*

犬連れ旅はつづく

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

 犬との旅を終え、やっと東京に戻ってきた。思えば、ずいぶんいろんな場所へ行った。

いわき市と南三陸を訪れたあとは、一転して高知の四万十へ。
岡山市で下り、岡山城の周辺で犬を歩かせた。
犬は石垣を熱心に嗅ぎ、歴史ロマンに目覚めたようだった。

四万十では熱帯アジアの川みたいなゆったりと流れる川のほとりを散歩したり、カヌーに犬を乗せてみたりした。
こちらでは農大探検部のヤマダ先輩宅にもお邪魔し、犬は先輩と一緒にカツオのタタキを食べながら、
篠原涼子主演のドラマに見入ったりした。
田舎の家はテレビの画面が異常にでかいので、うちのちっこい画面しか知らない犬には新鮮だったようだ。

東京に戻ってくると、いわき市で世話になっていた後輩ヤマダが上京してきて、そのままうちに泊まっている。
犬はヤマダになついており、大喜び。
「なんか、バンコクのゲストハウスにいるみたいっすねえ」とヤマダはのんびりと言い、私たちは朝からビールを飲みながら
まったり過ごしている。

犬連れの旅は最初は面倒くさいと思ったが、慣れると案外おもしろい。
飲食店に入れないとか泊まれる場所が限られるとか、あとうちの犬の場合、車や自転車などが怖いので、そういうものがないところで歩かさなければいけないなど、
いろいろと制限が多く、それがかえって面白かった。
犬がいなければ、わざわざラブホに泊まったり、岡山城を歩いたり、常に野外で昼飯を食ったりしなかったろう。

次回はぜひ、タイやミャンマーの辺境に犬連れで行ってみたい。

関連記事

no image

「未確認思考物隊」出演者

関西テレビ「未確認思考物隊」のプロデューサーと会い、 やっと共演する人たちの名前がわかった。 MC(

記事を読む

no image

超能力者の支配する世界

貴志祐介のSF巨編『新世界より』(上・下 講談社)を読む。 SFを読んだのは久しぶりだが、面白かっ

記事を読む

no image

本業

ここんところ、さっぱり本が読めなくなっていたのだが、 なぜか本棚にあった水道橋博士『本業』(文春文

記事を読む

no image

日本人はサッカーをビルマ人から学んだ

二週間前くらいだろうか、電車に乗っていたら突然、啓示が下りた。 「スローに生きよ」 そういう声が聞こ

記事を読む

no image

早大探検部バカ50周年記念

早稲田大学探検部が今年で創立50周年を迎える。 本当ならば、ライバル視していた(向こうは屁とも思って

記事を読む

no image

4月12日は土曜日

数日前、「緊急告知」として書いたTSUTAYA盛岡店のイベント。 4月12日(日)と書いてあった。

記事を読む

no image

本の雑誌年間ベスト10入り

担当編集者から連絡があり、「アジア新聞屋台村」が「本の雑誌2006年度ベスト10」の8位になったそう

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフ・インタビュー

最近、加速的に「エンタメ・ノンフィクション」の普及が進んでいる。 今度は、「図書新聞」でインタビュー

記事を読む

no image

本当の日本の辺境紀行

 角田光代『八日目の蝉』(中公文庫)はひじょうに面白い小説だったが、正直言って不倫だとか愛人の子をさ

記事を読む

no image

こういうときこそ日常

あいかわらず地震のニュースはひどい。 でもあまり悲惨な映像を見続けていると精神的に参ってしまうので

記事を読む

Comment

  1. みどり より:

    はじめまして。こんにちは。以前から高野さんの書かれた本がとても大好きで読ませていただいてます。海外など行ったことのない私を、秘境の地等々に連れて行って下さってありがとうございます^^ 今日初めてブログを拝見させていただいて高野さんがマドちゃんと高知に来られてたとの事… 高知県民の私。すごく嬉しくってコメント書かせていただきました(*^_^*) 家にも大好きな犬が居ます。そして、私の一番好きな食べ物が『鰹のタタキ』なんです♪♪高野さん、タタキ美味しかったですか!?マドちゃんとの旅が本になったら嬉しいです♪ 楽しみにしてます♪

    • 高野秀行 より:

      カツオのたたきは美味かったですね!!
      魚が新鮮なのはもちろん、生のタマネギ、ニンニク、ネギ(ワケギ?)、スダチと一緒に食べるのがたまらんかったです。
      来年もぜひ行きたいですね。

  2. みどり より:

    うぅぅっ『 鰹のたたき編』にも返信頂けてたんですねぇ…まさかでした…泣きそうです…嬉しくって(p_;)
    鰹も薬味もたまらんかったんですね。私の手柄でも何でもないのにこの嬉しさと言ったら(*^_^*)へへ。
    高野さんに高知をちょっとでも好きになっていただけてたら本当に幸せです!♪ また是非お越し下さいね!!
    もう今日は嬉しすぎてドキドキです。寝られるか心配です…。ありがとうございました!!
    次回のブログも楽しみにしてます♪♪

高野秀行 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • これはどう考えても文庫解説の域を超えた「暴走」。黒田さんにちょっと申し訳ない。 https://t.co/k9DRWYfN0c ReplyRetweetFavorite
    • やんちゃな高井先生は20歳も年上である山岸先生の発言に「屁理屈来たーー(笑)」とか「もう完全に逃げてるとしか思えない」などと全盛期のモハメド・アリ並の挑発を交えながら打ち合いを挑み、山岸先生も真正面から受けて立っている。こんな格闘技みたいな科学本があったとは。 ReplyRetweetFavorite
    • 山岸明彦・高井研著『対論! 生命誕生の謎』(インターナショナル新書)を読了。これはめっちゃ面白かった。生命がどこでどのように生まれたのかという超根本的な問題について、異なった意見の二人が真っ向からぶつかり合う。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【サイン本販売中】本の雑誌社WEBストアでは高野秀行さんや坪内祐三さん、平松洋子さんなどなど貴重なサイン本を販売しております。また本の雑誌社特製グッズや宮田珠己さんのオリジナルグッズも。もちろん本の雑誌最新号と大人気のおすすめ文庫王国202… ReplyRetweetFavorite
    • 図星だったでしょ。 https://t.co/t5eQSgxKKf ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」1月号が届いていた。恒例の2019年の総合&ジャンル別ベストテン。ランクインしたほとんどの本が未読であるのも驚きだが、中には買ったまま未読の本もあって二度びっくり。 ReplyRetweetFavorite
    • そして何とも嬉しいことにSWAは来年から本格始動するという。これほどの人気者&実力者が4人もよくぞ。来年はよい年になりそうだ。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑