*

マイナー・ミート対談

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

9月15日(土)にジュンク堂池袋店にて、『世界屠畜紀行』の内澤さんとトークセッション
(まあ、公開対談のようなもの)を行うことになった。
世界の風変わりな肉を内澤さんが「マイナー・ミート」と勝手に名づけ、
二人でいろいろ話しあうという予定。
内澤さんとは『魁!クロマティ高校』と篠田節子『弥勒』がすごく好きという、極端にツボが合うところと、全く合わないところ(例えば、内澤さんはモノにすごいこだわりがあるが、私は全然ないとか)があり、会話がどう転ぶのか、さっぱり読めないところが、おもしろく、また怖い。
興味のある方はぜひどうぞ。
詳しくは下をご覧ください。
JUNKU 連続トークセッション
2007年9月15日(土) 19:00~ 内澤旬子 ×高野秀行
肉から覗いた世界
旅をしていて必ず訪れるのは市場、トイレ、屠畜場……。持ち前の旺盛な好奇心 で世界を歩くイラストルポライター、内澤旬子さんと、「誰も行かないところへ行き、 誰もやらないことをやり、誰も知らないものを探す。そして、それをおもしろおかしく書く」 がモットーの辺境冒険作家、高野秀行さん。 各国の辺境の地で、ワニ、カワウソ、サル、ニシキヘビなど、さまざまな「マイナー・ ミート」 を食べてきた高野さんと、世界の屠畜現場を見てきた内澤さんが語り合う、 「肉から覗いた世界」。
会 場 4階喫茶にて。入場料1,000円(ドリンクつき) 定 員 40名 受 付 1階 案内カウンターにて。電話予約承ります。 ジュンク堂書店 池袋本店 TEL.03-5956-6111 FAX.03-5956-6100
http://www.junkudo.co.jp/

関連記事

本の雑誌はみんなの実家なのか

ツイッターでつぶやいたので重複するようだが、昨日久しぶりに本の雑誌を読んだ。  いつも買おうと思い

記事を読む

no image

オーケンが語るジャナワール

 9月20日(木)深夜25:05から放映される関西テレビの音楽情報番組「MUJACK」で 大槻ケンヂ

記事を読む

no image

超能力者の支配する世界

貴志祐介のSF巨編『新世界より』(上・下 講談社)を読む。 SFを読んだのは久しぶりだが、面白かっ

記事を読む

no image

バオバブの記憶

ポレポレ東中野にて、本橋成一監督のドキュメンタリー映画「バオバブの記憶」を見る。 西アフリカ・セネ

記事を読む

no image

2月から3月はブータン

1月にソマリランドを再訪する予定だったが、 諸事情により延期し、 かわりに2月10日頃から約1ヵ月、

記事を読む

no image

5分で振り返る今年の出来事

大晦日なので今年を5分だけ振り返ってみた。 今年よかったこと。 ・『辺境の旅はゾウにかぎる』を刊行で

記事を読む

no image

Low Positionの秀作3本

ドキュメンタリーの秀作を3本観た。 どれもLow Positionという制作グループのメンバーの手に

記事を読む

no image

アジアの匂い

2泊3日で、熊本と鹿児島の高校に講演に行ってきた。 今年が3回目。これまで群馬、新潟、香川、愛媛に行

記事を読む

no image

平凡妄想

『放っておいても明日は来る』(通称アスクル)を出版することが決まったとき、 まず思ったのは「ゲストの

記事を読む

no image

読書気功療法!!

『幻の楽器・ヴィオラアルタ物語』について途中まで書いたら時間がなくなり、そこでぶつ切りになってしまっ

記事を読む

Comment

  1. Onishi より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    ここに書くのが正しいのか分からないのですが。。。。
    以前探検部でお世話になりました、オオニシです。お無沙汰してましたが、こんな大作家になっていたなんて、びっくりです。私はずっと海外にいるのですが(今はシンガポール)、先日たまたま日本に帰国した飛行機で日本の新聞を読んでいたら、高野さんの本の書評がのってるではありませんか!
    びっくりしたけど、高野さんらしい、というか高野さんにぴったり!と辺境作家なんだなあとうれしくなりました。
    ちょっと日本語の本もアクセスが日本ほどないので、失礼ながらまだ高野さんの本も読んでないのですが、今度是非読みます。ファンレターはどこに送ればいいのかしら?
    がんばってくださいね。応援しています!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑