*

書店泥酔野宿

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

土曜の午後4時過ぎ、ちょっと用事があって、近所の友人宅に行ったところ、
ビールを出してもらい、すぐ帰るはずが妙に気分がよくなってしまい、
気づいたら4人でビール4本、ワイン2本を空けていた。
それから書店野宿のため、西武新宿線中井駅前の伊野尾書店に向かったのだが、
山手線が30分近く止まってしまい、待っている間にワンカップ大関を買って
さらに飲み、
かとうちあきさんとのトークイベントが始まる頃(9時近く)には完全にへべれけだった。
参加者の人によれば、私は同じ話を2回繰り返したりしていたという。
よく憶えてないのだが、かとうちあきさんもさぞかし困っていたことだろう。
でも彼女は心優しい人で、私がワンカップを飲み終えるのを見ると、八丈島の焼酎をどぼどぼ注いでくれ、状況悪化に拍車をかけていた。
トークとサイン会が終わったあとは、書店前で午前1時過ぎまで酒盛り。
もう誰と何をしゃべったのか全く記憶にない。
13時間飲みっぱなしだから当然だ。
ただ、書店主の伊野尾さんが警官や近所の人や通りがかりの人に怒られたり、怒鳴られたり、頭を下げたりしているのだけはっきり憶えている。
翌朝目を覚ますと、書店前にはまぐろのような寝袋の一群がごろごろ転がっており、
その中をふらふらと伊野尾さんが歩いていた。
「結局、このイベント、誰の得になったんですかね…」
精気の抜けきった顔で伊野尾さんがつぶやく。
まあ、楽しかったけど、「得」にはなってないよなあ…。
伊野尾さんにいたっては得しないどころか、苦労だけだったのではあるまいか。
だって、他の人は非日常を楽しんだけど、伊野尾さんはそこに住んでいて
酔っ払いの引き起こす揉め事を全部引き受けなければいけなかったのだから。
いや、ほんと、お疲れ様でした。
今度一緒にプロレスを見に行きましょう。

関連記事

no image

謎の音楽家or神秘思想の徒バウル

ソマリランド本の仕事から解放されてからは、本が思うように読めてとても嬉しい。 先週も面白い本を

記事を読む

no image

完全なる無駄

お盆休みとオリンピックが重なり、 区民プールが昼間でも夜でも おもしろいぐらい空いている。 いつまで

記事を読む

no image

多忙で読書が進む

テレビの仕事は別に辛くないが拘束時間の長さが問題だ。 一方で移動時間と待ち時間が異様に長いので 皮肉

記事を読む

no image

アマゾンの謎

 「極楽タイ暮らし」が手元になくなってしまった。  この本は一般書店では入手しにくいので、ネット書

記事を読む

no image

孤高の伝道者・大槻ケンヂ

 昨年暮れ、つまり10日あまり前にアップされた音楽関係サイトで、大槻ケンヂのインタビューが載っている

記事を読む

no image

未確認思考物隊の新テーマ

保江邦夫『武道VS物理学』(講談社α新書)はあまりに凄い本だった。 癌を患ったひょろひょろの世界的

記事を読む

no image

パリジャンは味オンチ

最近フランス料理店の取材をしていたので、ミツコ・ザハー『パリジャンは味オンチ』(小学館101新書)

記事を読む

no image

泣けるような話

今週、出演するJ=WAVEの番組の打合せで、 構成作家の人に「何か外国でちょっと泣けるようないい話は

記事を読む

no image

ハルキ風異国トーキョー

『異国トーキョー漂流記』(集英社文庫)の表紙を変えることになった。 あ、いや、何か問題があったわけじ

記事を読む

雷王は誰だ!?

昔、コロンビア・アマゾンの町でばったり出会った鬼才ドラマー・のなか悟空さんが主催する D-1ド

記事を読む

Comment

  1. KOW より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB0.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    次の日の予定があったので先に帰りましたが
    (まあ、後楽園ホールへ昼夜連続でプロレス観に行くだけでしたが)
    本当に凄いノリでしたよね。
    次回は…あるんですかねえ。

  2. wsary より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.1; en-US) AppleWebKit/534.3 (KHTML, like Gecko) Chrome/6.0.472.63 Safari/534.3
    わたしも泥酔した高野さんと野宿したかったなあ(笑。ゆっくり休んでください。

  3. KOW より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB0.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    オススメなのは10月29日に新宿FACEでやる
    IWA JAPANの興行ですね。
    高野さんの好きなNOAHいやHONAが、UMA軍団と戦うという
    なんともいえないカードです。
    http://iwajapan.com/main.html
    http://beye2.com/item_26407.html

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年2月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
PAGE TOP ↑