*

ラッシャー木村はツイていた

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

一昨日、夜ケーブルテレビでナイターを見ようとしたら、
たまたまNOAHの試合がやっていた。
しかも「マイティ井上レフリー引退試合」というもの。
マイティ井上が引退したのがつい最近のように思っていたから、
「レフリー生活12年」と聞き、「もうそんなになるのか」と驚いていたのだった。
すると、昨夜はラッシャー木村死去のニュースである。
木村もまた引退したばかりと思っていたが、実は6年もたっていた。
私は全日本ファンだったので、ラッシャー木村といえば
馬場、鶴田との交流戦(?)が最初の記憶だ。
どっちが先かよく憶えていないが、
馬場とは四の字固めの攻防で、木村だけ体がエプロンサイドに出ていたという理由で、
不可解な「リングアウト負け」となった。
鶴田戦では、鶴田がジャーマンスープレックスかバックドロップで投げたまま
固めたが、両者とも肩がマットについており、「両者3カウント」という珍しい結末に終わった。
で、馬場戦か鶴田戦か、これまた覚えてないんだけど、
ラッシャーが試合直後にマイクを握り、観客に向かってこう言った。
「私はいつもツイてないんですよ!」
私は馬場戦も鶴田戦もテレビで見ていたが、このラッシャーの発言はテレビで聞いたのか
それとも後でビデオか何かで見たのか定かでない。
でもたしかそう言ったはずだ。
新日本に“殴りこみ”をかけて「こんばんは、ラッシャー木村です」という有名な挨拶をするずっと前のことだ。
つくづくラッシャーというのは本当に善良な人だったのだなと思う。
同時に、「ツイてない」というのはどういう意味かとも思う。
この発言はとうていギミックとは思えない。
そして試合に筋書きがちゃんとあれば、ラッシャーがマイクでこんな素朴な怒りをぶつけるわけもない。
プロレスというのは、やはり単純に筋書きがあるものではないんだろう。
筋書きはあってなく、なくてある。そんなものかもしれない。
プロレスラーとは我々素人の想像のつかない不可思議な世界に住んでいるのだろう。
ラッシャーは、国際プロのエースだったのに、全日本との交流戦ではそういう結果に甘んじ、団体がつぶれてからは「はぐれ国際軍団」という凄いネーミング(!)で
悪役に転落し、新間寿のUWF構想にひっかかって前田日明や佐山聡とリングにあがるというとばっちりを受け、レスラーとして脂の乗った時期にほんとに「ツイてない」としか言いようのない
運命に翻弄された。
だが、第一線を退いてからの全日本での不思議な人気をふくめ、
これほど団体的にもレスリングスタイルとしても幅広く活躍し、
(国際時代は金網レスリングの鬼だった)
そのいちいちがファンの記憶に残ったレスラーも珍しい。
プロレスラーとしては決して「ツイてなかった」わけじゃないと思いつつ、
懐かしいあの黒タイツ姿をそっと偲んでいる。

関連記事

no image

世界のコジマ

辺境ドトールで杉江さんと打ち合わせ。 このブログや杉江さんの日記を読んでいると私たちが四六時中つるん

記事を読む

no image

マリンダは馬じゃない

(右絵:斜め後ろから見た、走り行くマリンダ) マリンダはどんな形をしているのか。 レース中であり、し

記事を読む

no image

ファミコンって何だろう?

土曜日にアキバ系中国人のカリスマこと「魚干」君に会った。 まだ22歳、日本に来て半年なのに日本語は流

記事を読む

no image

立松和平とドンガラ

立松和平氏が亡くなったというニュースを見て驚いている。 というのは、一昨日、たいへん久しぶりにその

記事を読む

no image

孤高の伝道者・大槻ケンヂ

 昨年暮れ、つまり10日あまり前にアップされた音楽関係サイトで、大槻ケンヂのインタビューが載っている

記事を読む

no image

ポルターガイストで訴える

「未確認思考物隊」の第5回と第6回のテーマは「心霊」だが、 おかげさまで両方とも私のリポート出動はな

記事を読む

no image

ソマリランド療法の勧め

なんとか取材の目処がつき、来週の8日(金)に東京に着く便を予約した。 ソマリ人は、私にとって、おそら

記事を読む

no image

人生に生きる価値はない

これまでにも『ぼくは偏食人間』や『狂人三歩前』など、 笑える奇書を連発している中島義道先生の新作は

記事を読む

no image

芳醇そば焼酎 みんがらーば

高田馬場のミャンマー料理屋「ミンガラバー」で、 ノンフィクション作家の西牟田靖君とまだ新婚の奥さん

記事を読む

no image

いよいよ『困ってるひと』

私がプロデュースする第1弾、大野更紗『困ってるひと(ポプラ社)の見本ができた。 カバーイラストはウェ

記事を読む

Comment

  1. 指導員『O』 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Trident/4.0; GTB6.4; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0)
    馬場さん。
    鶴田さん。
    三沢さん。
    今度は木村さん。
    残念です。
    【風車吊り】とか【裏4の字固め】などの風変わりな技を出していた頃が懐かしいです。
    国際プロが解散し、はぐれ国際軍団として、猪木と1vs3の試合を強いられた時は、ほんとに猪木が憎かったです。
    旧UWFからの脱退は、シュートスタイルに対応出来ないからだと、実しやかに言われてるけど、実際には知人のブッカーへの義理を果たすためだったとも。
    マイクの是非はともかく、馬場さんの元で、安住の地を得たようにも思えました。
    心あるファンはみんな、木村さんの『優しさ』『謙虚さ』『強さ』を感じ取っていたと思いたいです。
    ラッシャー木村さんの、怖いけど優しい笑顔を忘れません。
    お疲れ様でした。
    どうか安らかにお休みください。。。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
    • 山田芳裕著『へうげもの』(講談社)25巻(最終巻)をようやく読了。長い長い旅を終えたよう。放心。 ReplyRetweetFavorite
    • やっと原稿書けた。酒飲みたい。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑