*

「自分の枠」と「屠畜感覚」

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

先日コダックフォトサロンで行った角田光代さんとの対談が
講談社の文庫情報誌「IN☆POCKET」に掲載されたとのことで、
送られてきた。
小説を書くときに感じる「自分の枠」という話がひじょうに興味深かったことを思い出した。
      ☆         ☆         ☆

今週20日(木)に発売される新刊
『怪魚ウモッカ格闘記』(集英社文庫)
の見本も届く。
これまた未知動物探しだが、『怪獣記』とはあまりにちがうので、
読んだ人は愕然とするだろう。
著者である私も、この本はヘンすぎて面白いかどうかよくわからない。
賛否両論に分かれる奇書となることを期待している。
      ☆         ☆         ☆
ジュンク堂池袋店にて内澤旬子さんとトークライブ。
内澤さんとはすでに「小説すばる」で対談しているからもう話すことはないと思っていたが、
全然そんなことはなくて、逆に話がもっと泥沼的に深まり、おもしろかった。
特に「屠畜を見たあとで食べた動物には特別な親近感がわく」という部分で、意見の一致を見たことは今後の屠畜感覚研究(そんなもんがあれば)に役立つかもしれない。

関連記事

no image

やさしい日本語

以前一緒にミャンマー新聞をつくっていて、今は難民認定を受けているミョウさんと 8年ぶりくらいに会う。

記事を読む

no image

忘年会ゼロで読書

今年の暮れは素晴らしいことに、忘年会ゼロ。 単に友だちが離れて行っているだけかもしれないが、自分の

記事を読む

no image

幻の旅人、復活!

「旅行人」2010年上期号が届いたので、じっくり読む。 いつにもまして、マニアックな現地情報と美し

記事を読む

no image

どっちなんだ、奥泉光?

奥泉山登山、2回目は本屋大賞で5位にもなった『シューマンの指』(講談社)。 前回とはうって代わり、

記事を読む

no image

願い事は強要から

ここ数年、私が最も買っている小説家・中島京子さんと四谷三丁目で会食。 中島さんの『均ちゃんの失踪』(

記事を読む

no image

上流階級の腐敗っぷりはアジアン・ミステリの十八番か

 アジアン・ミステリ読書週間第2弾!というわけではないけど、たまたま今度はタイのミステリを読んでし

記事を読む

no image

エンタメ・ドキュメンタリー

フジTVの『フジテレビ批評』という番組に出演した。 テーマは「エンタメ・ノンフとエンタメ・ドキュメン

記事を読む

no image

「ダカノ−ヒデYuki」が説くエンタメノンフin韓国

 韓国最大のネット書店のサイトに私のインタビューが掲載された話は前にしたが、 読者の方が翻訳サイトを

記事を読む

no image

芥川賞受賞の衝撃作

あまりに評判がいいので、磯崎憲一郎『終の住処』(新潮社)を読んでみたら、 衝撃を受けた。 こ、これ

記事を読む

no image

ボロボロのデビルマンみたいなやつ

月曜日、ヒストリーチャンネルの取材が終わったあと、 探検部の現役学生3名と飯を食う。 うち二人はニュ

記事を読む

Comment

  1. COM@多摩 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)
    19日のうちに店頭に並んでたから買ってきたヨ♪
    ウチのお袋も高野クンの本がお気に入りで、
    「早く読ませて!」って言ってたよ(笑)
    高野クンのお母さんはお元気かナ^^
    「小説すばる」の対談読んだけど(立ち読み^^;)
    さらに話が深まってったとは。。。
    またトークライブとかあったら行ってみたい!

  2. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
     高野さん、本いただきました。ありがとうございました。
     失礼ながら、お礼のメールを入れさせていただきましたので
    ご確認ください。
     タカ拝

  3. ふーじ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.0; ja; rv:1.8.1.7) Gecko/20070914 Firefox/2.0.0.7
    いちファンです。今晩は。
    >怪魚ウモッカ格闘記
    確か・・・
    同じ人と再婚する場合は、6ヶ月経たなくても平気です。
    すぐ再婚できます。
    ま、誰か指摘してるとは思いますが・・・
    ま、今更ですが・・・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
    • 山田芳裕著『へうげもの』(講談社)25巻(最終巻)をようやく読了。長い長い旅を終えたよう。放心。 ReplyRetweetFavorite
    • やっと原稿書けた。酒飲みたい。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑