりするほど腰が低く、丁寧で気遣いのある人だったのも印象的だ。
(一人だけ高飛車な人がいたけど)
その雑誌でインタビューを受けることになり感慨深い。
でも何よりいいのはインタビューのあとで原稿を書かないでいいことだ。
インタビューされるだけというのはほんとに楽だ。
まあ、帰って別の原稿を書かねばならないのだけど。

関連記事

no image

娘を溺愛する父親と言われた

先週末、本の雑誌の杉江さんに会ったら、「最近高野さんのブログを見ていると、 娘を溺愛してる父親みた

記事を読む

バングラのセレブ秘密酒宴

昨夜は必死に起きてW杯ドイツ対アルゼンチンを見ていたのだが、ちっとも点が入らず、メッシも活躍しな

記事を読む

no image

美味すぎる差し入れ

読者の方よりお酒をいただいた。 身内の方が、千葉県香取郡神崎町にある超老舗(江戸時代初期創業だそう

記事を読む

no image

ノビシロマン

水泳に行くと、仲間というか先輩の方々から「高野さんはいいね、ノビシロがいっぱいあるね」と言われる。

記事を読む

no image

ナガランドに行けるのか

「G-diary」の元編集長がスタッフとともに分離独立して創刊した「アジアの雑誌」3月号が届く。

記事を読む

no image

空飛ぶ人

「Free&Easy」というアメリカン・カジュアル専門誌のインタビューを受ける。 インタビュアーの編

記事を読む

no image

ツアンポー峡谷の謎

最近は気温こそ相変わらず高いが、湿度が低いせいか 外にいても日陰なら涼しい。 今日はなぜかJR高尾

記事を読む

no image

私と平山夢明兄との対談をダウンロードで聴ける

昨日の朝、大野更紗さんに「どうみてもアブディンさんとしか思えない人が朝日新聞の「ひと」に出ています!

記事を読む

no image

漫画探偵、登場!

浦沢直樹の担当編集者やプロデューサーを務め、 リチャード・ウーなる筆名で異色在日外国人漫画「ディア

記事を読む

帰国。今回の無念について

昨夜、ソマリランド取材から帰国した。 今回の取材の目的は2つ。 一つは5月から連載を開始

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年12月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑