*

決起集会よりも

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

月曜日、幻冬舎の編集者2名と『メモリークエスト』決起集会。
もう原稿は完成しており、クオリティの高さは私の折り紙つきだから
あとは本にして売るだけ。
「死ぬ気で売ろう!」「おー!」と盛り上がったが、
なぜかそのあと、編集者の一人が飲み屋でホーミーをやりだした。
喉を震わせてオクターブちがう音を二つ同時に出すモンゴルの発声法だ。
ギヨ〜ンギヨ〜ンという異様な音が店内にひびき、
思わず引き込まれてしまった。
翌朝、決起集会のことはよく憶えてないのに、ホーミーの音だけは鮮烈で
私も習ってみたいと思ったのだった。
※『メモリークエスト』は3月15日ごろに見本ができる予定なので、
マスコミ関係でご興味がある方は幻冬舎にお問い合わせください。
ちなみに発売は4月10日を予定しています。

関連記事

no image

こんなに素晴らしいところだったのか

現在ユーフラテス河(もしくはその支流)沿いに旅をしている。 前もいいところだとは思っていたが、

記事を読む

no image

今度はインド人をアゼンとさせてしまう

また午前中、また別のソマリランド人と会った後、 いつもどおり、ドトールF店に「出勤」すると、なぜかそ

記事を読む

no image

ぐにゃぐにゃ

「未確認思考物隊」の第9回「都市伝説」と「超能力」の収録に出る。 「魔法使いアキット」さんという、名

記事を読む

no image

ある阿呆の血

10日ほど前だが、このブログを通して、読者からのメールが来たのはいいが、 「あなたは私を知っている。

記事を読む

no image

まんせーむーのうあんあん

「本の雑誌」で今度は、大槻ケンヂ氏と「マンセームーノー対談」。 オーケン博士の分析によれば、人は誰で

記事を読む

no image

溝畑宏とイビツァ・オシム

木村元彦作品読書週間が続いている。 次に読んだのは『溝畑宏の天国と地獄 大分トリニータの15年』(

記事を読む

no image

館山で昼寝

ぶらっと東京湾フェリーに乗って館山に行ってみた。 船の中でビールを飲んだら眠くなり、館山駅近くの小

記事を読む

no image

まくらサイズです。

「在日ムスリムのメッカ」と一部で勝手に言われることもある群馬県・館林&伊勢崎の館林を初めて訪れた。

記事を読む

no image

アフガンのケシ栽培の謎(2)

 アフガンのケシはなぜそんなに大きい実がなり、ミャンマーの4倍ものアヘンがとれるのか?  一つには

記事を読む

no image

タマキングのおそるべき深化

早く紹介せねば!と思いながら、もう発売から二週間近くが過ぎてしまった。でも、まだ買っていない人もたく

記事を読む

Comment

  1. 天野 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    本題とは全然関係のないことですけれど、
    紀伊国屋BookWebのトップページの「文庫新刊」欄に、
    「シワ」が筆頭掲載されています。
    もう3日くらい筆頭掲載状態が続いています。
    高野さんは書店員に(も)人気が高いのですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年12月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑