*

自民党総裁選と「プリンセス・マサコ」

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

探検部のだいぶ上の先輩に連れられ、有楽町の「外国人記者クラブ」というところに行く。
読んで字のごとく外国の新聞の特派員や日本在住の外国人ジャーナリストの溜まり場だが、
イメージとちがうのは会員制のプライベートクラブであること。
外国人記者なら誰でも入れるわけではない。
そして日本人でも、会費さえ払えば誰でも入れる。
別にマスコミと関係なくてもいい。
そして会員は友人知人を「ゲスト」として連れて行ける。
そこでは毎日のように、誰かを招いて講演やトークライブを行っているらしい。
入り口に英語と日本語で書かれた「予定表」を見て驚いた。
19日 12時〜14時 自民党総裁候補 麻生太郎氏、福田康夫氏
20日 19時〜21時 「プリンセス・マサコ」著者ベン・ヒルズ氏
ありえねー!と思わず声をあげてしまいましたよ。
だって、総裁候補の二人がそろって講演した次の日に、
皇室批判だとして物議をかもした本の著者が講演するのだ。
外国人だからありえるこのチョイス。
というか、外国人の記者にすれば、両方とも日本の政治の核心部なので
全然違和感もないのだろう。
やっぱ、ときには外国人の目で日本を見るのはおもしろい。
もっとも私たちが行ったのは講演が開かれるラウンジではなく、
隣の「MASUKOMI SUSHI BAR」という寿司屋。
拍子抜けするほどフツウの寿司屋だった。

関連記事

no image

ムスリム力士のことを考えて仕事が手に着かない

ツイッターでもちょっと書いたけど、大嶽部屋に入門したエジプト人力士アブディラーマン(アブディラフマン

記事を読む

no image

猛暑の高校講演会

 集英社の外郭団体(?)が主催している「高校生のための文化講演会」というものによばれ、香川県と愛媛県

記事を読む

no image

舟を編む

何とは言わないが、ひどい小説を読んでしまい、 「とにかく上質な作品で口直ししたい!」と本屋の棚を彷

記事を読む

no image

クリント・イーストウッドとモン族

一年ぶりにTSUTAYAでDVDを借りて、観た。 ウチザワ副部長がかつてブログで絶賛していたクリン

記事を読む

no image

愛と追憶の帰国

別にタイトルに深い意味はない。いつものように普通に帰国しただけである。 といっても、今回の旅は

記事を読む

no image

スーツでヤブ漕ぎをする人を発見!

読売新聞のインタビュー取材を受けた。 「何か“原点”とか“こだわり”のある場所でインタビューするとい

記事を読む

no image

連絡とれました

「巨大生物UMA」のサイトを主催しているSさんから、 めでたくお返事がきました。 私もいよいよ「謎の

記事を読む

no image

2010年ノンフィクション・マイベストテン

続いてノンフィクション。 1位〜3位 木村元彦『悪者見参』『誇り』『オシムの言葉』(集英社文庫)

記事を読む

no image

王様のブランチ

妻は早起きして一昨日から通っている浦安市の災害ボランティアに出かけていたので、 9:30にひとりで「

記事を読む

no image

山松ゆうきちがインドだ

旅行者業界を震撼させた山松ゆうきち『インドに馬鹿がやって来た』(日本文芸社)の、なんと続編が出版さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年3月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑