*

私の名は「ヒダヤットゥラー高野」

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

昨日のカロメに続き、連日のサプライズである。
 数日前、在日外国人関係の取材で、在日パキスタン協会の会長という人のお宅を訪ねた。
 すごく忙しそうな人だったので(前日はドタキャンされたし)、ご機嫌をとるつもりで、「アッサラーム・アライクム」とイスラム式の挨拶をした。
 さらに「アッラーのほかに神はなし。ムハンマドは神の使途なり」と唱えてみた。
 
頭にハッジ(メッカ巡礼経験がある人)を示す白い帽子をかぶり、長くて白い顎鬚をたくわえた会長はたいへん喜び、流暢な日本語で「あなたはムスリムですか?」ときいた。
「いいえ、ちがいます」と答えたが、会長は聞いていないようで、
「あなたのイスラムの名前は何ですか?」
「いえ、そういうのはありません。私はムスリムじゃないので…」
 すると、会長は「じゃあ、私があなたにイスラムの名前をつけてあげましょう」といった。
 会長は私の名刺を見ながら、「いい名前が浮かびました」と確信に満ちた顔で答えた。 そして会長がひねりだしたのが「ヒダヤットゥラー」だった。
 聞いたことのないイスラム名だが、「神のお導き」を意味するという。
 私の下の名前がヒデユキだから、それに似たものをわざわざ考えてくれたらしい。
「今日からあなたはムスリムです」と会長は私の肩を叩いて微笑んだ。
 それから約一時間、会長は(どうも日本の全ムスリムをこの人が束ねているらしい)私にとうとうとイスラムの教えを説いた。
 それからようやく本題の在日ムスリムの取材に入り、それが終わってからまたコーランを広げて講義が再開、結局、多忙の会長のお宅を出たのは三時間後だった。
「また会いましょう、ヒダヤットゥラー!」と会長は言った。
 その日はそのまま、知り合いの女性編集者2名と夜中の二時まで飲んでしまった。
 いきなり、ムスリム大失格である。会長が知ったらたいへんなことになる。
 といっても、冷静に考えれば、私はムスリムでもなんでもないのだが。
そして、今日、日曜の朝っぱらから電話がなり、ファックスが流れてきた。
 英語で書かれた結婚式の招待状だった。
 会長の長男が来週、結婚式をあげるので来てほしいとのことだ。
 数日前、一度会っただけなのに、どうして?
 それとも、日本にいるムスリム全員を招待してるのか?
 ていうか、何回も言うが、私はムスリムじゃないんだが…。
 (と、ヒダヤットゥラー高野は思った)。

関連記事

no image

西南シルクロード文庫あとがき

いよいよ、あの『西南シルクロードは密林に消える』が講談社から文庫化される。 校正ゲラを読み返したが、

記事を読む

連投初戦で同志発見?!

先週の木曜日から月曜(昨日)まで、5日間で4回の飲み会。 しかもほぼ全てが深酒。 まるで昔の稲尾

記事を読む

帰国。今回の無念について

昨夜、ソマリランド取材から帰国した。 今回の取材の目的は2つ。 一つは5月から連載を開始

記事を読む

no image

両国の暴走特急相撲

金曜日。午前中は六本木ヒルズに行き、J-WAVEの番組を収録。 web本の雑誌BOOKSTANDなる

記事を読む

no image

総選挙近し!!

ようやく来月、総選挙が実施されそうだ。 もっと早くやるべきだったのを与党が自分の都合で引き伸ばしてき

記事を読む

no image

加点法の偉大なる記録

最近私が島田荘司を強力に勧めたため、友人の二村さんが読んでみたらしい。 で、答えは「島田荘司は減点

記事を読む

no image

ちづかマップ

ふとしたきっかけで、衿沢世衣子の「ちづかマップ」(太田出版)というマンガを読む。 昔の知り合いだが

記事を読む

no image

昔の縁

仕事というより雑事に追われて ブログを書く時間もなかなかとれない日々が続いている。 昨日は稲城市で上

記事を読む

no image

マイブームじゃなかった…

依然としてマイ・ブームとして続いている「自閉症モノ」、 3冊目に読んだやはり泉流星の『僕の妻はエイリ

記事を読む

no image

新企画持ち込みについて<関係者各位>

以前より私のところにはあちこちの出版社やテレビ制作会社・テレビ局より企画が持ち込まれているが、今年に

記事を読む

Comment

  1. 大切な友人との再会、イスラムの食規律

    今晩大切な友人と5年ぶりに再会を果たしました。ロンドン滞在時に仲良くしていた友人です。挨拶しただけで会ってない時間をすぐに取り戻すことが出来ました。大切な友人の初来日と言うことで私の親友の彼の彼女が全国の日本の名所に連れて行ってくれてます。彼の口から発せ

  2. momo より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1) Opera 7.53 [ja]
    始めまして。イスラームでは、信仰告白(アッラーのほかに・・・というあれです)をするだけで信徒になれるんだった気がします(^^;)適当すぎないか?と思ったりしますが・・。会長さんは誤解しちゃったんでしょうね・・(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • 橋本幸士先生の『超ひも理論をパパに習ってみた』(講談社)がとても面白かったので、大栗博司著『大栗先生の超弦理論入門』(講談社ブルーバックス)にも手を出してみた。『超ひも〜』も大半がわからなかったが、こちらはほとんどわかなかった。だけど無類の面白さ。って、どういうことなんだろう? ReplyRetweetFavorite
    • 今なら宮田さんの小説に適切なアドバイスができますよ。 https://t.co/Ny6Wde0yPM ReplyRetweetFavorite
    • 本書によれば、「自分は普通以下のアホ」であり、「人生は楽しくないもの」と認識することによって断酒が可能になるという。断酒するつもりはないけど、こう考えるのは悪くないかも。 ReplyRetweetFavorite
    • 町田康著「しらふで生きる」(幻冬舎)が面白い!と噂に聞いたので読んでみた。久しぶりの町田節を堪能。30年間大酒を毎日飲み続けた町田さんがなんと断酒したという話だが、なんと酒云々を超えて「幸福論」になっている! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 何度も言いますが、高野秀行さんの本は本当に死ぬほど面白いので皆さん読んでください。 「アヘン王国潜入記」は流石に皆さん全員読んだと思うので、次は「西南シルクロードは密林に消える」を読んでください。58件のレビューで星5の作品です。 https:… ReplyRetweetFavorite
    • リプ、ありがとうございます。そうですね、今のところ、その2件だけです。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑