*

事実上は本日発売だった!

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

『謎の独立国家ソマリランド』(本の雑誌社)がいよいよ昨日発売になった。

本の雑誌社に行くついでに、さっそく神保町の書店を一つ一つ覗いて回るが、
なんとどこにも私の本は置いてない。

「なぜだ!?」

考えてみれば、今度のは凄い凄いと騒いでいるのは私と担当編集の杉江さんとその周辺だけであり、
世間的にはソマリランドなんてなんだかわからないし、わかったところでどうだっていいもんなあ。

とがっくり落ち込んだ。
その足で本の雑誌社に行き、杉江さんにそう話すと、

「あ、今日は搬入日だから、早いところで今日の夜あたりに店頭に並ぶんじゃないですかね」

え、そうだったの?

私はこの世界で24年も飯を食ってきて、本も24冊か25冊か書いてきて、
いまだに本がいかにして作られ、いかにして売られているのか
よく理解していない。

そうか、搬入日か。
要するに、印刷所(たぶん)から書店に本が発送されるのが昨日なのだ。
早いところでは昨日のうちに梱包がとかれ(たぶん)、店頭に並べられるが、
多くの書店では翌日、つまり今日から棚に並べられ、販売されるのだろう。
(Amazonも発売日が19日つまり今日となっている)
東京から遠い地方では、それがさらに1日か2日ずれるのだろう。

ああ、よかった。
というわけで、昨日私の「本日発売!」というツイートやFacebookを見て昼のうちに書店に行ったみなさん、
すみません。たぶん見当たらなかったでしょう。
事実上は今日から発売の模様です。

        ☆         ☆          ☆

夜は出版/マスコミ関係者をお招きしての出版記念パーティ。
五十人以上も来てくれ、しかも義理で来たという感じの人がおらず、
ひじょうに楽しい宴会だった。

私は会が始まる4時半頃から挨拶の内容を考えながら飲み始め、
終わったのは午前2時。
まだ体がぐらぐら揺れているが、
これから大久保まで行って、ソマリ料理の食材(骨付き羊肉や各種ハーブ)を仕入れねばならない。

関連記事

no image

語学オタクが喜ぶ変な辞書

シャン語の辞書がほしくて、ヤンゴンに移住した私のITの師匠Gさんに訊いてみたら、 さっそく足と

記事を読む

英国人の見たSMAP

内澤旬子さんと「日本の食」について話してほしいという依頼があり、 「そんなもん、俺に語れるのか

記事を読む

no image

早稲田についての質問は困る

「早稲田」についての記事をつくっている毎日新聞の記者の人から取材を受ける。 その記者さんの話では、今

記事を読む

今年最後のトークイベント&川崎市と横浜市の市境は神の意志で決められた

6月15日(土)19:0016:30(よっしいさんありがとうございました!)より早稲田奉仕園にて、元

記事を読む

no image

インタビューされる方は楽だ

「イングリッシュ・ジャーナル」誌のインタビューを受ける。 以前、私はこの雑誌で仕事をしていたことがあ

記事を読む

no image

孤高の伝道者・大槻ケンヂ

 昨年暮れ、つまり10日あまり前にアップされた音楽関係サイトで、大槻ケンヂのインタビューが載っている

記事を読む

no image

ソマリランド飲酒紀行

昨日発売の週刊SPA!で私の「イスラム飲酒紀行 最終回」が掲載された。 最終回はソマリランド。 ソマ

記事を読む

no image

『「本の雑誌」炎の営業日誌』は「脳内三国志」だ!!

土曜日の夕方、昼寝をしていたら、杉江由次『「本の雑誌」炎の営業日誌』(無明舎出版)が届いた。 これは

記事を読む

no image

知られざる名作がまた一つ

桜栄寿三『蝸牛の鳴く山』(藤森書店)を読む。 先日お会いした作家の古処誠二さんが「すごくいい本です

記事を読む

no image

声が出ない!

たぶん風邪だと思うのだが、 昨日の晩から声が妙にガラガラになり、 今日にいたっては朝からまったく声が

記事を読む

Comment

  1. タツ より:

    アマゾンで予約注文して最低でも今日手元に届くかと思ってたのに、まだ来ないです。今日はもう無理かな。佐川飛脚便で発送したっていうし、ったく。あ~早く読みたい。まだ読んでもいないのに今回の作品はぜったい何かしらの賞をとると勝手に思ってます(笑)

  2. タツ より:

    とおもったらキターー!さっそく読むぞー!

  3. GO より:

    広島はジュンク堂で買いました!ソマリランド本、
    今日の時点で
    いわゆる街の本屋さんはどこにもそれを確認することができませんでした。
    仕方なくじゃないですけど、最後に行ったジュンク堂も新刊コーナーにはなくて、何だまだか、と思いきや
    社会コーナーの「時事アフリカ」の専門書っぽい中に紛れてましたよ。
    高橋秀実さんの本はどこの本屋でも新刊コーナーに平積みされているというのに……この差はなんでしょう。
    本棚に横置きになっていたのが、唯一の救いか。
    しかしあれじゃあ、衝動買いの人を捕まえるのは難しいかもおです。
    我がことのように悲しいので、よっぽど新刊コーナーにこっそり持って行ってやろうかと思いました。実行できなくてすいません。これからぼちぼち読みます

  4. あきーら より:

    届きましたよサイン本!いやー嬉しい。
    昨日発送済のメールが来ていたので、今日は朝から仕事をしていても「帰ったら読めるかも」と思い、なんだか元気が出ましたよ。
    無事、夜に届きました。
    今回の本こそ、まさに高野本の真骨頂!これからじっくり読みます。
    家宝にします。

  5. 百草の薬 より:

    高野様

    先日は急な依頼にご回答いただきありがとうございました。
    移民の宴に続きこちらも当然購入し晩酌のお供になっています!

  6. CHIBASHIYAHAGICHO より:

    今晩は。19日に、ネット購入のサイン本、到着しました。
    ちょっと 気合い入りすぎて、ぶ厚過ぎじゃネ?
    いつもは、面前でサイン頂戴してるんだけど、今回は諸般の事情から、サイン会トークショーには、いずれも参加できませぬ。そう言えば、「 またやぶけ 」や 「 移民たちの宴 」も まだサインもらってなかったのでありました。

タツ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • なんと、「飛んで埼玉」の中で「埼玉解放闘争」の都市伝説を流していたヤバイラジオ局FM NACK5から出演依頼が来た。早速闘争の同志として参加してほしいということか。私は東京都民だが出身は八王子で都会レベルはたしか「E」だしな。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日「翔んで埼玉」をずっと「飛んで埼玉」と書き間違えてツイートしていた。漢字が読めないと揶揄されている人がいるが、私も同類。 ReplyRetweetFavorite
    • この映画はコメディながらとても普遍性のあるテーマを扱っている。もし私が大学で民族問題を講義するときがあれば、まず「飛んで埼玉」を学生に見せたい。そうすれば、差別や偏見、反抗、弾圧、仲間割れ、利権、再蜂起などの展開がよくわかってもらえるはず。初回の授業は映画で終わってしまうが。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー東北部なら、シャン州軍とワ州連合軍が、この映画の埼玉と千葉の関係にちょっと似ている。まあ、ワ軍は千葉というより(この映画の中での)群馬みたいな立ち位置だが。 ReplyRetweetFavorite
    • 最初のうちはただ爆笑していたのだが、埼玉が千葉と抗争を始めるあたりから、なんだか妙になじみのある世界になってきた。ミャンマー辺りの民族紛争にすごくよく似てる。中央政府がマイノリティを切り崩していく感じとか、マイノリティの中でもいくつもに分裂している様子とか。 ReplyRetweetFavorite
    • Amazon Primeで武内英樹監督の「飛んで埼玉」を観た。どんな話か全く知らなかったので、まあ、びっくりしたのなんの。「埼玉解放運動」の“都市伝説”を流しているのが私がよく出演している大宮のFMNACK5だったし。あそこはそんなヤバいラジオ局だったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 内澤旬子『着せる女』(本の雑誌社)内澤さんの最新刊は友人・知人のおじさんたちを素敵に大変身させるファッションエッセイです。出版業界で「ファッションセンス偏差値35あたりを彷徨う」と言われるおじさんたちの変貌やいかに。高野秀行さん、宮田珠己… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑