*

「怪魚ウモッカ格闘記」も進行中

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

『怪獣記』(講談社)の発売が迫っているが、
ウモッカのほうも負けてはいない。
9月下旬発売の予定で着々と進んでいる。
こちらは文庫なので、「解説」がある。
お願いしたのは、『明日への記憶』などで最近ブレイクしている荻原浩氏。
荻原さんは実は根っからのUMAファンらしい。
考えてみれば、彼のデビュー作『オロロ畑でつかまえて』(集英社文庫)がすでに
UMAで村おこしをしようという話だった。
荻原さんの原稿が昨日届いたが、すばらしいものだった。
同好の士はありがたい。

関連記事

ここで問題です。

朝日新聞社で角幡唯介と対談。 読書週間特集で「探検・冒険の本」を私たち二人が紹介するというのが

記事を読む

no image

何でも話します

ミクシイのイベントを「しょーもない」と書いたことで 物議(?)をかもしているようだが、 別にほめ言葉

記事を読む

no image

斉藤由貴とギアナ高地

今さらだが、クドカンこと宮藤官九郎脚本のドラマ「我輩は主婦である」を見ている。 斉藤由貴扮する早稲田

記事を読む

no image

ダメ男子ロマン大作

「人のやらないことをする」がモットーの私は、 これまで盆と正月とGWだけはせっせと働き、 そのほか

記事を読む

内側から見た「やくざ」

最近イースト・プレスの本が面白い。 まあ、知り合いの編集者が増えて新刊を送ってきてくれるせいも

記事を読む

no image

10年遊んで暮らした人の話

私が解説を書かせていただいた川上健一『ビトウィン』(集英社文庫)が 発売された(たぶん)。 本来い

記事を読む

no image

おっぱいとトラクター

家に本があふれ出し、また本棚を買うか、古い本を処分するか、 あるいは「居間に本を置いてはダメか」と

記事を読む

no image

中国40年の狂気

また外出。 町のあちこちで運動会の練習をしている。 「フレー、フレー、赤組!」なんて今でも言ってる

記事を読む

no image

ディアスポラ

エンタメ・ノンフ作家は彷徨うことが宿命づけられている。 本人もそうだが、著書はもっと。 書店に棚がな

記事を読む

アラスカへ逃げたい

石塚元太良・井出幸亮著『All About Alaska アラスカへ行きたい』(新潮社)

記事を読む

Comment

  1. フレディ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    荻原浩さんは私も大好きな作家で作品は高野さん同様すべてチェックしています。いろんな職業を背景に取り上げられ、そのすべてにリアリティがあり、その上で緻密なフィクションを構築される非常に力量のある作家だと思っております。(といってもまったく堅苦しくなく、ユーモアのセンスも抜群なのですが!)
    過日、当店で荻原さんのサイン会を行わせて頂きました。話が来たときから「是非に担当を私めに!」と希望し、司会をしました。
    サイン会は何度か経験しましたが、あんなに謙虚で誠実な作家にお会いしたことはなかったです。開催にあたって荻原さんからお客様に挨拶したいとのご希望がありました。内容は「果たして人がきてくれるかと心配でしたが、こんなにいらしていただいて本当にありがとうございます。」というものでした。
    一人一人にサインとかわいいイラスもお書き添え頂き、私のサイン本にも「司会ありがとうございます。」とのコメントも。ますますファンになってしまいました。
    サイン会にいらしたお客様の人気一番でもあり、私もお勧めの荻原さんの本は双葉社文庫「母恋旅烏」です。この本のラストはほんとに泣けますよ!

  2. 歌川 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    通勤電車...ナツイチの中吊り広告で、高野さんの名前を見つけました。ニコニコ
    そして書店でナツイチの冊子をもらってきました。
    Q&Aもあって嬉しい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑