*

ミスター珍じゃないだろ!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

今月の20日ごろ発売になる「怪しいシンドバッド」(集英社文庫)の見本が届いた。 表紙のイラストは、アニメにもなった「茄子 アンダルシアの夏」の漫画家・黒田硫黄氏。派手で意味不明だけど爽やかな感じが中身とぴったり合っている(と信じたい)。
 これなら平積みにしても目立つからきっと売れることだろう(と信じたい)。
 帯の文句は「命知らず 無茶しすぎ!」。
 解説を書いてくれた大槻ケンヂ氏の文章から編集者の人が選んだものだが、これでますます私の人間性が誤解されるだろう(とは信じたくない)。
 さっそく、新宿ゴールデン街の「深夜+1」へ行き、マスター兼オーナーの内藤陳・日本冒険作家協会会長に進呈してきた。
会長に「サインしてよ」と頼まれたはいいが、「陳」を「珍」と書きそうになって冷や汗をかいた。プロレスファンの私は、両方とも顔クシャ系である内藤陳会長とミスター珍が、一瞬ごっちゃになってしまったのだ。
 あー、やばかった。

関連記事

no image

書店野宿

2年前、前代未聞の「書店プロレス」を実施した伊野尾書店の伊野尾さんから、 今度は「書店野宿」という

記事を読む

no image

今年からノンフィクション作家

みなさん、明けましておめでとうございます。 今年は何をするか。 まずは肩書きを変えることにした。 正

記事を読む

no image

大人の遠足

 ブータンが4月に延期になり時間がぽっかり空いたので、 発作的に小旅行に出かけることにした。  つ

記事を読む

no image

なぜか今、コソボ

突然だが、明日から約2週間、旧ユーゴスラビアのコソボに行くことになった。 といってもコソボだけ

記事を読む

no image

「中国人の本音」

人気ブログ「大陸浪人のススメ」の管理人で、それを書籍化した「中国人の本音 中華ネット掲示板を読んで

記事を読む

no image

山口晃、増刷、イベント

ロマ音楽につづいて私が最近嵌っているのは山口晃。 彼の『ヘンな日本美術史』(祥伝社)はあま

記事を読む

no image

今月のエンタメノンフ文芸部はすごい

今月は宮田珠己部長の「日本全国津々うりゃうりゃ」(廣済堂出版)と 内澤旬子副部長の「飼い喰い」(岩波

記事を読む

no image

島田荘司『占星術殺人事件』

知り合いの先生に頼まれ、神奈川県の高校でミニ講義みたいなことをやった。 たまには趣向を変えて、辺境

記事を読む

no image

惜しい!

 前から見たいと思っていた三池崇史監督「ジャンゴ」を見た。  スキヤキ・ウェスタンという異名のとお

記事を読む

no image

超能力者の支配する世界

貴志祐介のSF巨編『新世界より』(上・下 講談社)を読む。 SFを読んだのは久しぶりだが、面白かっ

記事を読む

Comment

  1. BUFF より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    高野様、皆様、初めまして。
    BUFFと申します。
    あの日、深夜+1でドア際にいたぶーであります。
    お話、面白かったです。
    高野様の御作は未読でありましたので、「早稲田三畳青春記」を買ってきました。楽しく拝読しております。
    実は私、86年から90年にかけて早稲田界隈を徘徊しておりましたので、どこら辺あたりかなぁなどと思い出しながら読んでいます。
    それでは失礼いたします。

  2. わたる より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/125.5.5 (KHTML, like Gecko) Safari/125.11
    BUFFさん、こんにちは。
    マスクをされていましたが風邪の具合はいかがですか?
    高野秀行ウイルスはじわじわと、そして確実に効いてきますので注意が必要です。
    私も「ワセダ」を入り口に高野本を買いあさっては読むという症状に悩まされております。

  3. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    Buffさん わたるさん、こんにちは
    深夜プラス1では高野さんの隣におりました
    自称『ミャンマーではジャッキーチェン』の一般常識人二村です。
    もし間違いでなければBuffさんのホームページはなんどか訪問させていただいています。今後ともよろしくお願いします。
    さて、お店で、新宿鮫さんのお友達が主張していた
    『ムベンベはサイだ』説について、
    高野さんの見解が『怪しいシンドバッド』で表明されております。
    さすが!

  4. BUFF より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    わたる様、二村様、レスどうもありがとうございました。
    わたる様、風邪はほぼ抜けましたが、マスクするのが良い感じなのでまだマスクは着けています。ここんとこ、なんかマスクな気分であります。
    二村様、拙文をお読みとは汗顔の至りであります。
    今後ともよろしくお願いいたします。
    「ワセダ三畳青春記」、読了しました。
    面白かったです。
    面白いエピソード、そして、それを語る高野さんの語り口、楽しみました。
    そして、早稲田界隈の風景。
    作中のデートスポットだった公園、私も好きな場所でした。
    次は「怪しいシンドバッド」を読もうかなと思っています。
    ではでは。

  5. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    屋久島のNONOと申します。Buffさん わたるさん、二村さん始めまして。
    一応、高野氏の先輩になります。(と思います。学校は違うのですが)
    高野君がどう思っているのか?は判りませんが。
    88年のコンゴドラゴン調査の時に同行した者です。
    本名、野々山富雄といいまして、屋久島で暮らしております。
    以後よろしくお願いいたします。
    ところで「ムベンベ=サイ」説について、「シンドバット」に
    書かれているということですが、以前の新書版にはないようなので、
    文庫版の書き下ろしコメントということでしょうか?
    ああ、文庫本も買わにゃいかん。
    高野ファンとしては、また金を使わされるなあ。
    でも、高野君には早くメジャーになってもらって、
    「あの高野秀行の本にオレも出てるんだぜ!」
    と女の子に自慢したいので、
    高野君、もっと売れて一流になってください。お願いします。
    しかし、オレがここで言いたいのはそんなことじゃない。
    黒田硫黄氏の表紙です。
    黒田氏はオレもファンなので喜ばしいことだが、
    くっついてるお腹の見える、ボイン(死語)の女の子が気になる!
    そういう事実はないはずだ!
    それとも隠してそーゆーオイシイコトがあったのか!
    コラ!高野!キリキリ白状せい!
    高野もなんだかんだ言いながらキレイなヨメさんをもらい、
    本も何冊も出し、幸せではないか!
    上を見ればキリがないが、下を見れば野々山がいる。
    そういう妬み暴言で書き込みさせていただきましたNONOです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年6月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑