*

オタクの底力を感じさせる『タイ・演歌の王国』

公開日: : 最終更新日:2013/03/13 高野秀行の【非】日常模様


 タイ女性と結婚し、バンコクに十数年暮らしている友人Aさんが、「高野さん、この本、すごく面白いよ」と盛んに勧めるので
大内治『タイ・演歌の王国』(現代書館)を読んだ。

 大内さんの名前は言われて思い出したのだが、以前『タイ天使の国から――性を売る女たち』(マルジュ社)というタイの娼婦についての本を読んだことがある。
 タイトルからはあまり期待できなさそうなのだが、これがすごくタメになる面白い本だった。

 大内さんはどういう人か皆目わからないが、バンコクに十数年暮らしており、雑誌や書籍も自在に読めるタイ語力を駆使して、
具体的な事例やデータをたくさん引っ張ってきていた。しかも、文章も上手。
 私が『極楽タイ暮らし』を書いたとき、いちばん参考にさせてもらったネタ本で、今でも付箋がたくさん貼り付けられている。

 その大内さんの第二作が『タイ・演歌の王国』なのだが、読んでみたら、果たして労作にして名著だった。
タイで最も貧しく、しかし人口は最も多いイサーン(東北部)で圧倒的な人気を誇る演歌「ルーク・トゥン」や「モーラム」の
誕生から発展、そして今に至るまでの歴史的経緯、名作曲家、名歌手を文献資料やカセット、インタビューなどで徹底的に探り、
さらに著者自ら人気歌手や楽団の追っかけとなり、タイ全土を歩き回る。

 一般の「タイ本」には全く出てこない、もう一つのタイ、それも巨大なタイが出現する。

 Aさんは本書と著者をこう評する。

「タイの庶民の音楽をここまで深く掘り下げて書く人は世界中探してもないと思う。これはやっぱり日本のオタクの力だ」

 まさにそのとおり。大内さんは研究者でもなく、ただただタイの演歌が好きというだけなのだ。なのに、楽団のおっかけをし、
毎回、タイの庶民に混じって外国人ひとりだけで、最前列の席でカメラを構え、始まる前から終わりまでガン見(?)し、
しまいには歌手や踊り子、マネージャーなどと親しくなり、楽屋に出入りもする。
踊り子たちの給料まで調べ上げてしまうから脱帽ものだ。
 
 調査の方法や書きぶりはひじょうに冷静で客観的。文章は端正。とくに歌詞の訳は見事の一言。
 アカデミズムでもジャーナリズムでも文芸評論でも十二分に通用する。
 世界的に価値がある著作と言っていい。

 だが、この本が実際に評価されるかというと、別問題だ。
 アカデミズムの世界でも、ジャーナリズムでも、全く評価されないだろうし(だいたい学者やジャーナリストは本書に気づいてないだろう)、かなりの程度タイを知らないと本書は読んでもわからないので、一般の読書界から評価されることもない。
 もっとはっきり言えば、この本を書くことが自分の人生におけるキャリアアップや収入に何もつながらない。
 著者はそんなことは百も承知で、でも真剣に情熱をこめて書いている。
 これは何かというと、やはり「オタク」というしかない。
 
 日本の男子は保守的だとよく言われるし、私もそう思う。
 女子はタイ料理でもなんでもバンバン食べるし、いろんなところへ行っていろんな人と臆せず話すが、
男子は好き嫌いが激しく(パクチーが食べられないと言う人はほとんど男子だ)、引っ込み思案の人が多い。

 しかし、日本男子は一見情けないようにみえて、とにかくしつこい。細かい。勉強好きでもある。知的水準も高い。
そんな人たち、つまりオタクが日本の文化をかなりの部分で支えていることは間違いなく、
本書も彼らの優秀さを存分に証明している。

 日本が世界に誇れるオタク文化は、アニメや漫画の海外発信とは別次元で、
海外に雄飛しているのである。

 

関連記事

no image

後輩・角幡唯介が開高健ノンフィクション賞を受賞!

猛暑がつづく中、また難民シェルターに行き、コソヴォ出身のアルバニア人に話を聞く。 おみやげに井浦伊

記事を読む

no image

やっと帰国、でも暑い…

今度こそ、ちゃんと帰国しました。 しばらくは日本にいるつもり。 チュニジアの、特に砂漠地帯は暑かった

記事を読む

no image

どんびき芸、健在

付き合いのある新潮社の編集者Aさんより中島義道先生の新刊『女の好きな10の言葉』が届いた。 ぱらぱ

記事を読む

no image

探検部映像50年史のお知らせ

早稲田大学探検部50周年映像史が、早稲田祭の期間中に 早大で上映されることになった。 ほとんどNHK

記事を読む

no image

新連載はまさか、あの…?!

『アジア新聞屋台村』本日発売!…なのだが、なんか、今回もまた売れない予感がしてきた。芥川龍之介ではな

記事を読む

no image

2012年に読んだ本ベスト10

毎年恒例の「私が今年読んだ本ベスト10」。私が読んだ本だから、今年出版のものとはかぎらない。 とは

記事を読む

no image

『メモリークエスト』見本とどく

初めてのことだが、2日連続で新刊の見本がとどく。 今度はお待ちかね、『メモリークエスト』。 カバー

記事を読む

no image

あの映画は何だったのか

名前はよく知っているし、名場面や音楽も知っているような気がするが、 実は一度もちゃんと見たことがない

記事を読む

no image

サッカーファンになる予定なのに…

着実にサッカーファンに向かって前進しているはずなのだが、 吉祥寺の書店でターザン山本『「金権編集長

記事を読む

no image

送ってはいけない

昨日、東北ツアーから戻った。 ボランティアに行ったつもりだったが、結局「行かなかったよりか少しマシ」

記事を読む

Comment

  1. ATM より:

    > タイへ行く人の数自体、女子のほうが男子よりずっと多いし、

    えーと、すみません。このデータってどこにあります?
    かなり古いデータで、元データへのアクセスもできませんが、このブログによれば、タイへ旅行に行く日本人は、男が女より3倍も多いそうです。

    日本人旅行者の実態、タイの観光業の課題~~ パタヤ大好き
    http://mythailand.blog79.fc2.com/blog-entry-109.html

    もしかして、単なる個人的な感覚で語ってるのでしょうか?

  2. しん より:

    おー高野さん、読まれたんですね。
    この本「タイ・演歌の王国」を初めて見たとき。表紙にタイ文字が書いてある。っと思ってよくよく見たらタイ文字風の英語フォント。胡散臭いなぁ~と思いながら読みましたが、とても面白い本でした。タイの音楽を掘り下げた日本の書籍といえば前川 健一「まとわりつくタイの音楽」が有名ですが、この本もタイ音楽のジャンルのルークトゥン、モーラムを掘り下げたとてもユニークな本ですね。しかし、よくこの本、出版できたなぁって思うぐらいディープな本ですよね(笑)

  3. ウィズ より:

    はじめまして、高野先生の大ファンです。先日発売されたソマリランドの本ですが、北九州市の本屋さんを自分の思いつく限り回ったのですが、全ての本屋さんに現物が置いておらず、注文の後一週間待ちという状態です。これでわダメだと思いメールしました。炎の営業の杉江さんの穴を蹴っ飛ばしてでも、書店にソマリ本を置いてもらうようにしてください。自分は一週間前に注文して、今日手に入りました。これから楽しく読もうと思います。

  4. 高野 秀行 より:

    >ATMさん、
    ご指摘ありがとうございます!
    男より女のほうがずっと多いというのは、おっしゃるとおり、単なる個人的な感覚で、何も根拠がありませんでした。

    考えてみたら、自分の見聞きする範囲でそうだというだけでしたね。
    私の周りには企業関係の人もいないし、女を買いに行く人もいないので
    なおさらそう感じたのかもしれません。

    自分とその周りを基準にしてはいかんということです。
    大変失礼をばいたしました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
    • 山田芳裕著『へうげもの』(講談社)25巻(最終巻)をようやく読了。長い長い旅を終えたよう。放心。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑