*

京極堂に会う

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

平山夢明さんと京極夏彦さんがホストを務めるFM東京のラジオで、『困ってるひと』の大野更紗さんがときどき呼ばれて話をしているのだが、
昨日の収録では私もついでにお呼ばれした。
平山さんは以前、内澤副部長と一緒に飲んだことがあり、その天衣無縫さは知っていたけど、
京極さんは初対面。
なにしろ『姑獲鳥の夏』から京極堂シリーズ6,7冊を愛読してきたから、感慨深い。
京極さんは、雑誌などの写真でよく見るように、和服に、黒の革手袋と黒の脚絆(?)を身につけ、
髪は薄い金髪。
おおーっ、京極堂だ!とほくそ笑んでしまった。
でも、仕切りとトークはびっくりするほど上手。
もともとこの番組は平山さんがパーソナリティで、京極さんはメインゲストという扱いなのだが、平山さんは最初から投げていて、番組を成立させようという意志がない。
仕切っているのは全部、京極さん。
最初の「こんばんは、デルモンテ平山の東京ガベージコレクションです」と
冒頭の挨拶をするのがなぜか京極さんなのだ。
おそらく会社の営業でも学校の先生でもパソコンの管理でも、何でもできる人だろう。
その京極さんは大野さんの『困ってるひと』を「すごく面白くて、おかしくて、笑ってしまうけど罪悪感を感じないで済む。こういうのはセンスとしか言いようがない」などと
大絶賛。
ついでに、私の『幻獣ムベンベを追え』や『ミャンマーの柳生一族』も読んでくれていて、
ナイスな人であった。
東京ガベージコレクションは毎週金曜日午後21:00からです。

関連記事

no image

タマキングの原点はここにあった!

週末、書店でのトーイベントのため大阪に行ってきたのだが、実に楽しかった。 なにしろ、朝は杉

記事を読む

no image

メモリークエスト発進!

突然だが、五月の連休明けから一ヵ月ほど海外へ行くことになった。 例の「メモリークエスト」の取材、とい

記事を読む

no image

今までいちばんビビッたのは…?

上智対談講義第3回目はミャンマーで辺境専門旅行会社を経営する金澤聖太師範。 (極真空手の猛者なので私

記事を読む

no image

大感謝デー

金曜日は『謎の独立国家ソマリランド』大感謝デー。 まずは本の雑誌社の杉江さんと一緒に多磨霊園へ

記事を読む

no image

福島県の今

3日、福島県へ。 原発から30キロの最前線、田村市のムーミン谷(仮名)を訪問。何の緊張感もなく、ふつ

記事を読む

15年前のドンガラさんと私

二十代の頃からずっとお世話になっている翻訳家の浅尾敦則さんからこんな写真が送られてきて仰天した。

記事を読む

no image

だいたい四国八十八カ所

宮田珠己部長より久しぶりに電話がかかってきたので、 『だいたい四国八十八カ所』(本の雑誌社)が面白

記事を読む

no image

略して『みらぶ~』!

『未来国家ブータン』の3刷りが届いた。こんな表紙である。すげ~なあ。 本書を「みらぶ~」と命名

記事を読む

no image

オネエとイケメンの偉大なる力!

毎週火曜日の朝は、杉江さんの「炎の営業日誌」を読むのは日課なのだが、 今日は途中からいきなり「オネエ

記事を読む

no image

あのUMAサイトが本に!

私がウモッカを知った伝説のウェブサイト「謎の未確認生物UMA」がムックとして登場。 管理人「さくだい

記事を読む

Comment

  1. go より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N03B(c500;TB;W24H16)
    夢のコラボレーションですね!
    関西でも聞けるかどうか調べてみます。聞きたいです。

  2. よっしぃ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:2.0.1) Gecko/20100101 Firefox/4.0.1
    高野さん!
    平山夢明氏と対決したんですね!
    私が愛聴する「ウィークエンドシャッフル」に
    平山氏が出演したときが、むちゃくちゃ面白いんですよ。
    ウェブサイトでも聞けます。
    まさに「野獣」。
    ○最初にこっちを聞いて(町山智浩さんによる「崖の上のポニョ」評)
    http://www.tbsradio.jp/utamaru/2008/07/post_296.html
    ○こっちを聞くと、すばらしく内容がない!
    http://www.tbsradio.jp/utamaru/2008/07/da726.html
    あと、ネットで見ましたら
    「東京ガベージコレクション」は放送時間が変更になり、4月からは毎週日曜日深夜1時30分からお送りします。」
    との一文が・・・。

  3. 東えりか より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    脚絆をしている京極さんはみたことがない。
    多分、手甲ではないだろうか?

  4. まがお より:

    AGENT: KDDI-SN3E UP.Browser/6.2.0.13.2 (GUI) MMP/2.0
    凄い!
    耳からよだれがでそうなぐらいに、そそりますね。

  5. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/534.24 (KHTML, like Gecko) Chrome/11.0.696.68 Safari/534.24
    あ、ほんとだ。
    今は毎週日曜日深夜1時30分からですね。
    それから「脚絆」ではありませんでした。
    だって手ですからね。
    手甲っていうんですか?
    あんなの、他に見たことがないので、どう呼ぶのかも知らないのですが。
    とにかく、あのエンタメ精神が素晴らしいですねー。

  6. 東えりか より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    股旅物には必要不可欠ですよ、手甲・脚絆
    http://www.joaf.co.jp/isyo-kasou/sandogasa/isyou-sandogasa-1.htm

  7. プラム より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.0)
    うぉぉぉー!高野さん繋がりは好きな方が多いです。
    待ってました!!という感じ。濃い〜二人のトークは想像不能。
    よく対談されているので、まとめて本にして欲しいです。対談本希望☆
    当日、京極さん対抗ファッションではなかったのでしょうか?
    「間違う力」の本が発売された時も、なぜ勝間さん、姜さん、対抗ポーズじゃないの?と思ったのは私だけでしょうか?(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年6月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑