*

「自分の枠」と「屠畜感覚」

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

先日コダックフォトサロンで行った角田光代さんとの対談が
講談社の文庫情報誌「IN☆POCKET」に掲載されたとのことで、
送られてきた。
小説を書くときに感じる「自分の枠」という話がひじょうに興味深かったことを思い出した。
      ☆         ☆         ☆

今週20日(木)に発売される新刊
『怪魚ウモッカ格闘記』(集英社文庫)
の見本も届く。
これまた未知動物探しだが、『怪獣記』とはあまりにちがうので、
読んだ人は愕然とするだろう。
著者である私も、この本はヘンすぎて面白いかどうかよくわからない。
賛否両論に分かれる奇書となることを期待している。
      ☆         ☆         ☆
ジュンク堂池袋店にて内澤旬子さんとトークライブ。
内澤さんとはすでに「小説すばる」で対談しているからもう話すことはないと思っていたが、
全然そんなことはなくて、逆に話がもっと泥沼的に深まり、おもしろかった。
特に「屠畜を見たあとで食べた動物には特別な親近感がわく」という部分で、意見の一致を見たことは今後の屠畜感覚研究(そんなもんがあれば)に役立つかもしれない。

関連記事

no image

祝&残念! タマキング酒飲み書店員大賞受賞!

宮田珠己ことタマキングが『東南アジア四次元日記』(文春+文庫)で、 第3回 酒飲み書店員大賞を受賞し

記事を読む

no image

ユーラシア大陸を超えて

ポルトガルのリスボン在住の言語学者・小坂隆一氏と 二時間以上、Skype(スカイプ)で話をする。 ス

記事を読む

no image

愛と追憶の帰国

別にタイトルに深い意味はない。いつものように普通に帰国しただけである。 といっても、今回の旅は

記事を読む

no image

幻のポスター

最近、出版社が新刊の文芸書のゲラを書店員の人たちに前もって配り、 感想をいただくということがよく行わ

記事を読む

no image

原発君とインド人

今日も原発君は元気なようである。 原発を憎むとかえってよくないような気がして、 親しみをもたせて、心

記事を読む

no image

完璧な探検記

 わけあって、今さらながらアルフレッド・ランシング著『エンデュアランス号漂流』(新潮文庫)を読んだ

記事を読む

no image

目的は果たせたのか

調布の東京外大から江戸川の葛西臨海公園まで、 アブディンとタンデム(トライデム)で出かけた。 目的

記事を読む

no image

日本はフライ級ミステリの宝庫?

独裁政権下の小説を読みつづけている。 最近はオレン・スタインハウアー『極限捜査』(文春文庫)を読ん

記事を読む

no image

娘を溺愛する父親と言われた

先週末、本の雑誌の杉江さんに会ったら、「最近高野さんのブログを見ていると、 娘を溺愛してる父親みた

記事を読む

no image

元「たま」の石川浩司氏とトークイベントのお知らせ

元「たま」のランニングこと石川浩司氏とイベントを行うことになりました。 前に何度もイベントを企

記事を読む

Comment

  1. COM@多摩 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)
    19日のうちに店頭に並んでたから買ってきたヨ♪
    ウチのお袋も高野クンの本がお気に入りで、
    「早く読ませて!」って言ってたよ(笑)
    高野クンのお母さんはお元気かナ^^
    「小説すばる」の対談読んだけど(立ち読み^^;)
    さらに話が深まってったとは。。。
    またトークライブとかあったら行ってみたい!

  2. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
     高野さん、本いただきました。ありがとうございました。
     失礼ながら、お礼のメールを入れさせていただきましたので
    ご確認ください。
     タカ拝

  3. ふーじ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.0; ja; rv:1.8.1.7) Gecko/20070914 Firefox/2.0.0.7
    いちファンです。今晩は。
    >怪魚ウモッカ格闘記
    確か・・・
    同じ人と再婚する場合は、6ヶ月経たなくても平気です。
    すぐ再婚できます。
    ま、誰か指摘してるとは思いますが・・・
    ま、今更ですが・・・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2023年1月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑