*

犬連れ旅はつづく

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

 犬との旅を終え、やっと東京に戻ってきた。思えば、ずいぶんいろんな場所へ行った。

いわき市と南三陸を訪れたあとは、一転して高知の四万十へ。
岡山市で下り、岡山城の周辺で犬を歩かせた。
犬は石垣を熱心に嗅ぎ、歴史ロマンに目覚めたようだった。

四万十では熱帯アジアの川みたいなゆったりと流れる川のほとりを散歩したり、カヌーに犬を乗せてみたりした。
こちらでは農大探検部のヤマダ先輩宅にもお邪魔し、犬は先輩と一緒にカツオのタタキを食べながら、
篠原涼子主演のドラマに見入ったりした。
田舎の家はテレビの画面が異常にでかいので、うちのちっこい画面しか知らない犬には新鮮だったようだ。

東京に戻ってくると、いわき市で世話になっていた後輩ヤマダが上京してきて、そのままうちに泊まっている。
犬はヤマダになついており、大喜び。
「なんか、バンコクのゲストハウスにいるみたいっすねえ」とヤマダはのんびりと言い、私たちは朝からビールを飲みながら
まったり過ごしている。

犬連れの旅は最初は面倒くさいと思ったが、慣れると案外おもしろい。
飲食店に入れないとか泊まれる場所が限られるとか、あとうちの犬の場合、車や自転車などが怖いので、そういうものがないところで歩かさなければいけないなど、
いろいろと制限が多く、それがかえって面白かった。
犬がいなければ、わざわざラブホに泊まったり、岡山城を歩いたり、常に野外で昼飯を食ったりしなかったろう。

次回はぜひ、タイやミャンマーの辺境に犬連れで行ってみたい。

関連記事

『バウルを探して』が新田次郎文学賞を受賞!!

川内有緒『バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌』(幻冬舎)が 第33回新田次郎文学賞を受

記事を読む

no image

バングラ飲酒紀行

年末の締切りが一段落した。 問題の「生き方本」のほか、 Gダイアリー掲載の「ソマリランド2」、それに

記事を読む

ドンガラさん、15年ぶりの緊急来日

私がかつて翻訳したコンゴ文学の名作『世界が生まれた朝に』(小学館、絶版)。 その著者であるエマ

記事を読む

no image

ここにも藤岡弘探検隊のファンが…

ひょんなことから、作家の古処誠二(こどころ・せいじ)と飯を食った。 つい最近まで私は古処さんのこと

記事を読む

no image

タマキングの気づかい

三省堂神保町本店で宮田珠己ことタマキングとトークショーを行う。 驚いたのはタマキングが「Tシャツを2

記事を読む

no image

おすすめ文庫王国2010

この前のエンタメノンフ忘年会で杉江さんに「おすすめ文庫王国2010」をいただいたので それを読んで

記事を読む

no image

放っておいても明日は来る

「暑さに負けつつ本を売ろうと思い立った」という謎のメールが杉江さんから来た。 web本の雑誌で『放

記事を読む

no image

踊るダルビッシュの謎

斉藤祐樹が日本ハムに入団したため、以前にも増してダルビッシュ有のニュースが多い。 で、思い出したの

記事を読む

no image

「未確認思考物隊」終了

関西テレビ「未確認思考物隊」の収録が終了した。 深夜枠で裏番組に強力なライバル番組があるわりには ま

記事を読む

no image

なぜか妻が…

なぜか妻がブータンへ行ってしまった。 今までブータンなど話題にもしたことがなかったのに、五月のある日

記事を読む

Comment

  1. みどり より:

    はじめまして。こんにちは。以前から高野さんの書かれた本がとても大好きで読ませていただいてます。海外など行ったことのない私を、秘境の地等々に連れて行って下さってありがとうございます^^ 今日初めてブログを拝見させていただいて高野さんがマドちゃんと高知に来られてたとの事… 高知県民の私。すごく嬉しくってコメント書かせていただきました(*^_^*) 家にも大好きな犬が居ます。そして、私の一番好きな食べ物が『鰹のタタキ』なんです♪♪高野さん、タタキ美味しかったですか!?マドちゃんとの旅が本になったら嬉しいです♪ 楽しみにしてます♪

    • 高野秀行 より:

      カツオのたたきは美味かったですね!!
      魚が新鮮なのはもちろん、生のタマネギ、ニンニク、ネギ(ワケギ?)、スダチと一緒に食べるのがたまらんかったです。
      来年もぜひ行きたいですね。

  2. みどり より:

    うぅぅっ『 鰹のたたき編』にも返信頂けてたんですねぇ…まさかでした…泣きそうです…嬉しくって(p_;)
    鰹も薬味もたまらんかったんですね。私の手柄でも何でもないのにこの嬉しさと言ったら(*^_^*)へへ。
    高野さんに高知をちょっとでも好きになっていただけてたら本当に幸せです!♪ また是非お越し下さいね!!
    もう今日は嬉しすぎてドキドキです。寝られるか心配です…。ありがとうございました!!
    次回のブログも楽しみにしてます♪♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑