*

大家のおばちゃんには誰も勝てない

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

日曜日、「野々村荘」の大家のおばちゃん宅で宴会をした。
久しぶりに会うおばちゃんは齢83という高齢で、
足腰は悪く、目も耳も衰えているが、
頭の回転と喋りのキレ、そして独特の感性は全く衰えていないどころか
ますますパワーアップしていた。
「野々村荘」秘話ももちろん披露。
おばちゃんのダンナさんは民放の有名ディレクターだったので、
意外にも有名人がここを出入りしている。
まだ娘っ子だった三田佳子は
なんとこの家で女優デビューが決まったというし、
おばちゃんが着物をきつけてあげたり、
何かと面倒を看たという凄い話を以前、聞いたことがある。
今回は「肝っ玉母さん」の京塚昌子がおばちゃんに都電の線路の上で土下座したという、
これまた信じがたい話を聞いてしまった。
もっともおばちゃんが土下座させたわけではなく、
京塚昌子が勝手に土下座しただけらしいが。
しかし、もっとすごいのはおばちゃんがそういう有名人について、
何も特別な感情をもっていないこと。
「そういえば、こんなことがあったわね…」という程度なのだ。
それより、おばちゃんにはロクデナシ揃いのアパートの住人がよほど大事みたいだ。
ケンゾウさんや守銭奴、ケガワ君、それに私や探検部のバカたちのほうが
三田佳子や京塚昌子より優先順位として上なのだ。
そして今も、理解不能な行動を次から次へと起こす住人たちの面倒を一生懸命みている。
類い稀な母性本能としか説明できない。
そのほか、数々の爆笑のエピソードを聞いたが、
それはまたいつか。

関連記事

no image

風呂と泥酔でリフレッシュを!

ヤマザキマリの傑作風呂漫画『テルマエ・ロマエ3』(ビームコミックス)を読んだ。 第1巻には爆笑し、

記事を読む

すごく太っている人は働き者なのか?

タイでは比較的やせた人が多いが、ときおり、男性でも女性でもすごく太った人を見かける。 身長160セ

記事を読む

no image

アラジンは中国人だった!?

旅のトリビア「たびとり」はまったく反響がなかったが、懲りずに最近驚いたことを一つ。 山田和『インド

記事を読む

no image

SPA!イスラム飲酒紀行はまだやってます

ときどき「SPA!のイスラム飲酒紀行は連載中止になったんですか?」と聞かれる。 パキスタン篇を2週連

記事を読む

no image

個人的2011年ミステリ・ベストワンはこれだ!

最近の海外ミステリはとにもかくにも猟奇連続殺人事件が多い。 「サイコパスもの」とでもいうのか。 私

記事を読む

no image

奇人コレクション

その昔、「PLAYBOYドキュメント・ファイル大賞」というノンフィクションの賞があった。  選考委

記事を読む

no image

ソマリランドをラクダで探検する

来年の今頃、ソマリランドとプントランドの国境地帯をラクダで旅しようと思っている。 ピラミッドみたい

記事を読む

no image

ワンの大地震

バンコクで大洪水、そしてトルコ東部のワンでは大地震が発生。 私にとって思い入れが深く、知人友人が何人

記事を読む

no image

野菜を洗剤であらう

忘れていたことをまたいくつか。 昨日(水曜日)、毎日新聞夕刊の「新・幸福論」という欄で私のインタビュ

記事を読む

no image

ビンゴ大会で優勝

火曜、水曜と一泊二日で千葉の海辺へ両親と弟一家の総勢9名で出かけた。 一族旅行など初めてのことだっ

記事を読む

Comment

  1. だすてぃ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1)
    いつも楽しみに拝見してます(もちろん本も文庫のみ全部読みました)。
    「長塚京子」さんとは?
    「肝っ玉・・・」なら、ひょっとすると「京塚昌子」さんでは?
    揚げ足取りですみません。

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    あ、そうそう、「長塚京子」じゃなくて「京塚昌子」です。
    今、直しました。
    なんか変な気がするって思ってたんですよ(笑)。

  3. fjsm より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    野々村荘話はいいですよね〜
    もっともっとお聞きしたいです!

  4. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    おばちゃん、いつもかっこいいですね〜!
    私もいつかそんな83歳になりたいです。
    高野さん、おばちゃんの伝記を書いて下さい!

  5. 歌川 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    以前どなたか書いたかもしれませんが、映像化したら嬉しいですね。
    おばちゃんは樹木希林、ケンゾウさんは宇梶剛士、守銭奴は笹野高史(私には笹野さんは太っ腹に見えますが)
    おばちゃんはもたいまさこも素敵。
    うーんやっぱりおばちゃん本人が出演!?
    高野さん役は瑛太。先日トップランナーで、人柄がにじみ出ていたので。
    (若手俳優に疎くなってきて年波を感じる今日このごろ)
    なーんてファンは妄想します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑