*

トルコで最も知られたジャナワール写真(画像)日本初公開

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


私たちがワン湖で撮影した謎の物体の解析をしようとあちこちに依頼しているが、なかなか専門家の方々が
見てくれない。
ヤバイ話に巻き込まれたくないという、ある意味では正しい(!?)判断をされているようだ。
やっと、今週ある先生が見てくれることになった。
乞うご期待。
ところで、日本でも世界でも有名なウナル・コザックの映像が「やらせ」と判明した今、トルコで最も有名なジャナワールの映像(約3分)からおとした画像をお見せしよう。
私たちについて書いた新聞記事でもこの写真(画像)が使われていた。
撮影者はワン県ゲヴァシュ郡在住のムウダル・アウジ氏とされている。
「なんじゃ、こりゃ?」と思われるかもしれないが、あえて私はコメントしないでおく。

関連記事

no image

別ジャンルで2つ上がる

「本の雑誌」2008年1月号が届いた。 2007年度ベスト10に『怪獣記』が6位にランクイン。 昨

記事を読む

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている人なのか説明できない」という人

記事を読む

no image

加点法の傑作「ジェノサイド」

ソマリ旅行中、なにしろ一人だけで話し相手もいないから、 iPhoneでツイッターをよく見ていた。

記事を読む

no image

戯作者とGダイ

井上ひさし『京伝店の煙草入れ』(講談社文芸文庫)を読む。 (「煙草」は字がちがう。「煙」が火へんに

記事を読む

no image

原発君とインド人

今日も原発君は元気なようである。 原発を憎むとかえってよくないような気がして、 親しみをもたせて、心

記事を読む

no image

雑貨のような本

『腰痛探検家』の韓国語版が届いた。 カバーはメールで送られてきていたからすでに知ってはいたもの

記事を読む

no image

V字に向けて

後手後手になってしまっているが、2月20日ジュンク堂書店での 「エンタメノンフ三銃士トークショー」は

記事を読む

no image

記憶がないからどうにも

1年に1度くらいのペースで、自分に「映画ブーム」が来る。 今年はなぜか今がそう。 昨日、伊坂幸太郎の

記事を読む

no image

落語界の奇才、小説もいけるのか!

春風亭昇太がリーダー役を務める創作話芸アソーシエーション、略してSWA。 私は昇太さんの独演会も好き

記事を読む

no image

七夕に願いを

本日やっと東京の自宅に戻った。 ハルゲイザ(ソマリランドの首都)はさすがに遠い。 →ジブチ→アジスア

記事を読む

Comment

  1. りーだー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1)
    なんでしょうね、コレ。
    なんとなく合成っぽいですが。
    高野さんの撮影したモノの解析結果が楽しみです。
    その映像も早く見てみたいですねー。

  2. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; (R1 1.5); .NET CLR 1.1.4322)
    トルコでは、天皇陛下、江頭2:50に続く
    有名人になるかもしれませんね。

  3. すえざわ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    おお、新展開の兆しですね。
    日本の専門家が何と言うか、どういう解析をするのか。
    続報トルコで待ってまーす!

  4. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    専門家の判定といっても、見てくれる人を探す苦労もあるんですね。
    簡単な話じゃないって勉強になりました。
    写真、右端の段がついてるところが変ですね。

  5. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 1.1.4322)
     木(枝、葉つき)のようにも見えますが。

  6. 藤井啓三郎 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Win98; ja-JP; rv:1.4) Gecko/20030624 Netscape/7.1 (ax)
    拝啓 ここでこんなお願いをするのは場違いだと思うのですが御勘弁ください。
    高野様著書の『ビルマ・アヘン王国潜入記』がどうしても読みたいのですが、何とか入手出来る方法はありませんでしょうか?
    本屋に注文しましたが、出版社(草思社)でも在庫なしとのことで、草思社に直接問い合わせましたが、絶版とのことで、古本屋で探してくれと言われました。
    古本屋にも行ってみましたが、ありません。
    インターネットのアマゾンにも、古書ネットの5箇所ほどにも在庫はありません。
    幻の怪獣を追う著者の本が幻になっています。
    『ビルマ・アヘン王国潜入記を追え』という本が書けそうです。
    あつかましいお願いですが、著者高野秀行様の保存していらっしゃる中に余裕がお有りでしたら1部譲って頂けませんでしょうか?
    なお、ビルマはインパール生き残りの父と共に2度ほど行った懐かしい国ですが、その国の全く違った一面を書かれていることを知り、どうしても読みたいのです。
    なお、私は一度読みたいと思ったらその気持ちを止められない活字中毒者げもあります。

  7. 通りすがり より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    『ビルマ・アヘン王国潜入記』を読みたいだけだったら国会図書館に行けばいいのでは?
    所有したいのだったら話は別ですけど。

  8. わたつみ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322) Sleipnir/2.47
    昨年の話なんで役に立てないかもしれませんが、
    神保町のアジア文庫に1冊あったのを見かけました。
    自分も探し歩いて購入した本なので、お気持ち察します。
    ああ『地球の歩き方・紀行ガイド アマゾンの船旅』が欲しい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑