*

『西南シルクロード』がなぜか増刷

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

驚いたことに、『西南シルクロードは密林に消える』(講談社)が重版(増刷)になった。
刊行当初からさっぱり売れてなかっただけに、私はもちろん、私にそれを伝えた担当編集者も「いやあ、いったいどういうことなんだろう?」と首をひねっていた。
販売関係者の話では、「刊行後、三年間、一度もピークを迎えないまま、だらだらと少しずつ注文が続いた」といい、誠に締まりのない売れ方をしていたようだ。
しかし、こういう怠惰な売れ方は「ひじょうに珍しいので増刷することにした」そうだ。
まるで珍獣のような扱いだ。しかもパンダではなくヤンバルクイナ的。
「特にたいしたもんじゃないが、珍しいので絶滅から保護しなきゃ」という感じである。
まあ、多様な生物界、いや出版界のことだから、それも一種の生き残り術として、私の本にはふさわしいのかもしれない。
そういえば、読者の方がご指摘のように、『ビルマ・アヘン王国潜入記』(草思社)もいつの間にか品切れになっていた。
あれも本当に売れない本だったが、よく全部在庫がはけたものだ(草思社は断裁処分はしないはずなのでそう推測するだけだが)。
版元からは何も連絡はない。こちらはそのまま消えていくのかな。
私の代表作なのにね…。

関連記事

no image

無料出張上映会&琉球映画

今月から始めた無料出張上映会の第一回が 台東区の施設で行われた。 主催者は旅好きな会社員の人。 その

記事を読む

no image

高島俊男先生の人生は失敗だったらしい

敬愛する高島俊男先生の新刊『お言葉ですが…別巻⑤ 漢字の慣用音って何だろう?』(連合出版)を読む。相

記事を読む

no image

「野々村荘」は今…

なんと約7年ぶりに、『ワセダ三畳青春記』の舞台である「野々村荘」を訪問、後輩の「中江」とともに大家の

記事を読む

no image

人は夢だけでは生きて行けない

かすれ声のまま、大学へ。 幸いマイクがかろうじて音を拾ってくれていたが、 声は突然、完全ストップす

記事を読む

no image

今度はインド人をアゼンとさせてしまう

また午前中、また別のソマリランド人と会った後、 いつもどおり、ドトールF店に「出勤」すると、なぜかそ

記事を読む

no image

元アヘン王国・ワ州の今

中国ネットウォッチャーで、ライターでもある安田峰敏君がワ州へ行ってきた。 中国領内でしかるべきコ

記事を読む

no image

野球選手じゃなくてよかったという話だ

珍しく夕方家にいたので、テレビでドラフトを見ていた。 指名された選手は、斉藤、大石、沢村のビッグ3以

記事を読む

no image

ケープタウンはよいところ

ケープタウンに滞在中。 ここはヨハネスブルグに比べると、空気もきれいだし 治安もいい。 といっても、

記事を読む

no image

ワンの大地震

バンコクで大洪水、そしてトルコ東部のワンでは大地震が発生。 私にとって思い入れが深く、知人友人が何人

記事を読む

no image

戦時中に建てられた家

友人が大井町線千束に新居を構えたので、 他の友達連中と一緒に遊びに行く。 友人はマレーシア人女性と結

記事を読む

Comment

  1. フレディ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    いわゆる専門書などはこういうパターンが多いのでしょうけど、文芸書ではほんと珍しいと思います。だいたい500坪以上くらいの超大型店か、よっぽど本を知ってる担当者でないとこの2冊は店頭に並んでないんですよね。
    きっと高野さんの文庫を読んだ読者が書店に注文したパターンが一番多かったのでは?かくいう書店員の私もそうでしたし。でもお店に出しておくと不思議といつの間にか切れちゃうんですよねぇ。

  2. ひとみ☆ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    ビルマアヘン潜入記、本屋さん探したけどなかったよぉ。
    読みたいのに・・・
    増刷してほしいよ!!

  3. OPPU より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    おめでとうございます。今年は風がきてますねぇ。
    そういえば、『小説すばる』の巻頭(!)特集の宮部みゆきさんとの対談拝見しました。びっくりするほどのユルユル加減。バルタン星人で1ページも使うとは…。しかし、あそこでチブル星人(人間型じゃないし)とはシブイですね。
    ちなみに、編集長愛蔵のUMA本で一番大きく写ってるのは、僕がレイアウトやったりしてます(笑)。お宝本じゃないと思いますが。

  4. banba より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    高野さんの「異国トーキョー漂流記」購入をきっかけに、1冊を除き、すべて買い揃えてしまいました。中でも「ビルマ・アヘン王国潜入記」は3900円で入手いたしましたが、5千円払ってもいいくらいの価値を感じました。でも、本当なら差額が高野さんの手元に入れば一番よかったのですが。
    読後、ビルマの事が知りたくなり、吉田敏浩さんの本もジワジワと手に入れて読みふけっています。
    新刊も楽しみにしています。これからも良い本をたくさん書いてください。

  5. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; (R1 1.5); .NET CLR 1.1.4322)
    「ビルマ〜」が、もう草思社で増版かけないなら
    集英社文庫あたりで増補改訂版みたいのを出して欲しいなあ。

  6. ぴょんこ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322) Sleipnir/2.45
    私も『ビルマ・アヘン王国潜入記』の増刷希望です。
    ユーズドなど探し回るも、お値段がお高い…
    あー読みたい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑