*

決起集会よりも

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

月曜日、幻冬舎の編集者2名と『メモリークエスト』決起集会。
もう原稿は完成しており、クオリティの高さは私の折り紙つきだから
あとは本にして売るだけ。
「死ぬ気で売ろう!」「おー!」と盛り上がったが、
なぜかそのあと、編集者の一人が飲み屋でホーミーをやりだした。
喉を震わせてオクターブちがう音を二つ同時に出すモンゴルの発声法だ。
ギヨ〜ンギヨ〜ンという異様な音が店内にひびき、
思わず引き込まれてしまった。
翌朝、決起集会のことはよく憶えてないのに、ホーミーの音だけは鮮烈で
私も習ってみたいと思ったのだった。
※『メモリークエスト』は3月15日ごろに見本ができる予定なので、
マスコミ関係でご興味がある方は幻冬舎にお問い合わせください。
ちなみに発売は4月10日を予定しています。

関連記事

no image

ツチノコ!?の正体

昨日の画像はコメントしてくれた方の指摘どおり、フォトショップで加工がされていた。 もともとの画像は

記事を読む

no image

ツチノコ発見!?

ツチノコにそっくりのヘビを発見した!と知人から画像が送られてきた。 発見したままの姿で、もちろんフ

記事を読む

no image

趣味がほしい

毎年のように新年になると「趣味がほしい」と思う。 そう切実に願う理由は二つある。 昔、私の趣

記事を読む

no image

アラジンは中国人だった!?

旅のトリビア「たびとり」はまったく反響がなかったが、懲りずに最近驚いたことを一つ。 山田和『インド

記事を読む

no image

イトコの息子と探検部の後輩

盲目のスーダン人・アブディンの親しい友だちで 外語大のアラビア語学科在籍中にスーダンへ一年間留学した

記事を読む

高野本の未知なる領域

ここ最近最も驚くべき、かつ(それが本当なら)実に嬉しいことがあった。 大竹まことのゴールデンラ

記事を読む

no image

『謎の独立国家ソマリランド』PVはこちらで

昨日、朝日新聞の書評欄で『謎の独立国家ソマリランド』(本の雑誌社)が取り上げられた。 しかも、なん

記事を読む

no image

ポプラ社で「ムベンベ」キャンペーン?!

ポプラ社の文芸ウェブサイト「ポプラビーチ」の日替わり表紙写真(「本のある風景」)が6月29日、「ムベ

記事を読む

no image

加点法の傑作「ジェノサイド」

ソマリ旅行中、なにしろ一人だけで話し相手もいないから、 iPhoneでツイッターをよく見ていた。

記事を読む

no image

新年あけましておめでとうございます

昨年の出版界は、一般社会に輪をかけた未曾有の大不況だったようである。 その影響は直接間接に私のところ

記事を読む

Comment

  1. 天野 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    本題とは全然関係のないことですけれど、
    紀伊国屋BookWebのトップページの「文庫新刊」欄に、
    「シワ」が筆頭掲載されています。
    もう3日くらい筆頭掲載状態が続いています。
    高野さんは書店員に(も)人気が高いのですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑