*

私の名は「ヒダヤットゥラー高野」

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

昨日のカロメに続き、連日のサプライズである。
 数日前、在日外国人関係の取材で、在日パキスタン協会の会長という人のお宅を訪ねた。
 すごく忙しそうな人だったので(前日はドタキャンされたし)、ご機嫌をとるつもりで、「アッサラーム・アライクム」とイスラム式の挨拶をした。
 さらに「アッラーのほかに神はなし。ムハンマドは神の使途なり」と唱えてみた。
 
頭にハッジ(メッカ巡礼経験がある人)を示す白い帽子をかぶり、長くて白い顎鬚をたくわえた会長はたいへん喜び、流暢な日本語で「あなたはムスリムですか?」ときいた。
「いいえ、ちがいます」と答えたが、会長は聞いていないようで、
「あなたのイスラムの名前は何ですか?」
「いえ、そういうのはありません。私はムスリムじゃないので…」
 すると、会長は「じゃあ、私があなたにイスラムの名前をつけてあげましょう」といった。
 会長は私の名刺を見ながら、「いい名前が浮かびました」と確信に満ちた顔で答えた。 そして会長がひねりだしたのが「ヒダヤットゥラー」だった。
 聞いたことのないイスラム名だが、「神のお導き」を意味するという。
 私の下の名前がヒデユキだから、それに似たものをわざわざ考えてくれたらしい。
「今日からあなたはムスリムです」と会長は私の肩を叩いて微笑んだ。
 それから約一時間、会長は(どうも日本の全ムスリムをこの人が束ねているらしい)私にとうとうとイスラムの教えを説いた。
 それからようやく本題の在日ムスリムの取材に入り、それが終わってからまたコーランを広げて講義が再開、結局、多忙の会長のお宅を出たのは三時間後だった。
「また会いましょう、ヒダヤットゥラー!」と会長は言った。
 その日はそのまま、知り合いの女性編集者2名と夜中の二時まで飲んでしまった。
 いきなり、ムスリム大失格である。会長が知ったらたいへんなことになる。
 といっても、冷静に考えれば、私はムスリムでもなんでもないのだが。
そして、今日、日曜の朝っぱらから電話がなり、ファックスが流れてきた。
 英語で書かれた結婚式の招待状だった。
 会長の長男が来週、結婚式をあげるので来てほしいとのことだ。
 数日前、一度会っただけなのに、どうして?
 それとも、日本にいるムスリム全員を招待してるのか?
 ていうか、何回も言うが、私はムスリムじゃないんだが…。
 (と、ヒダヤットゥラー高野は思った)。

関連記事

no image

就職するならNACK5

昨日(木曜日)、さいたま市を本拠地とするFM局NACK5の番組「セイタロウとケイザブロウのおとこラジ

記事を読む

no image

Iran no kiken

Iran no Tehran,Esfahan to mawari, ima wa K

記事を読む

no image

「少しよろしいですか」

打ち合わせがあったのだが、電車に乗ってから肝心の原稿を忘れたことに気づき、 愕然としていったん帰宅。

記事を読む

no image

釣りに失敗する

本の雑誌の杉江さんに新宿で会ったので、昨日思いついたばかりの「儲け話」をもちかけてみた。 すると、彼

記事を読む

no image

名人級

 吉祥寺に出たついでに本屋にぶらっと立ち寄り、なんとなく大槻ケンヂの新刊『綿いっぱいの愛を!』(角

記事を読む

no image

「いちおう民主国家」ミステリ

今さらだが、伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』を読んだ。 独裁国家でのミステリ読書週間の番外編だ。

記事を読む

no image

ペルシア猫を誰も知らない

イランのクルド人監督バフマン・ゴバディの『ペルシア猫を誰も知らない』を渋谷ユーロスペースで見た。

記事を読む

2014年に読んだ本ベストテン

新年あけましておめでとうございます。 昨年はほんとうに忙しかった。というか、その慢性多忙状態は

記事を読む

no image

世界の巨乳に夢を見ろ?!

   珍しく午前中に家を出て、東西線で移動中、突然便意を催した。  九段下の駅の便所に駆け込んだとこ

記事を読む

no image

なぜ小説を書かないのか?

早大探検部OB会<特別ホラー篇>みたいな催しがあり、 「もっと若手がほしい」とのことで40歳の私も召

記事を読む

Comment

  1. 大切な友人との再会、イスラムの食規律

    今晩大切な友人と5年ぶりに再会を果たしました。ロンドン滞在時に仲良くしていた友人です。挨拶しただけで会ってない時間をすぐに取り戻すことが出来ました。大切な友人の初来日と言うことで私の親友の彼の彼女が全国の日本の名所に連れて行ってくれてます。彼の口から発せ

  2. momo より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1) Opera 7.53 [ja]
    始めまして。イスラームでは、信仰告白(アッラーのほかに・・・というあれです)をするだけで信徒になれるんだった気がします(^^;)適当すぎないか?と思ったりしますが・・。会長さんは誤解しちゃったんでしょうね・・(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 【高野秀行オンラインイベント「辺境チャンネル」開催まであと3日】  今回のテーマは話題の新作『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)です。高野さんは納豆にどんな未知を感じ、アフリカまで向かったのか。そこで何を見つけたのか?見逃し視聴付きチ… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)読了。前作『謎のアジア納豆』と対になる、世界中の「納豆」を体当り取材で追ったノンフィクション。前作では、納豆が日本独特の食べ物であるという思い込みを払拭し、ミャンマーやブータンでも納豆菌で豆を発酵させた… ReplyRetweetFavorite
    • 昨日突然びっくりするような本の原稿が送られてきた。今読み始めたけど、えらく面白い。こんな本があるんだなー。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【高野秀行辺境チャンネル開催まであと4日】 ゲスト出演に向けてリハーサル。もちろんゲストは『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)でまさかの再会を果たし、大活躍した高野さんの幼なじみ健ちゃんです!納豆探査の話から高野さんの少年時代の話まで… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 八重洲ブックセンターのキャンペーンで高野秀行さんがピックアップしてくれた作品に俺の著書が入ってるうううう!!!! 俺にとってはガチで驚天動地でして、っていうのは高野さんの大ファンで全作品読んでるんですよ。本気で嬉しいマジで嬉しいこれからも仕事がんばります… ReplyRetweetFavorite
    • 角幡に「文化探検」と言ってもらえたよ。嬉しい。探検部だからね。 https://t.co/3xKTnZM81B ReplyRetweetFavorite
    • 日本の農耕は大豆栽培から始まった。でもなぜ大豆だったのか? 本作では人類史上のミステリーに迫っています。 https://t.co/xOoA24H6VY ReplyRetweetFavorite
  • 2020年10月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑