*

『虐殺器官』の衝撃

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


つい先週、『天地明察』(角川書店)を読み、「今年日本の小説でこれ以上のものは読まないだろう」と思ったのだが、これ「以上」かどうかわからないが、「これに匹敵」する小説を読んでしまった。
伊藤計劃『虐殺器官』(ハヤカワ文庫)。
『天地明察』を読むと「やるぞ!」とむやみに熱い気持ちになるが、
『虐殺器官』は「では、これはこういうことか?」「いや、ここはちがうのでは?」と
むやみに考えたくなる。
急性知的症候群に襲われ、知恵熱が出そうである。
そうそう、本ではないが、今月号の小説すばる「ノンフィクション集中連載・電子書籍キンドルが壊すもの創るもの」も凄かった。
いよいよ日本の読書界では黒船による大激変がはじまるようだ。
それを知るには古いスタイルのこの文芸誌を読まねばならないというのが皮肉だが、
出版関係者・書籍愛好家は必読である。
そんなこんなで、明日からしばらく「大人の遠足」。
帰るのは3月1日です。

関連記事

no image

シンプルノットローファー

この前読んだ衿沢世衣子『ちづかマップ』が面白かったので、 ひきつづき同じ著者の『シンプルノットロー

記事を読む

no image

上流階級の腐敗っぷりはアジアン・ミステリの十八番か

 アジアン・ミステリ読書週間第2弾!というわけではないけど、たまたま今度はタイのミステリを読んでし

記事を読む

no image

のぐそ界のイチロー

日曜日、キノコ写真の第一人者にして、野糞の達人である伊沢正名さんと西荻でお会いする。 伊沢

記事を読む

no image

南米の超古代文明!?

日本唯一、世界でも二人しかいない「カーニバル評論家」で、 『カーニバルの誘惑−−ラテンアメリカ祝祭

記事を読む

no image

うう、気持ちわるいのに…

土曜日は、「アスクル」仲間の二村さん(ゾウに追いかけられている人)と 金澤さん(道場破りでリクルー

記事を読む

内側から見た「やくざ」

最近イースト・プレスの本が面白い。 まあ、知り合いの編集者が増えて新刊を送ってきてくれるせいも

記事を読む

no image

伝説の野人

4日に放映されたテレビチャンピオン「無人島王決戦」という番組にに、 早大探検部OBの二名(ふたな)良

記事を読む

no image

そんなときはワッツラヴ

昨日は愚痴めいたことを書いてしまった。 すこし反省している。 ま、気分が落ち込んだときはワッツラヴ

記事を読む

no image

メモリークエスト締切り間近!

最近すっかりブログでの案内を忘れていたが、 web幻冬舎で連載中の企画「メモリークエスト」は まだ依

記事を読む

no image

ここでは不審者

セイシェルはなにしろ高級リゾート地だから、カップルと家族連れしかいない。 一人旅の日本人なんて存在が

記事を読む

Comment

  1. NEGI より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; InfoPath.1; InfoPath.2; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    こんにちは。伊藤計劃さんの遺作長編『ハーモニー』も素晴らしいので是非。行ってらっしゃいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「パキスタン山岳地帯でバスが岩に衝突し転落、23人死亡」というニュース。実は3年前、私はほとんど同じ場所で、雇った車で移動中、飛び出してきた子供をよけて、崖下へ車ごと転落した。が、たまたま崖が2メートルの高さしかなく、命拾いをした。https://t.co/eSIR0Ium4r ReplyRetweetFavorite
    • ソマリア産のイカ、実に美味かった。ソマリア沖はもともと良い漁場だが、長らく海賊の出没するエリアで漁業ができなかったため、皮肉にも海産資源が世界の他のどの海域よりも守られていたとされている。今「最後の海の秘境」が市場に開かれていくところなのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • 難しい質問。まず、これがどこで取れたかわからない。ソマリランドならそもそも海賊いないし。それから今、海賊がどのくらい活動しているのか。もう、あまりいないんじゃないかな。あとは、漁船が武装しているか、海賊か地元の氏族にショバ代を払って操業しているのかも。 ReplyRetweetFavorite
    • この「ソマリア共和国」の紋甲イカ、一体どこから来たのか? プントランド沖でもソマリランド沖でも表示は「ソマリア」になるからなあ。 ReplyRetweetFavorite
    • 近所のスーパーでなんとソマリア産のイカを発見! ソマリの物産を日本で見たのは初めてだ。思わず買ってしまった。 https://t.co/9gGbTBRD3j ReplyRetweetFavorite
    • 失礼しました。奥田英朗さんのデビュー作は『ウランバーナの森』でしたね。『最悪』は出世作でしょうか。 ReplyRetweetFavorite
    • 一日中、外で取材やら何やら。移動と待ちが長かったため、長編小説が読めた。奥田英朗著『罪の轍』(新潮社)。いやあ、奥田さんのデビュー作にして名作『最悪』を思い出してしまった。こんなに興奮して小説のページをめくったのは久しぶり。仕事で読書を中断するのにちょっとむかついたほど。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年9月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑