*

ロンドンのカート居酒屋と在仏ルワンダ難民のワイン

公開日: : 最終更新日:2012/10/03 高野秀行の【非】日常模様

 十日くらい前からどうも胃腸の調子がよくなかったのだが、酒を飲むと不思議に治っていた。そのうち、朝や昼でも調子を整えようと酒を飲み、
しかもけっこうな量を飲んでいたところ、三日前に突然、胃腸が仕事を全面的に放棄してしまった。
 ちょっと食べただけで胃がきゅうと痛み、ひどい下痢としてしか消化しない。

 一昨日と昨日はお菓子を少し食べたくらいで、今日はキャベツのスープを作って飲んだが、結果は変わらない。
 まあ、胃腸を休めろということなのだろう。

 それでも仕事はそれなりにしているし、本も読んでいる。
 一昨日読んだのは中島京子さんの新刊『のろのろ歩け』(文藝春秋)
 北京、上海、台湾を舞台に、日本の微妙な年頃の女性(20代後半から三十代半ば)が現地を旅し、向こうで知り合ったインチキくさい男を通して、
異文化や異国に入り込んでいく様子をほのぼのと描いた中篇集。

 あまりに今の日中関係からかけ離れていて、全くタイミングがよすぎる。本書を読んでいると、中国人や台湾人にも一人一人生活があり、
その中で日本という国に対する感情が占める割合など1パーセントもないことが実感できる。
 特に最初の「北京の白い春の服」が秀逸。中国人の大きさとまっすぐな感じがとてもよく描かれている。
 「のろのろ歩け」とはナカキョーさんから日本国民に送られた壮大なメッセージにちがいない。

 さて、胃腸痛を紛らすために地図帳や航空券情報を見たりしているうち、どうしてもヨーロッパとアフリカに行きたくなり、今月末から1カ月出かけることにした。
ヨーロッパはフランスとイギリス。フランスは20年ぶり、イギリスに至っては初めてだ。
 辺境作家からいよいよ正統的なノンフィクション作家へと脱皮していくのだ!…と言いたいが、実際にはロンドンのカート居酒屋(たくさんあるという)にどうしても行ってみたいのと、
フランスには昔から親しくしているルワンダ人の友人が住んでいて(七年前に難民として移住した)、前々から「是非来てくれ」と言われているので、訪問するだけである。
 こちらでは土地のワインとチーズを用意してくれているという。

 カートとワインの前に、胃腸を何としても治さなければいけないと決意しているところだ。
 

関連記事

no image

スーダン寿司

スーダン人の盲目の友人、というか最近では「出来の悪い弟」みたいな感じになっている アブディンから電話

記事を読む

no image

え、「謎と真実」?!

学研「ムー」別冊の、こんなムックでインタビューを受けてます。 なんだか、とても懐かしい気持ちになれる

記事を読む

no image

ディズニーランド・デビュー

宮田珠己との「タカタマ対談」第3弾はなぜか東京ディズニーランドで。 以前「世界で行きたくない場所は

記事を読む

no image

怪獣はダメか

ブログに長井さんのことを書いたため、 朝から電話とメールがひっきりなし。 ついには渋谷のNHKに呼び

記事を読む

no image

鬼のミイラと地震予知動物

「未確認思考物隊」の仕事は続く。 先週は大分県宇佐市にある「鬼のミイラ」(写真・右)と 「地震予知動

記事を読む

no image

生まれて初めてのロックライブ

恵比寿に、今年再結成した筋肉少女帯のライブを見に行った。 オーケンさんのご招待である。 なんと、私に

記事を読む

no image

新趣味はロマ(ジプシー)音楽

最近、急に趣味がいくつもできてきた。 その一つがロマ(ジプシー)音楽を聞くこと。 ジプシー音

記事を読む

no image

狂気の起源を求めて

ビルマ(ミャンマー)難民研究者にして本人は医療難民の大野更紗さんのところに シャン料理をもっていく。

記事を読む

no image

両国の暴走特急相撲

金曜日。午前中は六本木ヒルズに行き、J-WAVEの番組を収録。 web本の雑誌BOOKSTANDなる

記事を読む

no image

踊るダルビッシュの謎

斉藤祐樹が日本ハムに入団したため、以前にも増してダルビッシュ有のニュースが多い。 で、思い出したの

記事を読む

Comment

  1. mk より:

    カートと美味しいワインとチーズ…でも何より大切な奥様とマドちゃんの為にも是非病院に行って下さい。お願いします。 お大事になさって下さいね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
    • 山田芳裕著『へうげもの』(講談社)25巻(最終巻)をようやく読了。長い長い旅を終えたよう。放心。 ReplyRetweetFavorite
    • やっと原稿書けた。酒飲みたい。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑