*

『西南シルクロード』がなぜか増刷

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

驚いたことに、『西南シルクロードは密林に消える』(講談社)が重版(増刷)になった。
刊行当初からさっぱり売れてなかっただけに、私はもちろん、私にそれを伝えた担当編集者も「いやあ、いったいどういうことなんだろう?」と首をひねっていた。
販売関係者の話では、「刊行後、三年間、一度もピークを迎えないまま、だらだらと少しずつ注文が続いた」といい、誠に締まりのない売れ方をしていたようだ。
しかし、こういう怠惰な売れ方は「ひじょうに珍しいので増刷することにした」そうだ。
まるで珍獣のような扱いだ。しかもパンダではなくヤンバルクイナ的。
「特にたいしたもんじゃないが、珍しいので絶滅から保護しなきゃ」という感じである。
まあ、多様な生物界、いや出版界のことだから、それも一種の生き残り術として、私の本にはふさわしいのかもしれない。
そういえば、読者の方がご指摘のように、『ビルマ・アヘン王国潜入記』(草思社)もいつの間にか品切れになっていた。
あれも本当に売れない本だったが、よく全部在庫がはけたものだ(草思社は断裁処分はしないはずなのでそう推測するだけだが)。
版元からは何も連絡はない。こちらはそのまま消えていくのかな。
私の代表作なのにね…。

関連記事

no image

続・「クレイジージャーニー」とすしざんまい

昨日、ブログを書いたあと修正しようとしたけど、私のIT力の限界か、二度とログインできなかった。

記事を読む

no image

再結成?

携帯が鳴り、着信記録を見ると「公衆電話」。 いったい誰かと思ったら、探検部の後輩で、ワセダの三畳時代

記事を読む

no image

残念な人

話題の『KAGEROU』の発売日にポプラ社の編集者にたまたま会い、一冊もらったので 昨日読んだ。 内

記事を読む

no image

ロンドンのカート居酒屋と在仏ルワンダ難民のワイン

 十日くらい前からどうも胃腸の調子がよくなかったのだが、酒を飲むと不思議に治っていた。そのうち、朝や

記事を読む

no image

自民党総裁選と「プリンセス・マサコ」

探検部のだいぶ上の先輩に連れられ、有楽町の「外国人記者クラブ」というところに行く。 読んで字のごとく

記事を読む

no image

今年からノンフィクション作家

みなさん、明けましておめでとうございます。 今年は何をするか。 まずは肩書きを変えることにした。 正

記事を読む

no image

新作『異国トーキョー漂流記』見本届く

 2月18日に発売される私の新刊『異国トーキョー漂流記』(集英社文庫)の見本が届いた。  私がこれ

記事を読む

no image

『誰も国境を知らない』

西牟田靖『誰も国境を知らない』(情報センター出版局)の書評を 「北海道新聞」に書く。 新聞の書評は

記事を読む

no image

本の宴会

妻の大学時代の友人たちが集まる飲み会があり、私も混ぜてもらった。 場所は、やはり妻の友人で、本マニ

記事を読む

写真の才能5%、四倍増計画

かつて「高野さんには写真の才能が5%くらいしかない」と友人の写真家G師匠に言われた。5%とは何の

記事を読む

Comment

  1. フレディ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    いわゆる専門書などはこういうパターンが多いのでしょうけど、文芸書ではほんと珍しいと思います。だいたい500坪以上くらいの超大型店か、よっぽど本を知ってる担当者でないとこの2冊は店頭に並んでないんですよね。
    きっと高野さんの文庫を読んだ読者が書店に注文したパターンが一番多かったのでは?かくいう書店員の私もそうでしたし。でもお店に出しておくと不思議といつの間にか切れちゃうんですよねぇ。

  2. ひとみ☆ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    ビルマアヘン潜入記、本屋さん探したけどなかったよぉ。
    読みたいのに・・・
    増刷してほしいよ!!

  3. OPPU より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    おめでとうございます。今年は風がきてますねぇ。
    そういえば、『小説すばる』の巻頭(!)特集の宮部みゆきさんとの対談拝見しました。びっくりするほどのユルユル加減。バルタン星人で1ページも使うとは…。しかし、あそこでチブル星人(人間型じゃないし)とはシブイですね。
    ちなみに、編集長愛蔵のUMA本で一番大きく写ってるのは、僕がレイアウトやったりしてます(笑)。お宝本じゃないと思いますが。

  4. banba より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    高野さんの「異国トーキョー漂流記」購入をきっかけに、1冊を除き、すべて買い揃えてしまいました。中でも「ビルマ・アヘン王国潜入記」は3900円で入手いたしましたが、5千円払ってもいいくらいの価値を感じました。でも、本当なら差額が高野さんの手元に入れば一番よかったのですが。
    読後、ビルマの事が知りたくなり、吉田敏浩さんの本もジワジワと手に入れて読みふけっています。
    新刊も楽しみにしています。これからも良い本をたくさん書いてください。

  5. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; (R1 1.5); .NET CLR 1.1.4322)
    「ビルマ〜」が、もう草思社で増版かけないなら
    集英社文庫あたりで増補改訂版みたいのを出して欲しいなあ。

  6. ぴょんこ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322) Sleipnir/2.45
    私も『ビルマ・アヘン王国潜入記』の増刷希望です。
    ユーズドなど探し回るも、お値段がお高い…
    あー読みたい。

フレディ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑