*

大家のおばちゃんには誰も勝てない

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

日曜日、「野々村荘」の大家のおばちゃん宅で宴会をした。
久しぶりに会うおばちゃんは齢83という高齢で、
足腰は悪く、目も耳も衰えているが、
頭の回転と喋りのキレ、そして独特の感性は全く衰えていないどころか
ますますパワーアップしていた。
「野々村荘」秘話ももちろん披露。
おばちゃんのダンナさんは民放の有名ディレクターだったので、
意外にも有名人がここを出入りしている。
まだ娘っ子だった三田佳子は
なんとこの家で女優デビューが決まったというし、
おばちゃんが着物をきつけてあげたり、
何かと面倒を看たという凄い話を以前、聞いたことがある。
今回は「肝っ玉母さん」の京塚昌子がおばちゃんに都電の線路の上で土下座したという、
これまた信じがたい話を聞いてしまった。
もっともおばちゃんが土下座させたわけではなく、
京塚昌子が勝手に土下座しただけらしいが。
しかし、もっとすごいのはおばちゃんがそういう有名人について、
何も特別な感情をもっていないこと。
「そういえば、こんなことがあったわね…」という程度なのだ。
それより、おばちゃんにはロクデナシ揃いのアパートの住人がよほど大事みたいだ。
ケンゾウさんや守銭奴、ケガワ君、それに私や探検部のバカたちのほうが
三田佳子や京塚昌子より優先順位として上なのだ。
そして今も、理解不能な行動を次から次へと起こす住人たちの面倒を一生懸命みている。
類い稀な母性本能としか説明できない。
そのほか、数々の爆笑のエピソードを聞いたが、
それはまたいつか。

関連記事

no image

新刊ラマダン

「在庫一掃読書では本は減らない」という指摘を友人から受けた。 なるほど、それもそうだのだけど、 新

記事を読む

no image

世界のコジマ

辺境ドトールで杉江さんと打ち合わせ。 このブログや杉江さんの日記を読んでいると私たちが四六時中つるん

記事を読む

no image

「ムベンベ」映画化企画

拙著『幻獣ムベンベを追え』を映画化したいというオファーが来た。 しかもアニメかと思ったら実写である。

記事を読む

no image

他人ごとなら面白いが

「本の雑誌」今月号が届いた。 特集は「この妻がすごい」。 小説、ノンフィクションを問わず、本に出て

記事を読む

no image

魅惑のロシアン・クリスマス

先週末はロシアン・クリスマスを堪能した。 ロシア正教はグレゴリウス暦でなく、もっと古いユリウス暦を使

記事を読む

no image

ラッシャー木村はツイていた

一昨日、夜ケーブルテレビでナイターを見ようとしたら、 たまたまNOAHの試合がやっていた。 しかも「

記事を読む

no image

マイナー・ミート対談

9月15日(土)にジュンク堂池袋店にて、『世界屠畜紀行』の内澤さんとトークセッション (まあ、公開対

記事を読む

no image

人生管理

春風亭昇太師匠が暮れに体調をくずしたと聞いたので、 「健康管理もファンサービスのうちですよ」と言った

記事を読む

no image

旅のトリビア「たびとり」

突然だが、フジテレビの「トリビアの泉」という番組をご存知だろう。 何の役にも立たないが、面白い(とい

記事を読む

no image

ハルキとタマキ

「本の雑誌」草むしり早弁号(5月号)が届く。 連載の辺境読書では今回は伊沢正名『くう・ねる・のぐそ

記事を読む

Comment

  1. だすてぃ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1)
    いつも楽しみに拝見してます(もちろん本も文庫のみ全部読みました)。
    「長塚京子」さんとは?
    「肝っ玉・・・」なら、ひょっとすると「京塚昌子」さんでは?
    揚げ足取りですみません。

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    あ、そうそう、「長塚京子」じゃなくて「京塚昌子」です。
    今、直しました。
    なんか変な気がするって思ってたんですよ(笑)。

  3. fjsm より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    野々村荘話はいいですよね〜
    もっともっとお聞きしたいです!

  4. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    おばちゃん、いつもかっこいいですね〜!
    私もいつかそんな83歳になりたいです。
    高野さん、おばちゃんの伝記を書いて下さい!

  5. 歌川 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    以前どなたか書いたかもしれませんが、映像化したら嬉しいですね。
    おばちゃんは樹木希林、ケンゾウさんは宇梶剛士、守銭奴は笹野高史(私には笹野さんは太っ腹に見えますが)
    おばちゃんはもたいまさこも素敵。
    うーんやっぱりおばちゃん本人が出演!?
    高野さん役は瑛太。先日トップランナーで、人柄がにじみ出ていたので。
    (若手俳優に疎くなってきて年波を感じる今日このごろ)
    なーんてファンは妄想します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 幻のアフリカ納豆を追え 高野秀行、新潮社 納豆で366頁!しかも面白い。単なる珍しい納豆の紹介ではなく、その地の食文化や歴史も考察する。前作「謎のアジア納豆」のほうが科学的?と思っていたら「納豆菌ワールドカップ」から、つるまめ納豆で縄文… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 旅人として尊敬する高野秀行さんの著書読了。素晴らしい内容!徹底した現場主義は勉強になります。 個人的には、納豆の世界とかつて調べたゴマの世界に関係性を感じゾクゾクしてきました。今度南米に行ったら・・・ ちなみに私は納豆NGです。笑 http… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『幻のアフリカ納豆を追え!』面白かった。 前作『謎のアジア納豆』のほうが読んでいて面白かったかなと思ったけど、アフリカフィールドワークの描写の面白さ、紹介される納豆の多彩さなど実に面白い。最後に開陳されるサピエンス納豆仮説の壮大さも素晴らしい。 ht… ReplyRetweetFavorite
    • 健ちゃんは幼なじみだから容赦ない。しょっちゅう、「秀ちゃんはほんとにダメだな!」とよく叱られている。ゲストで登場したら、またダメ出しの嵐を食いそう…。ヤバいことを言われなきゃいいが…。 https://t.co/GjMZORwe3K ReplyRetweetFavorite
    • 「健ちゃん」は私の幼なじみ。技術者として味の素株式会社に入社、ナイジェリアに商品開発担当として赴任した。彼が目をつけたのはアフリカ納豆(?)の「ダワダワ」。私は彼に呼ばれてナイジェリアへ飛び、40年ぶりに再会してしまった…。「20… https://t.co/qTcqnDtiOn ReplyRetweetFavorite
    • 自分の本は抜きにしても、紀伊國屋新宿店はいい。2Fにちゃんと「ノンフィクション」の棚があり、しかも国内・海外両方が収められている。社会問題・旅・各国事情に収まらない「ノンフィクション」としか言えない本がたくさんあるのだから。個人的… https://t.co/ZX1myE9Anw ReplyRetweetFavorite
    • 半年ぶりぐらいに紀伊國屋書店新宿本店に行ったら、『幻のアフリカ納豆を追え!』が巨大に展開されていて驚いた。こんな時代が来るとは…。いや、ありがたいことです。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑