*

ミスター珍じゃないだろ!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

今月の20日ごろ発売になる「怪しいシンドバッド」(集英社文庫)の見本が届いた。 表紙のイラストは、アニメにもなった「茄子 アンダルシアの夏」の漫画家・黒田硫黄氏。派手で意味不明だけど爽やかな感じが中身とぴったり合っている(と信じたい)。
 これなら平積みにしても目立つからきっと売れることだろう(と信じたい)。
 帯の文句は「命知らず 無茶しすぎ!」。
 解説を書いてくれた大槻ケンヂ氏の文章から編集者の人が選んだものだが、これでますます私の人間性が誤解されるだろう(とは信じたくない)。
 さっそく、新宿ゴールデン街の「深夜+1」へ行き、マスター兼オーナーの内藤陳・日本冒険作家協会会長に進呈してきた。
会長に「サインしてよ」と頼まれたはいいが、「陳」を「珍」と書きそうになって冷や汗をかいた。プロレスファンの私は、両方とも顔クシャ系である内藤陳会長とミスター珍が、一瞬ごっちゃになってしまったのだ。
 あー、やばかった。

関連記事

no image

エメリウム光線か

持病の腰痛を治すため、「すごい治療師」のところへ行く。 「すごい」と言われる民間療法の治療師はこれで

記事を読む

no image

ゾウ本について他

まずはお知らせから。 『辺境の旅はゾウにかぎる』(本の雑誌社)を ただいま「本やタウン」でご予約いた

記事を読む

no image

見知らぬ超名作

 日頃から世間とのタイムラグというかズレを感じているが、「フラガール」には本当に驚かされた。 「フ

記事を読む

「Brutus」にて“辺境小説”を紹介

現在発売中の「Brutus」1.1/1.16合併号の特集は「夢中の小説」。 私も「小説の世界で見つ

記事を読む

no image

淋しい…

ここ数日で、今まで抱えていたものが突然、全部おわってしまった。 NHK「ビルマロード」の編集終了(放

記事を読む

no image

butan no bukkyou

Zenkai no shasin no bijo wa watashi no zonka-go(bu

記事を読む

no image

幻のポスター

最近、出版社が新刊の文芸書のゲラを書店員の人たちに前もって配り、 感想をいただくということがよく行わ

記事を読む

no image

クールだけど超目立つ

 『謎の独立国家ソマリランド』、ついに昨日からAmazon.comで予約受付が開始された。

記事を読む

no image

ソマリ語国際放送・東京支局を開局

ソマリランドの首都ハルゲイサに本社をおく「ホーン・ケーブル・テレビジョン(HCTV)」という ソマリ

記事を読む

no image

横領ニモ負ケズ

私の行くところトラブルありと人は言う。 今回もでっかいトラブルが起きた。 よりにもよって『メモリー

記事を読む

Comment

  1. BUFF より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    高野様、皆様、初めまして。
    BUFFと申します。
    あの日、深夜+1でドア際にいたぶーであります。
    お話、面白かったです。
    高野様の御作は未読でありましたので、「早稲田三畳青春記」を買ってきました。楽しく拝読しております。
    実は私、86年から90年にかけて早稲田界隈を徘徊しておりましたので、どこら辺あたりかなぁなどと思い出しながら読んでいます。
    それでは失礼いたします。

  2. わたる より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/125.5.5 (KHTML, like Gecko) Safari/125.11
    BUFFさん、こんにちは。
    マスクをされていましたが風邪の具合はいかがですか?
    高野秀行ウイルスはじわじわと、そして確実に効いてきますので注意が必要です。
    私も「ワセダ」を入り口に高野本を買いあさっては読むという症状に悩まされております。

  3. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    Buffさん わたるさん、こんにちは
    深夜プラス1では高野さんの隣におりました
    自称『ミャンマーではジャッキーチェン』の一般常識人二村です。
    もし間違いでなければBuffさんのホームページはなんどか訪問させていただいています。今後ともよろしくお願いします。
    さて、お店で、新宿鮫さんのお友達が主張していた
    『ムベンベはサイだ』説について、
    高野さんの見解が『怪しいシンドバッド』で表明されております。
    さすが!

  4. BUFF より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    わたる様、二村様、レスどうもありがとうございました。
    わたる様、風邪はほぼ抜けましたが、マスクするのが良い感じなのでまだマスクは着けています。ここんとこ、なんかマスクな気分であります。
    二村様、拙文をお読みとは汗顔の至りであります。
    今後ともよろしくお願いいたします。
    「ワセダ三畳青春記」、読了しました。
    面白かったです。
    面白いエピソード、そして、それを語る高野さんの語り口、楽しみました。
    そして、早稲田界隈の風景。
    作中のデートスポットだった公園、私も好きな場所でした。
    次は「怪しいシンドバッド」を読もうかなと思っています。
    ではでは。

  5. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    屋久島のNONOと申します。Buffさん わたるさん、二村さん始めまして。
    一応、高野氏の先輩になります。(と思います。学校は違うのですが)
    高野君がどう思っているのか?は判りませんが。
    88年のコンゴドラゴン調査の時に同行した者です。
    本名、野々山富雄といいまして、屋久島で暮らしております。
    以後よろしくお願いいたします。
    ところで「ムベンベ=サイ」説について、「シンドバット」に
    書かれているということですが、以前の新書版にはないようなので、
    文庫版の書き下ろしコメントということでしょうか?
    ああ、文庫本も買わにゃいかん。
    高野ファンとしては、また金を使わされるなあ。
    でも、高野君には早くメジャーになってもらって、
    「あの高野秀行の本にオレも出てるんだぜ!」
    と女の子に自慢したいので、
    高野君、もっと売れて一流になってください。お願いします。
    しかし、オレがここで言いたいのはそんなことじゃない。
    黒田硫黄氏の表紙です。
    黒田氏はオレもファンなので喜ばしいことだが、
    くっついてるお腹の見える、ボイン(死語)の女の子が気になる!
    そういう事実はないはずだ!
    それとも隠してそーゆーオイシイコトがあったのか!
    コラ!高野!キリキリ白状せい!
    高野もなんだかんだ言いながらキレイなヨメさんをもらい、
    本も何冊も出し、幸せではないか!
    上を見ればキリがないが、下を見れば野々山がいる。
    そういう妬み暴言で書き込みさせていただきましたNONOです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年1月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑