*

「野々村荘」で撮影

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

「小説すばる」10月号(いつもは毎月17日発売だが今月は連休。15日か18日発売か)が手元に届く。
 『世界屠畜紀行』の内澤旬子と私の対談が掲載されている。
 題名も「エンタメ・ノンフィクションの現場」。
 『本の雑誌』の特集につづく、エンタメ・ノンフ普及運動の第2弾だ。
      ☆         ☆         ☆
『本の雑誌』10月号も届く。
私のコラムでは、島津法樹著の『魔境アジア お宝探索記』(講談社α文庫)と
『亜細亜、骨董仕入旅』(講談社)をとりあげている。
タイトルははっきり言ってよくない。
特に「魔境アジア」はひどい。
この文庫版は意味のない写真もふんだんに使われ、編集者のセンスを疑うが、
中味はいい。すごくいい。
       ☆        ☆        ☆
 「SPA!」のインタビューを受ける。
 撮影は早稲田界隈。
 ずいぶん久しぶりに昔のアパート(『ワセダ三畳青春記』では「野々村荘」)に行って、大家のおばちゃんに挨拶して、二階の廊下などで撮影を行う。
 私がいたときと全く変わらないが、玄関口で「ご自由におとりください」と記された、通称「野々村文庫」に私の『巨流アマゾンを遡れ』が置かれていて、目眩がする思い。
 外では大家のおばちゃんが近所のおばさんに、「タカノさんって人がね、うちのアパートの話を書いてね、あたしも出てくるんだけどさ…」と大声でしゃべっている。
 うーん、まだこのアパートに住んでいるような気がしてならない…。

関連記事

no image

「高野秀行」の新刊?!

またもや「高野秀行」の新刊が出た! …といっても、今度は同姓同名の将棋棋士の高野秀行五段の著書だ。

記事を読む

no image

「ミャンマー」じゃなくて「バマー(ビルマ)」だった

昨日、高橋ゆりさんからメールが来た。彼女も『ハサミ男』に名探偵サンシャーの話が出てくることにびっくり

記事を読む

no image

狂言

国立能楽堂で行われた「春狂言2009」を観にいく。 と言ったら意外に思われるかもしれないが、 狂言く

記事を読む

no image

ソマリ人の好きな意外な食べ物

みなさん、新年明けましておめでとうございます。 とはいうものの、私自身は正月を迎えた気がしない

記事を読む

no image

インタビューされる方は楽だ

「イングリッシュ・ジャーナル」誌のインタビューを受ける。 以前、私はこの雑誌で仕事をしていたことがあ

記事を読む

no image

琉球カウボーイ、よろしくゴザイマス。

私の沖縄の友人が統括プロデューサーをしている映画が今日からついに 東京でも公開が始まる。 「琉球カ

記事を読む

タイ行きのお知らせ

今日からタイ行きである。 帰国は9月3日。二ヵ月弱も滞在することになる。 何しに行くのか

記事を読む

no image

タイ国外退去!?

ネット書店「アマゾン」で自著の売上げを見ていたが、「極楽タイ暮らし」のところで、こんなレビューを発

記事を読む

no image

ブータンと提携した男

上智大学の対談講義にも来ていただいた マレーシア在住のジャングルマニアの二村聡さんが産経新聞で紹介さ

記事を読む

no image

最終的にはパッション

宮田部長の『だいたい四国八十八カ所』(本の雑誌社)が重版になったそうだ。 このすさまじい出版不況下

記事を読む

Comment

  1. ももいち より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    はじめまして
    実は昨日、『ワセダ三畳青春記』を読み終えたばかりなのでSPA!の取材は驚きました!
    おばちゃんはまだお元気にされているんですね☆
    取材が載ったSPA!の発売日が気になります(本日、『巨流アマゾンを遡れ』を買って来ました)。

  2. NYPD より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)
    私も先日『ワセダ三畳青春記』を読みました。 抱腹絶倒と感動を充分に堪能させて頂きました。 そして、未だあの野々村荘と大家のおばちゃんがご健在であるということで、なんだかホッとしました。
    で、ちょっと気になっているのですが、高野氏の著書は未だ『ワセダ〜』しか読んでいないので、失礼なことなのですが、その著書の最後に出てくる彼女は、今の奥様なのでしょうか? そうだとしたら、スンゴク良いロマンスですね。羨ましいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年9月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑