*

いや、おどろいた

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

『三畳記』が”酒飲み書店員大賞を受賞して、何ヶ月か経った。
もともとは”酒飲み書店員が強烈にプッシュする一冊”という名称だったが、
私の強い要望で無理やり「大賞」にしてもらった。
賞歴になるし。(ならんか)
あれから半年も経ってないのに、もう次の、つまり第二回 酒飲み書店員大賞が決まった。
山本幸久『笑う招き猫』(集英社文庫)。
私は酒飲み書店員のみなさんの眼力を信じて疑わない(疑うわけにはいかない)ので、
きっとこの本がおもしろいだろうと早速買ってみた。
そしてページを開いて驚いた。
文章がうまい…ってことではない。
その前に著者のプロフィールに驚いた。
だって、「1966年東京八王子市生まれ」って書いてあるんだから。
おい、オレの同郷の同級じゃんか、それ。
なんだろう、酒飲み書店員大賞っていうのは、著者が1966年八王子生まれで、集英社文庫になった本から選ばれるのか?
第三回が出るのかどうか心配になる。
…という冗談はさておき、すごい偶然にひたすらたまげた。
あー、一度会ってみたいな、山本さん、というか山本君。
ちなみに、この本は「小説すばる新人賞」をとった、山本君のデビュー作なんだが、
完成度の高さに驚かされる。
まだ半分も読んでないが、めちゃめちゃ小説がうまい。
こういうのは精進してどうのでなく、天性のものだ。
しかもデビュー二年あまりでもう本を三、四冊も出しているらしい。
才能があって多作というのは、売れる作家の最高の条件だ。
きっとあっという間に直木賞とかもらってメジャーになるだろう。
その前に早く山本君に会って、同級生面をしとかなきゃあな。

関連記事

no image

Low Positionの秀作3本

ドキュメンタリーの秀作を3本観た。 どれもLow Positionという制作グループのメンバーの手に

記事を読む

no image

「ダカーポ」に書評が載る

 新作『異国トーキョー漂流記』が「ダカーポ」(3月2日発売)という雑誌の書評欄(「旬の本」というやつ

記事を読む

no image

「ムベンベ」映画化企画

拙著『幻獣ムベンベを追え』を映画化したいというオファーが来た。 しかもアニメかと思ったら実写である。

記事を読む

no image

バスク産ミャンマー経由のヤギチーズ

ミャンマー在住のKさんが、同じくミャンマー在住で一時帰国したYさんを通じて届けてくれた、 バスク産の

記事を読む

no image

酒飲みにやさしいイスラム国

 半年間のトルコ遊学から帰国して間もない慶応大学の学生S君にトルコの話を聞いた。  場所は阿佐ヶ谷の

記事を読む

no image

ニュー蔵前本

次回の「辺境読書」では、蔵前仁一『わけいっても、わけいっても、インド』(旅行人)を 紹介することに

記事を読む

no image

趣味は「辺境料理」に決定

先日「公募」もした私の「趣味」がやっと決まった。 「辺境料理」である。 私はチェンマ

記事を読む

no image

目指すはドリトル先生

読者の方からご指摘があったが、今回の『メモリークエスト』のカバーは 「ドリトル先生」をイメージした

記事を読む

no image

計算ができないのか?

野々山さんのご指摘で気づいたが、 前回の日記で換算した部数計算がまるっきりまちがっていた。 日本に換

記事を読む

no image

「メモリークエスト」再開

銀座のマガジンハウスに行き、「an an」と「TARZAN」のインタビューを受ける。 両方ともマラ

記事を読む

Comment

  1. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    ほーそれは奇遇ですねー。
    でも高野さん、山本さんが早生まれで先輩だったらどうします(笑)。
    ここは作家として先輩である、ということを中心に攻めるべきだと
    思いますね。<攻めるってのは変ですが。

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    あ、そうですね。
    そういえば、オーケン(大槻ケンヂ)も1966年生まれだけど、
    2月生まれで学年は一つ上でした。
    山本君じゃなくて、やっぱり「山本さん」にしときます(笑)。

  3. mako-chan より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    高野弱ッ!(笑)
    久しぶり。八王子かわづやの息子です。
    元気そうで何よりです。
    そのうちまた飲みましょう!

  4. 山本幸久 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.1 (KHTML, like Gecko) Safari/312
    どうも山本幸久です。
    とつぜんお邪魔して申し訳ありません。
    わたしは早生まれではないので、たぶん高野さんと同じ学年です。
    さて、『三畳記』を昨日、読み終わりました。
    ただいま『ミャンマーの柳生一族』を読んでおります。
    ここしばらくは高野さんの本を読んで、幸福な時間を
    過ごさせていただこうと思っています。
    えーと。あとはなにかの機会にお会いしたときにでも。
    あ、ちなみにぼくはユーミンのでた小学校です。

  5. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    >山本君とは言えませんね、やっぱり(笑)。
    山本さん、いきなり登場でまた驚かされてしまいました。
    ぜひ、今度何かの機会にお会いしましょう。
    ユーミンの出た小学校ってことは、八王子の街のど真ん中の生まれですか?
    今日たまたま八王子に行きましたが、
    ユーミンの実家(「呉服のデパート荒井」)は健在でしたね。
    私(とMako−chanさん)は六小、三中ですよ。
    南口派です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ゲストは「Gダイアリー」デスクの室橋裕和さん、Gダイで連載していた(イスラム飲酒紀行ほか)高野秀行さん、Gダイ編集部に入りたかった丸山ゴンザレスさん、Gダイ外部編集で「駐妻カナ」などを担当した西野風代さんです。 1月31日(金)、阿佐ヶ… ReplyRetweetFavorite
    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑