*

大家のおばちゃんには誰も勝てない

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

日曜日、「野々村荘」の大家のおばちゃん宅で宴会をした。
久しぶりに会うおばちゃんは齢83という高齢で、
足腰は悪く、目も耳も衰えているが、
頭の回転と喋りのキレ、そして独特の感性は全く衰えていないどころか
ますますパワーアップしていた。
「野々村荘」秘話ももちろん披露。
おばちゃんのダンナさんは民放の有名ディレクターだったので、
意外にも有名人がここを出入りしている。
まだ娘っ子だった三田佳子は
なんとこの家で女優デビューが決まったというし、
おばちゃんが着物をきつけてあげたり、
何かと面倒を看たという凄い話を以前、聞いたことがある。
今回は「肝っ玉母さん」の京塚昌子がおばちゃんに都電の線路の上で土下座したという、
これまた信じがたい話を聞いてしまった。
もっともおばちゃんが土下座させたわけではなく、
京塚昌子が勝手に土下座しただけらしいが。
しかし、もっとすごいのはおばちゃんがそういう有名人について、
何も特別な感情をもっていないこと。
「そういえば、こんなことがあったわね…」という程度なのだ。
それより、おばちゃんにはロクデナシ揃いのアパートの住人がよほど大事みたいだ。
ケンゾウさんや守銭奴、ケガワ君、それに私や探検部のバカたちのほうが
三田佳子や京塚昌子より優先順位として上なのだ。
そして今も、理解不能な行動を次から次へと起こす住人たちの面倒を一生懸命みている。
類い稀な母性本能としか説明できない。
そのほか、数々の爆笑のエピソードを聞いたが、
それはまたいつか。

関連記事

no image

最近読んだ面白い本

ブログを書く時間がなかなかとれないので、お勧め本がたまってきた。 ここにまとめて公開しましょう。

記事を読む

no image

米軍による驚くべき支援

28日(月)調布市被災者支援ボランティアセンターの手配で、被災地の特養老人ホームに物資を届けるという

記事を読む

no image

ある天才編集者の死

集英社文庫で私の担当を長らく務めていた堀内倫子さんが急に亡くなられた。 茫然自失である。 堀内さんは

記事を読む

no image

シリアス・ファン

義兄マイク・ノックら義理の兄弟一同で新宿に集まり、昼食。 マイクは修行僧みたいな音楽家なのだが、彼

記事を読む

no image

日曜日のイベント

代々木でミクシイの高野秀行コミュ&宮田珠己コミュ合同イベント。 雨上がりにもかかわらず40〜50人(

記事を読む

no image

声が出ない!

たぶん風邪だと思うのだが、 昨日の晩から声が妙にガラガラになり、 今日にいたっては朝からまったく声が

記事を読む

no image

謎の独立国家ソマリランド大吟醸拾年古酒

仕事場にしている「辺境ドトール」は昭和の世界だ。 店長夫妻が常に店におり、私たち常連の客と交流

記事を読む

no image

メモリークエスト2

遅ればせながら、ようやく『メモリークエスト』の続編を開始することが正式決定した。 現在、幻冬舎の編集

記事を読む

no image

歯型

ワセダの野々村荘の三畳間を再度借りたはいいものの、 家から片道1時間もかかるし、行く用事も特にないし

記事を読む

no image

新年早々の願い事

今年最初の読書は意外にも(?)村上春樹『めくらやなぎと眠る女』(新潮社)。 装丁があまりに素晴らし

記事を読む

Comment

  1. だすてぃ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1)
    いつも楽しみに拝見してます(もちろん本も文庫のみ全部読みました)。
    「長塚京子」さんとは?
    「肝っ玉・・・」なら、ひょっとすると「京塚昌子」さんでは?
    揚げ足取りですみません。

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    あ、そうそう、「長塚京子」じゃなくて「京塚昌子」です。
    今、直しました。
    なんか変な気がするって思ってたんですよ(笑)。

  3. fjsm より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    野々村荘話はいいですよね〜
    もっともっとお聞きしたいです!

  4. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    おばちゃん、いつもかっこいいですね〜!
    私もいつかそんな83歳になりたいです。
    高野さん、おばちゃんの伝記を書いて下さい!

  5. 歌川 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    以前どなたか書いたかもしれませんが、映像化したら嬉しいですね。
    おばちゃんは樹木希林、ケンゾウさんは宇梶剛士、守銭奴は笹野高史(私には笹野さんは太っ腹に見えますが)
    おばちゃんはもたいまさこも素敵。
    うーんやっぱりおばちゃん本人が出演!?
    高野さん役は瑛太。先日トップランナーで、人柄がにじみ出ていたので。
    (若手俳優に疎くなってきて年波を感じる今日このごろ)
    なーんてファンは妄想します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 一日中、外で取材やら何やら。移動と待ちが長かったため、長編小説が読めた。奥田英朗著『罪の轍』(新潮社)。いやあ、奥田さんのデビュー作にして名作『最悪』を思い出してしまった。こんなに興奮して小説のページをめくったのは久しぶり。仕事で読書を中断するのにちょっとむかついたほど。 ReplyRetweetFavorite
    • 誘ったら喜んで来るんじゃないかな。でも奴はしゃべりすぎてうるさいよ(笑) ReplyRetweetFavorite
    • 私の使う端末やネットアプリなど、次々と不可解な理由で誤作動、不具合、故障などを連発することから、私は「逆ITミダス王」と呼ばれている。ミダス王とは触るものがみなゴールドになった王様のこと。で、今回はLINEが機能しなくなり、全面的… https://t.co/Xj5nju8BCb ReplyRetweetFavorite
    • 世界でも稀な動物用の義肢装具士の記事。現代の探検とはこういうことを言うのかもしれない。 https://t.co/TcrVKIohuG ReplyRetweetFavorite
    • 実に面白い記事。私も視覚障害者の友人(アブだけど)と一緒にいると、ときどきこういうことが起きる。 https://t.co/w0Allu5S1q ReplyRetweetFavorite
    • RT : 東京・銀座にあった、木彫の猫たちの楽園。毛の質感や体の柔軟さまでが表現されていて、ちょっとびっくり。三重県北部いなべ市の古民家在住のアーティスト、はしもとみおさんの作品展。中央通りに面した田中貴金属本店6階ホールにて。 https://t.co… ReplyRetweetFavorite
    • らしいとか、女優が映画館で前の座席に足を投げ出して観ているんだけど、その足裏が汚いとか、ブラピが銃のホルスターに缶ビールを2本指して屋根のアンテナ修理をするシーンが意味もなくカッコイイとか、夢中で喋ってしまった。二人の結論→「タランティーノは天才」。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年9月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑