*

ミスター珍じゃないだろ!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

今月の20日ごろ発売になる「怪しいシンドバッド」(集英社文庫)の見本が届いた。 表紙のイラストは、アニメにもなった「茄子 アンダルシアの夏」の漫画家・黒田硫黄氏。派手で意味不明だけど爽やかな感じが中身とぴったり合っている(と信じたい)。
 これなら平積みにしても目立つからきっと売れることだろう(と信じたい)。
 帯の文句は「命知らず 無茶しすぎ!」。
 解説を書いてくれた大槻ケンヂ氏の文章から編集者の人が選んだものだが、これでますます私の人間性が誤解されるだろう(とは信じたくない)。
 さっそく、新宿ゴールデン街の「深夜+1」へ行き、マスター兼オーナーの内藤陳・日本冒険作家協会会長に進呈してきた。
会長に「サインしてよ」と頼まれたはいいが、「陳」を「珍」と書きそうになって冷や汗をかいた。プロレスファンの私は、両方とも顔クシャ系である内藤陳会長とミスター珍が、一瞬ごっちゃになってしまったのだ。
 あー、やばかった。

関連記事

no image

異常ラジオ「東京ガベージコレクション」出演

平山夢明兄いがパーソナリティを務めるTOKYO FM「東京ガベージコレクション」というラジオ番組

記事を読む

no image

オーケンが語るジャナワール

 9月20日(木)深夜25:05から放映される関西テレビの音楽情報番組「MUJACK」で 大槻ケンヂ

記事を読む

no image

米軍による驚くべき支援

28日(月)調布市被災者支援ボランティアセンターの手配で、被災地の特養老人ホームに物資を届けるという

記事を読む

no image

悪いのは飛蝗か

「本の雑誌」9月号を読む。 特集は翻訳ミステリ。 私は全く知らなかったが、飯田橋に「ブックスサカイ

記事を読む

no image

最近読んだ面白い本

ブログを書く時間がなかなかとれないので、お勧め本がたまってきた。 ここにまとめて公開しましょう。

記事を読む

no image

これからは「盲人サッカー」だ!

以前「少林サッカー」という面白い映画があったが、それはもう古い(私が言うまでもなく古いけど)。これか

記事を読む

no image

猛暑の高校講演会

 集英社の外郭団体(?)が主催している「高校生のための文化講演会」というものによばれ、香川県と愛媛県

記事を読む

no image

超能力者の支配する世界

貴志祐介のSF巨編『新世界より』(上・下 講談社)を読む。 SFを読んだのは久しぶりだが、面白かっ

記事を読む

no image

原宏一氏と対談

新宿のナイジェリア料理店で異能の小説家・原宏一氏と対談。 原さんは昨年、『床下仙人』で「啓文堂おすす

記事を読む

no image

極東へ向かう

中東というのは日本から遠いとつくづく思う。 イランもそうだったが、シリア、ヨルダンでも、 現地のネッ

記事を読む

Comment

  1. BUFF より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    高野様、皆様、初めまして。
    BUFFと申します。
    あの日、深夜+1でドア際にいたぶーであります。
    お話、面白かったです。
    高野様の御作は未読でありましたので、「早稲田三畳青春記」を買ってきました。楽しく拝読しております。
    実は私、86年から90年にかけて早稲田界隈を徘徊しておりましたので、どこら辺あたりかなぁなどと思い出しながら読んでいます。
    それでは失礼いたします。

  2. わたる より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/125.5.5 (KHTML, like Gecko) Safari/125.11
    BUFFさん、こんにちは。
    マスクをされていましたが風邪の具合はいかがですか?
    高野秀行ウイルスはじわじわと、そして確実に効いてきますので注意が必要です。
    私も「ワセダ」を入り口に高野本を買いあさっては読むという症状に悩まされております。

  3. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    Buffさん わたるさん、こんにちは
    深夜プラス1では高野さんの隣におりました
    自称『ミャンマーではジャッキーチェン』の一般常識人二村です。
    もし間違いでなければBuffさんのホームページはなんどか訪問させていただいています。今後ともよろしくお願いします。
    さて、お店で、新宿鮫さんのお友達が主張していた
    『ムベンベはサイだ』説について、
    高野さんの見解が『怪しいシンドバッド』で表明されております。
    さすが!

  4. BUFF より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    わたる様、二村様、レスどうもありがとうございました。
    わたる様、風邪はほぼ抜けましたが、マスクするのが良い感じなのでまだマスクは着けています。ここんとこ、なんかマスクな気分であります。
    二村様、拙文をお読みとは汗顔の至りであります。
    今後ともよろしくお願いいたします。
    「ワセダ三畳青春記」、読了しました。
    面白かったです。
    面白いエピソード、そして、それを語る高野さんの語り口、楽しみました。
    そして、早稲田界隈の風景。
    作中のデートスポットだった公園、私も好きな場所でした。
    次は「怪しいシンドバッド」を読もうかなと思っています。
    ではでは。

  5. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    屋久島のNONOと申します。Buffさん わたるさん、二村さん始めまして。
    一応、高野氏の先輩になります。(と思います。学校は違うのですが)
    高野君がどう思っているのか?は判りませんが。
    88年のコンゴドラゴン調査の時に同行した者です。
    本名、野々山富雄といいまして、屋久島で暮らしております。
    以後よろしくお願いいたします。
    ところで「ムベンベ=サイ」説について、「シンドバット」に
    書かれているということですが、以前の新書版にはないようなので、
    文庫版の書き下ろしコメントということでしょうか?
    ああ、文庫本も買わにゃいかん。
    高野ファンとしては、また金を使わされるなあ。
    でも、高野君には早くメジャーになってもらって、
    「あの高野秀行の本にオレも出てるんだぜ!」
    と女の子に自慢したいので、
    高野君、もっと売れて一流になってください。お願いします。
    しかし、オレがここで言いたいのはそんなことじゃない。
    黒田硫黄氏の表紙です。
    黒田氏はオレもファンなので喜ばしいことだが、
    くっついてるお腹の見える、ボイン(死語)の女の子が気になる!
    そういう事実はないはずだ!
    それとも隠してそーゆーオイシイコトがあったのか!
    コラ!高野!キリキリ白状せい!
    高野もなんだかんだ言いながらキレイなヨメさんをもらい、
    本も何冊も出し、幸せではないか!
    上を見ればキリがないが、下を見れば野々山がいる。
    そういう妬み暴言で書き込みさせていただきましたNONOです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
    • 山田芳裕著『へうげもの』(講談社)25巻(最終巻)をようやく読了。長い長い旅を終えたよう。放心。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑