*

テレビ川柳師・ナンシー関の秀逸な評伝

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

読書運というものがあって、読んでも読んでも面白い本に当たらないときもあれば、手にする本がことごとく面白いという釣りの「入れ食い」みたいなときもある。
私の場合、1カ月前はどうにもならなかったのが、ここ2週間ほど、ほんとに読書運が(他の運とは一切無関係に)急上昇し、来る日も来る日も大漁で、ブログに書く暇がない。

今ようやく仕事が一段落してきたので、少し遡ってみる。
読書運が急上昇した直接のきっかけは横田増夫『評伝ナンシー関 「心に一人のナンシーを」』(朝日新聞出版)だった。

私はナンシー関のコラムをほとんど読んだことがない。
たまに読んでも、あまりにテレビを見ないので、何が何だかわからなかった。
本書で、宮部みゆきが「テレビをほとんど見ないがナンシー関の文章は好き」というようなコメントをしているが、私の場合レベルがちがっていて、
川嶋なお美と聞いても「昔アイドルだった人?」くらいだし、神田うのは名前はよく聞くが動いているところは見たことがなくネット検索しなかったら何をしている人かわからず、
松本人志は「司会をしている丸坊主の人」程度の認識で、この前暴力団との交際で引退したと思い込んでいた。

もう一つ、ナンシー関が活躍していたバブルからポストバブルのサブカル全盛期(=雑誌全盛期)は、私にとって無縁の世界だったこともある。
私がいちばん鳴かず飛ばずだった二十代後半(90年代半ば)は本当にどこの雑誌でも書かせてもらえなかった。
一度、知り合いのカメラマンがとある著名サブカル雑誌の副編集長が私に会いたいと言っているというので、日時を決め、嬉々として編集部に出かけたところ、
「悪いけど今日忙しいから…」と一言で追い返されたこともある。
それ以来、サブカル業界はますます私から遠い世界になった。

そんなわけでナンシー関についてほとんど知識がなかったが、本書はひじょうに楽しめた。
ノンフィクションとして実に構成がよく、取材が行き届いていて、安定感が抜群なのである。
著者の横田さんの本は、これまでアマゾンとユニクロのルポをそれぞれ読んでいたが、どちらもタイムリーかつチャレンジングな取材でありつつ、
著者自身が話をどこに持っていこうとしているのかわからない頼りなさが引っかかり、ブログで紹介しようかどうしようか迷っているうちに時間が過ぎてしまった。

本書では前2作の欠点が完全に解消されたうえ、ナンシー関の版画とコラムを解説するというスタイルが恐ろしいほどに私のツボにはまってしまった。
嵐山光三郎の『文人悪食』(新潮文庫)の俳人・歌人の章や、関川夏央『現代短歌 そのこころみ』(集英社文庫)にも通じる味わいがある。
私にとってナンシー関の仕事はどうやら川柳に近いものだったということもわかった。

サブカル・芸能音痴の私だが、唯一よく知っているのはプロレス。
本書P.160に記されたナンシーによるプロレス技の訳語コラムは爆笑した。これはもう秀逸というしかない。
私もテレビや芸能界についてもう少し知っていれば、もっと笑えたのにと残念でならない。

関連記事

no image

祝&残念! タマキング酒飲み書店員大賞受賞!

宮田珠己ことタマキングが『東南アジア四次元日記』(文春+文庫)で、 第3回 酒飲み書店員大賞を受賞し

記事を読む

no image

何も知らない

NHK BSの「週刊ブックレビュー」の収録で赤坂のスタジオへ。 夏休み冒険特集とかで、冒険家の大場

記事を読む

no image

霊界探検隊

渡邉正裕・山中登志子ほか著『第2の江原を探せ!』(扶桑社)という本を 編集者のIさんにもらって読ん

記事を読む

no image

ゲバラと私はどこで道を違えたのか?

 映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」を見た。  若き日のチェ・ゲバラが友人と一緒に南米を旅する話

記事を読む

no image

ブータン旅より帰国

バンコク市内から幸か不幸かちゃんと空港へ行けてしまい、 本日帰国した。 タイ王朝が崩壊するかもしれ

記事を読む

no image

ブックストア談は凄い!

「異国トーキョー漂流記」を大売りだししているユニークな書店「ブックストア談・浜松町店」へ行き、御礼

記事を読む

no image

帰国&新刊「アスクル」

さっき帰国した。 これで年内は長期で出かけることはなく、おとなしくしていることと思う。 年明けには一

記事を読む

no image

愛と追憶の帰国

別にタイトルに深い意味はない。いつものように普通に帰国しただけである。 といっても、今回の旅は

記事を読む

no image

ソマリランド療法の勧め

なんとか取材の目処がつき、来週の8日(金)に東京に着く便を予約した。 ソマリ人は、私にとって、おそら

記事を読む

no image

日本はフライ級ミステリの宝庫?

独裁政権下の小説を読みつづけている。 最近はオレン・スタインハウアー『極限捜査』(文春文庫)を読ん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 実に面白い記事。私も視覚障害者の友人(アブだけど)と一緒にいると、ときどきこういうことが起きる。 https://t.co/w0Allu5S1q ReplyRetweetFavorite
    • RT : 東京・銀座にあった、木彫の猫たちの楽園。毛の質感や体の柔軟さまでが表現されていて、ちょっとびっくり。三重県北部いなべ市の古民家在住のアーティスト、はしもとみおさんの作品展。中央通りに面した田中貴金属本店6階ホールにて。 https://t.co… ReplyRetweetFavorite
    • らしいとか、女優が映画館で前の座席に足を投げ出して観ているんだけど、その足裏が汚いとか、ブラピが銃のホルスターに缶ビールを2本指して屋根のアンテナ修理をするシーンが意味もなくカッコイイとか、夢中で喋ってしまった。二人の結論→「タランティーノは天才」。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画監督の友人に電話し「ワンスアポンナタイムインハリウッド(略称ワンハリ)」話で盛り上がる。ブラピがなぜかブルース・リーをカンフーでぶちのめすとか、スティーブ・マックイーンでなくディカプリオが主人公を演じている「大脱走」のシーンとか、ブラピが犬にあげる缶詰がネズミやアライグマの肉 ReplyRetweetFavorite
    • 納豆で言えば、マイルドに熟成された感じ。 ReplyRetweetFavorite
    • 以前のタランティーノ作品特有のインパクトは薄くて、でもいつまでも観ていたいという温泉的気分だった。 ReplyRetweetFavorite
    • タランティーノ監督の新作「ワンスアポンナタイムインハリウッド」を観た。最初の感想は、ブラピカッコいい、ディカプリオおもろい。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年9月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑