*

長井健司、ミャンマーに死す

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

毎日このブログではお気楽な話題を提供していたが、
ミャンマー情勢は緊迫の一途をたどっていた。
私のところにはヤンゴンや日本の関係者から頻繁に電話が入り、
ほぼリアルタイムで情勢が伝えられていた。
それをあえて書かなかったのは、書き方がわからなかったということもあるし、
私が自分の目で確認しないことについて、ことさらに騒ぎ立てたくないという気持ちからでもあった。
しかし、さすがに27日(木)は話がちがってきた。
まず、ヤンゴン在住の友人Kさんから連絡が途絶えた。
彼は昨日まで、「今、軍が銃を発砲してます。うちのスタッフが確認したし、銃声は今も聞こえています」と電話してきたのだが、それもない。
続いてその晩、ミャンマーの写真を撮り続けている後藤修身氏より、
「今日はたいへんなことになっている」という電話が入った。
「市内は真っ暗だし外出できないからはっきりしないが、そこかしこで銃声が鳴り響いている」という。
さらに、二時間後、再び後藤さんより「日本人カメラマンが撃たれて死んだという知らせが朝日新聞の記者から入った」と電話があった。
なんでも、まず外電から情報があり、朝日の記者が身元確認のため、ミャンマー写真家として知られる後藤さんに問い合わせたらしい。
もちろん、後藤さんは日本にいるからちがう。
また少しして、後藤さんより「そのカメラマンの名前は長井さんというらしい」という報が入った。
私は心当たりがなかったが、何かすごくいやな予感がした。
ほとんど同時に、今度は18年前、ムベンベを探しに一緒にコンゴへ行った高林さんという人からメールが届いた。
「テレビで見たけど、亡くなったカメラマンはあの長井健司じゃないか?」
あっ!と思った。
長井健司さんとは、私たちの遠征の前、一緒に怪獣探検をして番組を作りたいと申し出たテレビ製作会社のプランナーである。
あわててテレビをつけたら、報道ステーションで長井さんの映像が流れていた。
20年近く会っていなかったが、まぎれもなく、20年前に会った長井さんその人だった。
20年前に会ったときの顔そのままであった。
「幻獣ムベンベを追え」にも書いたが、長井さんは「こんな純粋な人がテレビ業界でやっていけるのか」と探検部の学生である私たちが心配になるほどの人だった。
結局番組は実現しなかったが、彼はフットワークが軽く、海外慣れもしており、
すっとコンゴに飛んで、テレ湖至近距離のボア村まで行ってしまった。
長井さんは大学卒業後、アメリカの大学院に行っていたから、
言葉もできるし、海外にも臆することがなかったらしい。
なによりも「行きたい!」と思えば、行ってしまう人だった。
私は彼がすーっとコンゴの核心部近くまで行ってしまったことに衝撃を受けた。
資金があり海外経験があるプロの社会人とのちがいを思い知ったのだ。
そして私たちはリンガラ語という現地語を習い始めた。
ひとえに、「このままでは彼に勝てない」という焦りからだった。
そしてそれは、私が大学卒業後も現地語にこだわり続けるさきがけともなった。
あれから20年近くがすぎた。
コンゴの遠征後、長井さんとは電話で話したことはあったように思うが、
じかに会ったことはない。
長井さんがビデオ・ジャーナリスムの世界に入ったというのも聞いていたが、
具体的に何をしているのか知らなかったし、ましてや50歳になる今も最前線で活動しているとは知るよしもなかった。
20年ぶりに彼の顔を見たのがテレビのニュースだったというのは皮肉にすぎる。
しかも、私がアフリカを離れてから、ずっと入れ込み続けていたミャンマーでのことだ。
長井さんはどうやら流れ弾にあたってしまったらしい。
彼の死ははからずも、一般の日本人に今回のミャンマーの動乱劇を激しく印象づけることとなった。
日本人は、「邦人」が犠牲にならないと、ミャンマーなどにこんなに関心をもたないからだ。
そういう意味では、彼の死の意味は大きかったと思うが、そう思わないとやってられないというのが正直なところである。
音楽好きで、アメリカの大学院でアメリカのフォークソングを人類学的に調査研究してたんだけど、
「音楽の友」に入社しようとしたら、「そんな変なやつ、いらない」って簡単に落とされちゃったよ、ははは…と笑っていた長井さんの柔らかい笑顔を今もありありと思い出す。

関連記事

no image

ブータン旅より帰国

バンコク市内から幸か不幸かちゃんと空港へ行けてしまい、 本日帰国した。 タイ王朝が崩壊するかもしれ

記事を読む

no image

サッカーファンになる予定なのに…

着実にサッカーファンに向かって前進しているはずなのだが、 吉祥寺の書店でターザン山本『「金権編集長

記事を読む

no image

戦国時代のインスタント味噌汁

料理雑誌「danchu」の取材で奈良在住の料理研究家の先生を訪ねる。 戦国時代からあるインスタント味

記事を読む

新連載に驚く

昨日発売の季刊誌「考える人」(新潮社)にて、ようやく私の新連載「謎のアジア納豆」が始まった。

記事を読む

no image

不安と緊張を和らげるのは笑い

スーダン人のアブディンから電話がかかってきた。 地震直後の電話では「いやあ、俺が日本に帰ってすぐだか

記事を読む

no image

本来なら今日エジプトに行っていた

本来私は今日、成田を発ち、エジプトのカイロに向かっているはずだった。 カイロで一泊して、ケニヤのナイ

記事を読む

no image

純文学とエンタメのあいだ

三崎亜紀『廃墟建築士』(集英社)を読む。 『となり町戦争』『バスジャック』を読んだときにも思ったが

記事を読む

no image

エチオピアへ

突然ながら、6月1日より30日まで一ヵ月間、 アフリカ方面に出かけることした。 行き先は未定だが、と

記事を読む

no image

小説家になるのは大変だ!

土曜日、モスク取材とその後の予定について打ち合わせをしていたら、 ホテルの部屋に戻ったのはもう12

記事を読む

no image

ヒンディー語と春風亭昇太

トルコの怪獣取材もいいが、忘れちゃいけないインド・ウモッカ探索行。 そう、凝りもせず今年の11月末か

記事を読む

Comment

  1. moriyama より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    「ミャンマーで日本人が死んだ」と聞いたので、まさか高野さんでは・・・と思って久々にのぞいてみたら・・・・
    長井さん、1回か2回しか会ってないと思うけど、好印象だけ残っています。
    ご冥福をお祈りします。

  2. roti-boy より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    今朝、フジTV系列だけが撃つ兵士と撃たれて倒れる長井さんの瞬間映像をかなりにわたり何度も繰り返し放映していた。
    流れ弾ではなく近距離で真正面から撃たれたのは間違いないとボクは思ったが。この行為(フジTVだけが放映したこと)はありですか?
    遺族の感情は。やりきれないですよ。ぼくはもうこの映像は見たいとは思いません。
    他のTV局は同じ映像(長井さんが撃たれたのは流れの中の一場面です)を流していたのですからたぶん自粛したのかもしれません。
    確認してはいませんが、おそらく例のYouTubeには出ているのかな。
    いやだな!

  3. COM より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)
    ここ数日出かけててブログ見れなくて・・・
    個人的には今「ミャンマーといえばサンスーチーより高野秀行」だから、
    高野クンの動向が気になってたよ。
    最近ブログも更新されてたし、
    ミャンマーへ行くようなことも書いてなかったから、
    高野クン自身がどうこうなってる心配はしてなかったけどね。
    ただ今後も実際足を運ぶことがあるかもしれないだろうから、
    そのときはくれぐれも気をつけて。
    覚えてなかったけど長井健司さんとは縁があったんだね。
    今ムベンベ開いてみたらホント書いてあるわ。
    長井健司さんがこんな目に合わなくても
    高野本でミャンマーのことは日本人に関心持たせられるのに・・・
    残念だね。
    ご冥福をお祈りします。

  4. 忽??脂 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    晩云繁とロシア繁が?脂する?呂了蚋H?脂?きロシア繁と?脂<a href=http://www.baikal.co.jp>忽??脂</a>する?蓮■欧弔侶酬┐�△蠅泙后H娜召濃蚋譴鯡甞掘▲蹈轡△?�賠h?C?�ザックス�にて?脂鞠?する圭隈。ロシアの叨侭忽??脂で返?きを佩い、壓ロシア晩云寄忽??脂聞?または?並?、または晩云の云汐仇へ?鷂罎垢觀酬─�匹舛蕕旅H?脂圭隈でも?脂は撹羨します。2繁の?壓の彜?rに栽わせてどちらかの圭隈で佩ってください。駅勣??は?筝垢?蝋H?脂もありますので??S光侭に駅ず並念に忽??脂??し、嚠?笋里燭疵犒屬乏屬辰討い�泙靴腓Α

  5. Myanmar Web より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.1; ja; rv:1.9.2.9) Gecko/20100824 Firefox/3.6.9
    ウェブサイト作成業者も現れ、ミャンマーもインターネット社会になりつつあります。 これからは、新興国が伸びるとおもいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 私はタオルを濡らして首に巻いていた。西欧人のランナーたちには怪訝そうに見られて、中には「それは重くて首によくないんじゃないか」と忠告してくれる人もいた。でも実際は首タオルは体温を低く保ち、すごく快適だった。西欧では知られていないジ… https://t.co/skXMkm6W2L ReplyRetweetFavorite
    • 十数年前、私がサハラマラソンに出場したとき、主催者はレース前に選手たちに「とにかくたくさん水を飲んでください。そして、(給水所で)頭から水をかぶってください」と言っていた。すると実際熱中症で倒れる人はいなかったようだ。日本で「水を頭からかぶる」は難しいが… ReplyRetweetFavorite
    • 私もまだ徹マン効果が続いている。気持ちが高ぶって昼寝しようにも眠れなくて困ってる。この発明はマジで凄いのかも。 https://t.co/J33GKQk6LZ ReplyRetweetFavorite
    • 帰りの新幹線で眉村卓著「ねらわれた学園」(講談社文庫)を一気読み。シンプルな力強さに古典の醍醐味を満喫。 ReplyRetweetFavorite
    • 長野県の菅平高原で開催されている信州森フェスで講演してきた。菅平は涼しい!森フェスは入場無料だから、避暑だけでも行く価値あり。食べ物も美味しいです。https://t.co/B7WUhvoHPc ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【🦍是非🦍】 『渋谷いきもの会議2022』のアーカイブ販売はいよいよ今週末6月25日(土)22時までとなります。三年ぶりの生物パーティーを目撃ください! https://t.co/zTNrOjP04A ※ゲストの宮田珠己氏の登場は開始から約2時間5… ReplyRetweetFavorite
    • 元のカバーと比べてみた。元の方もすごくいいんです。ちなみに内容はこんな感じ。 https://t.co/qTIJtTFEFJ ReplyRetweetFavorite
  • 2022年7月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑