*

だからアメリカは嫌なんだ!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

今、バンコクであります。
今回、フライトがノースウェスト航空。9.11以来アメリカの飛行機に乗るのは初めて。
こいつが参った。
まず、チェックインする前の荷物検査でいきなりパスポートチェック。
で、アフガンのビザがひっかかった。
「何をしに行ったのか?」と係官に聞かれ、
「謎の怪獣を探しに行った」と正直に答えると、即別の場所で荷物を全部あけられた。
チェックインの前というのが信じられん。
さらに飛行機に乗ると、酒が全部有料。缶ビール1本が500円もする!
さらにさらに、機内食の量がおそろしく少ない。これじゃ、軽食だぞ!
疲れているのに空腹で眠れなかった。
だから、アメリカはイヤなんだ!
でも、バンコクに着いたら、飯は旨いし、
ネットカフェでは女の子に「お兄さん、財布が落ちてましたよ」と拾ってもらえるし、
いいなあ。

バンコクで行った、昭和三十年代風居酒屋。(名前は忘れた。「いもや」?)
スクンヴィット通りのビルの6階か7階にある。

店内は、裕次郎の映画ポスターが張られ、加山雄三の歌が流れていた。

関連記事

no image

ペ・ヨンジュンが好きな理由=2位.肉体?

 早大探検部の後輩で、かつてワセダの同じアパートに住んでいた男と久しぶりに飲んだ。 彼はいまテレビの

記事を読む

no image

アフガンのケシ栽培の謎(2)

 アフガンのケシはなぜそんなに大きい実がなり、ミャンマーの4倍ものアヘンがとれるのか?  一つには

記事を読む

no image

日本人はサッカーをビルマ人から学んだ

二週間前くらいだろうか、電車に乗っていたら突然、啓示が下りた。 「スローに生きよ」 そういう声が聞こ

記事を読む

no image

どこまで行くのか、韓国

またしても竹島問題で関係が急速に悪化している日本と韓国だが、 私の本はゴンゴン出版されつづけている。

記事を読む

no image

ペルシア猫を誰も知らない

イランのクルド人監督バフマン・ゴバディの『ペルシア猫を誰も知らない』を渋谷ユーロスペースで見た。

記事を読む

no image

米軍による驚くべき支援

28日(月)調布市被災者支援ボランティアセンターの手配で、被災地の特養老人ホームに物資を届けるという

記事を読む

no image

ケープタウンはよいところ

ケープタウンに滞在中。 ここはヨハネスブルグに比べると、空気もきれいだし 治安もいい。 といっても、

記事を読む

本の雑誌はみんなの実家なのか

ツイッターでつぶやいたので重複するようだが、昨日久しぶりに本の雑誌を読んだ。  いつも買おうと思い

記事を読む

no image

霊能者、超能力者におねがい

先日、図書館教育ニュースという、学校図書館の壁に貼り出す写真新聞の取材を受けたのだが、 なにせカラー

記事を読む

no image

79人はちと多いのでは…?

上智大学の講義は、先週、実質的に第一回目で マレーシアでジャングルビジネスを営む二村聡さんにお越しい

記事を読む

Comment

  1. shima より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    スクムヴィットのその居酒屋は「いもや」です。トタンと板塀のような内装ですよね。
    「いもや」とは関係ないけど、シンハービールが飲みたい!!シンハー最高!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年10月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑