*

『謎の独立国家ソマリランド』PV&オタク本の魔力

公開日: : 最終更新日:2013/03/19 高野秀行の【非】日常模様

『謎の独立国家ソマリランド』発売1カ月を記念して(?)、
プロモーション映像を作った。

私が作ったのではもちろんなく、本の雑誌社のカネコッチが作ってくれたのだ。
冒頭はいきなり戦闘シーン。これは本書のエピローグで軽く触れている去年11月に私が南部ソマリアで遭遇したもの。
同行していた現地テレビ局のスタッフが撮影していたのだ。

今でもこの場面をみるとその時の緊迫感を思い出し、戦慄が甦る。

さて、そのあとは画像を並べ、バックにはどこから引っ張ってきたかわからない
コピーフリーの音楽がかぶせてある。
この脳天気なロードムービー風の曲がなんともいえない味わいで、
本書のムードに合っている。

カネコッチは本書の地図作りでも手腕を発揮してくれたが、本当に職人である。
このPVが販売促進に少しでも役立ってくれればと思うが、そうでなくても見るだけで面白いので、
ぜひいろんな人に見ていただきたい。

☆           ☆               ☆


最近、我を忘れてむさぼり読んでしまったオタク本が2冊ある。
1冊は『吉田豪の喋る!!道場破り プロレスラー ガチンコインタビュー集』(白夜書房)

芸能人やプロレスラーのことなら本人より詳しいと豪語する吉田豪が新日系のプロレスラーを中心に
「あのときは実はどうだったのか?」と徹底的に聞いていくというインタビュー。

正直言って、20年も30年も昔のプロレスの話なんかどうでもいいのである。
天龍が鶴田をくさしながらも「鶴田がベントレー乗ってるのを見たのはショックだった」とか
新日の遠征では猪木も一緒になって女湯を覗いていたとか、
北尾とテンタのヤバイ試合をしくんだのがどうやらドン荒川だったらしいとか、
松永弘光がポーゴの悪口をミクシイに書いたのをポーゴが怒って、「マイミク切ってやる!」と言ったとか
世間の役に立たないのはもちろん、
私の人生にも1ミリもメリットはない。
今さらそんなこと知っても何にもならない。

…はずなのだが、もう悲しいくらいに笑える。
吉田豪の言うとおり、60歳になっても70歳になっても彼らは「終わらない修学旅行」を生きている。


もう一冊は鈴村和成『書簡で読むアフリカのランボー』(未来社)

こちらも吉田豪の本と全く同じレベルのおたく本だ。
ランボーが詩人を捨てたあとに何をしていたのかなんて本当にどうでもいい。
本書を読んだあとも、ランボーが詩作もパリも捨ててアフリカで商人になったのは
詩とか芸術とかロマンとか文壇の華やかさとか、そういう虚飾に満ちたあれこれに嫌気がさして
「実務」や「酷暑」という粉飾のない世界に身を投じたとしか思えないのだが、
そのランボーの書簡から無理やり「詩人」を読み取ろうとする。

その情熱はかつて、猪木が試合を5分であっけなく終わらせたりしたとき、
「これは猪木の謎かけだ」とか言って、猪木信者がその意味を深く考え議論したときを彷彿させる。
単に体調が悪かったとか借金取りに追われて試合どころじゃなかったとかなのだろうが、
そう言うと話が終わってしまうので
ファンは無理やりそこに意味を汲み取ろうとした。
幻想が幻想を呼び、何が真実かわからないというか、真実などどうでもいいというほどの幻想バブルが燃え上がっていた。

ランボー幻想は猪木幻想よりさらに延々としかも世界中で続いている幻想バブルなのだろう。
本書も言ってみれば猪木信者ならぬランボー信者が書いているわけだ。
私はランボーはどうでもいいけど、ソマリおたくなので、
当時のソマリランド、エチオピア東部、ジブチという百年ちょい前のソマリ世界に大興奮してしまった。

現在ソマリランド第二の都市で、酷暑の港町ベルベラで火事があり、家が全部燃えてしまったとか、
ガダブルシ(南部氏)の土地である同じくソマリランドのゼイラをランボーがこよなく愛していたとか
エチオピア東部のオガデン地方(ダロッド平氏のオガデン分家の居住区)にはゾウがいて、
現地の人たちはゾウ狩りをしていたとか、
もう鼻血が出そうなほど、おもしろい話が載っている。

著者の過剰なランボーへの思い入れのおかげで、ふつうの歴史本とは桁違いに同地の在りし日の様子が生き生きと描かれ、
オタク本、何の役にも立たないがおそるべしなのであった。

関連記事

no image

Shuto ni modoru

3shukan buri ni shuto no Thimphu ni modotte kita.

記事を読む

no image

オーケンが語るジャナワール

 9月20日(木)深夜25:05から放映される関西テレビの音楽情報番組「MUJACK」で 大槻ケンヂ

記事を読む

no image

紀伊國屋書店新宿南口店にてもう一つのトークイベント

渋谷の丸善&ジュンク堂書店でのトークイベントはもう定員に達したようです。 それに行けない方にお知ら

記事を読む

連投初戦で同志発見?!

先週の木曜日から月曜(昨日)まで、5日間で4回の飲み会。 しかもほぼ全てが深酒。 まるで昔の稲尾

記事を読む

no image

猪木信者は本屋信者でもあった!

2年ほど前、「本の雑誌」で「プロレス本座談会」なるものが開かれ、 私も「レフリー:ジョー高野」とし

記事を読む

no image

外国語に泣き、日本語に笑う

日本語教師およびそれを目指す人向けの雑誌「月刊日本語」(アルク)4月号から、新連載をはじめた。 題

記事を読む

no image

ユーラシア大陸を超えて

ポルトガルのリスボン在住の言語学者・小坂隆一氏と 二時間以上、Skype(スカイプ)で話をする。 ス

記事を読む

no image

まるでカフカの「審判」

  「オシムの言葉」(集英社文庫)などユーゴ・サッカー三部作で知られる木村元彦氏から 「争うは本意

記事を読む

no image

小橋ファン、誕生!

暴れん坊の甥っ子(小1)がうちに遊びに来たので、プロレスのDVDを見せてやる。 数年前の三沢光晴V

記事を読む

no image

新刊ラマダン

「在庫一掃読書では本は減らない」という指摘を友人から受けた。 なるほど、それもそうだのだけど、 新

記事を読む

Comment

  1. 惑星 より:

    この宣伝動画は熱いですね。前にブログに書いてあった、ジープが爆発炎上して高野さんが死にかけたのとは別なんでしょうか。
    文庫が出てから買おうとか思ったのですが、今Amazonで買いました(笑)

  2. 高野 秀行 より:

    >惑星さん
    お買い上げありがとうございます!
    この動画はブログに書いた事件と同じものです。
    ただ、『謎の独立国家ソマリランド』ではこの事件についてはエピローグでちょっと触れているだけですが。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • あ、ほんとだ!1988年でした。今までずっと1989年だと思ってた。今年は31周年か。ご指摘ありがとうございます! https://t.co/XA5LqpJZgK ReplyRetweetFavorite
    • いえ、当時から私は事務が全くできず、優秀な後輩たちにやってもらってました。今、彼らが秘書兼マネージャーをやってくれたら、言うことなしなんですが。 https://t.co/JqLR159NYS ReplyRetweetFavorite
    • 実は1989年12月に最初の本『幻の怪獣ムベンベを追え』(後に文庫化されて『幻獣ムベンベを追え』)を刊行した。そしてちょうど30周年記念に「幻のバオバブ納豆を追え」を発表するわけで、この変化のなさには我ながら驚く。 ReplyRetweetFavorite
    • 「幻のバオバブ納豆を追え!」という講演をやります。他の参加者はみな研究者だというのに、私だけこんなタイトル。 https://t.co/x4X419MboR ReplyRetweetFavorite
    • しかし、よく考えてみたら、秘書というのはAIと同じで、こちらが取材内容や取材相手、取材日程を決めなければ、何も動いてくれない。そしてそういうことを考えるのがひじょうに面倒くさいわけだ。それとも優秀な秘書はそこまでやってくれるんだろうか。 ReplyRetweetFavorite
    • 12月から2月にかけての海外・国内旅行の段取りを始めたが、早くも挫折しかけて頭の中は「秘書がほしい!」の声がグルグル。ますます段取りが進まない。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さん@daruma1021 の『間違う力』、読んでいて何度も爆笑。 研究者と辺境探検家には共通することも多く、今日も間違おうと心に決めるのであった。 巻末の「とにかくやる」の信条が刺さる。 上田次郎「なぜ君はベストを尽くさないの… ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑