*

犬連れ旅はつづく

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

 犬との旅を終え、やっと東京に戻ってきた。思えば、ずいぶんいろんな場所へ行った。

いわき市と南三陸を訪れたあとは、一転して高知の四万十へ。
岡山市で下り、岡山城の周辺で犬を歩かせた。
犬は石垣を熱心に嗅ぎ、歴史ロマンに目覚めたようだった。

四万十では熱帯アジアの川みたいなゆったりと流れる川のほとりを散歩したり、カヌーに犬を乗せてみたりした。
こちらでは農大探検部のヤマダ先輩宅にもお邪魔し、犬は先輩と一緒にカツオのタタキを食べながら、
篠原涼子主演のドラマに見入ったりした。
田舎の家はテレビの画面が異常にでかいので、うちのちっこい画面しか知らない犬には新鮮だったようだ。

東京に戻ってくると、いわき市で世話になっていた後輩ヤマダが上京してきて、そのままうちに泊まっている。
犬はヤマダになついており、大喜び。
「なんか、バンコクのゲストハウスにいるみたいっすねえ」とヤマダはのんびりと言い、私たちは朝からビールを飲みながら
まったり過ごしている。

犬連れの旅は最初は面倒くさいと思ったが、慣れると案外おもしろい。
飲食店に入れないとか泊まれる場所が限られるとか、あとうちの犬の場合、車や自転車などが怖いので、そういうものがないところで歩かさなければいけないなど、
いろいろと制限が多く、それがかえって面白かった。
犬がいなければ、わざわざラブホに泊まったり、岡山城を歩いたり、常に野外で昼飯を食ったりしなかったろう。

次回はぜひ、タイやミャンマーの辺境に犬連れで行ってみたい。

関連記事

本の雑誌はみんなの実家なのか

ツイッターでつぶやいたので重複するようだが、昨日久しぶりに本の雑誌を読んだ。  いつも買おうと思い

記事を読む

no image

爆笑ムエタイ武者修行

上智大学の講義、第4回のゲストは 元女子ムエタイボクサーで現在はムエタイエクササイズのインストラクタ

記事を読む

no image

イタリア人曰く「日本人がアジア人だと思うとき」

大ヒットしている漫画『テルマエ・ロマエ』の作者であるヤマザキマリのエッセイ『望遠ニッポン見聞録』(

記事を読む

no image

紀伊國屋書店新宿南口店にてもう一つのトークイベント

渋谷の丸善&ジュンク堂書店でのトークイベントはもう定員に達したようです。 それに行けない方にお知ら

記事を読む

no image

読書がすすむ

最近ずっと、あまり実にならない取材が続いている。 西へ東へうろうろしているが成果はこれといって、な

記事を読む

no image

死んでも「生きるハードボイルド」

肝心の陳会長の話をしていなかった。 私はトリオ・ザ・パンチもイカ天も見たことがなく、したがって内藤陳

記事を読む

no image

イスラム飲酒講演会

昨日は講演が2つ連チャンであった。 一つは午後、小田急線の鶴川にある和光大学。 主にフィリピンや在日

記事を読む

no image

無許可チムスルウォンとは何か

『腰痛探検家』の韓国語版(パク・スンヒ訳、Bookie出版)が刊行されたらしい。 韓国で本を読

記事を読む

no image

イギリスにもタマキングがいた!

書くのがだいぶ遅くなったが、今年最初に読んだ本は早くも今年最高の本になる可能性がある。 ダグラス・

記事を読む

no image

草食系夫にも推薦

メディアファクトリーという出版社の編集者より、 森岡正博『草食系男子の恋愛学』という本が送られてき

記事を読む

Comment

  1. みどり より:

    はじめまして。こんにちは。以前から高野さんの書かれた本がとても大好きで読ませていただいてます。海外など行ったことのない私を、秘境の地等々に連れて行って下さってありがとうございます^^ 今日初めてブログを拝見させていただいて高野さんがマドちゃんと高知に来られてたとの事… 高知県民の私。すごく嬉しくってコメント書かせていただきました(*^_^*) 家にも大好きな犬が居ます。そして、私の一番好きな食べ物が『鰹のタタキ』なんです♪♪高野さん、タタキ美味しかったですか!?マドちゃんとの旅が本になったら嬉しいです♪ 楽しみにしてます♪

    • 高野秀行 より:

      カツオのたたきは美味かったですね!!
      魚が新鮮なのはもちろん、生のタマネギ、ニンニク、ネギ(ワケギ?)、スダチと一緒に食べるのがたまらんかったです。
      来年もぜひ行きたいですね。

  2. みどり より:

    うぅぅっ『 鰹のたたき編』にも返信頂けてたんですねぇ…まさかでした…泣きそうです…嬉しくって(p_;)
    鰹も薬味もたまらんかったんですね。私の手柄でも何でもないのにこの嬉しさと言ったら(*^_^*)へへ。
    高野さんに高知をちょっとでも好きになっていただけてたら本当に幸せです!♪ また是非お越し下さいね!!
    もう今日は嬉しすぎてドキドキです。寝られるか心配です…。ありがとうございました!!
    次回のブログも楽しみにしてます♪♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • あ、ほんとだ!1988年でした。今までずっと1989年だと思ってた。今年は31周年か。ご指摘ありがとうございます! https://t.co/XA5LqpJZgK ReplyRetweetFavorite
    • いえ、当時から私は事務が全くできず、優秀な後輩たちにやってもらってました。今、彼らが秘書兼マネージャーをやってくれたら、言うことなしなんですが。 https://t.co/JqLR159NYS ReplyRetweetFavorite
    • 実は1989年12月に最初の本『幻の怪獣ムベンベを追え』(後に文庫化されて『幻獣ムベンベを追え』)を刊行した。そしてちょうど30周年記念に「幻のバオバブ納豆を追え」を発表するわけで、この変化のなさには我ながら驚く。 ReplyRetweetFavorite
    • 「幻のバオバブ納豆を追え!」という講演をやります。他の参加者はみな研究者だというのに、私だけこんなタイトル。 https://t.co/x4X419MboR ReplyRetweetFavorite
    • しかし、よく考えてみたら、秘書というのはAIと同じで、こちらが取材内容や取材相手、取材日程を決めなければ、何も動いてくれない。そしてそういうことを考えるのがひじょうに面倒くさいわけだ。それとも優秀な秘書はそこまでやってくれるんだろうか。 ReplyRetweetFavorite
    • 12月から2月にかけての海外・国内旅行の段取りを始めたが、早くも挫折しかけて頭の中は「秘書がほしい!」の声がグルグル。ますます段取りが進まない。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さん@daruma1021 の『間違う力』、読んでいて何度も爆笑。 研究者と辺境探検家には共通することも多く、今日も間違おうと心に決めるのであった。 巻末の「とにかくやる」の信条が刺さる。 上田次郎「なぜ君はベストを尽くさないの… ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑