*

夢のようなアジアの列車旅

公開日: : 最終更新日:2013/04/12 高野秀行の【非】日常模様

おかげさまで『謎の独立国家ソマリランド』は先週、日本経済新聞と東京(中日)新聞の書評で取り上げてもらった。売上げも好調をキープしているようだ。

また、それとは無関係と思うが、『西南シルクロードは密林に消える』(講談社文庫)と『幻獣ムベンベを追え』(集英社文庫)がそれぞれ増刷になった。
ムベンベは10年かけて7刷に達した。
発売2年くらいはどうにもならなかったのだが、地道に部数を伸ばしている。

少しずつソマリ取材大赤字の穴埋めが進み、私としては大変嬉しい。

☆                ☆                    ☆

ノンフィクション作家・木村元彦氏の古い友人で、実は私と一緒にソマリランドや西サハラに行った宮澤の学生時代の友だちだということもわかった木瀬貴吉さんという編集者が、
最近新たに「ころから」という出版社を立ち上げた。
この出版大不況のおりに大した蛮勇である。

その「ころから」第一弾は米屋こうじ『I Love Train アジア・レイル・ライフ』という写真集。

インド、ミャンマー、タイ、台湾、中国などアジア諸国の鉄道を撮影したものだが、
常に現地の人たちの眼差しや暮らしぶりが写っていてとてもいい。
この写真集を見ると、別に旅好きではなくても鉄道好きではなくても、その土地に行って列車に乗りたくなること請け合いだ。
私も「列車を乗り継いでユーラシアを横断したら楽しいだろうな…」とつい妄想してしまった。

巻末にサムネイル写真とキャプションが付けられるという、とても丁寧な作りになっており、
読者としてはその辺も嬉しい。

「ころから」第2弾はファーティマ松本『サウジアラビアでマッシャアラー! 嫁いでみたアラブの国の不思議体験』
1967年生まれの埼玉県人の女性がサウジアラビア人と結婚し、現地で8人の子供を産んで育てた(現在も育てている)という
びっくりするような話。

構成や記述にいろいろ難点はあるものの、まあ、とにかくサウジに長く暮らした日本人の書いた本など他にないので
貴重だ。
とくに、ダンナがイトコを第二夫人として娶ってしまう場面はおそろしい。

当然そんなのはイヤ。しかし拒否したら、自分はサウジ育ちの子供8人連れて埼玉に帰らねばならない…。
男が複数の妻と結婚できる社会は、女性にとってものすごい恐怖&嫉妬との戦いであることを本書で実感した。

こちらも本の作りはとても丁寧だ。

関連記事

no image

タンデム三輪車「トライデム」

拙著『異国トーキョー物語』の最終章に「盲目のスーダン人留学生・マフディ」という男が出てくる。 本名は

記事を読む

no image

大脱出記を生かすも殺すも表現次第

なぜかよくわからないが、小説では「表現」や「いかに書かれているか」が問題とされるのに、 ノンフィク

記事を読む

no image

少数民族の村で

別のミャンマー国境に近い村(?)にいる。 無国籍もしくは国籍不明の人がわさわさいるみたいだ。 雲南

記事を読む

no image

カゴの中の鳥のつぶやき

謎の海賊国家プントランドに入ってからもうすぐ一週間。 今は首都のガロウェという町にいる。 滞在し

記事を読む

no image

一言でいえば飲みすぎ

月曜日は、先日急逝した堀内倫子さんを偲ぶ飲み会を催した。 親しい友人、ご兄弟、それに彼氏だった人も交

記事を読む

no image

魅惑のロシアン・クリスマス

先週末はロシアン・クリスマスを堪能した。 ロシア正教はグレゴリウス暦でなく、もっと古いユリウス暦を使

記事を読む

no image

カン様と韓国

先週、金曜日の話だが、上智大学最後のゲスト対談。 私の本を韓国に紹介、翻訳しているイヤギ・エージェン

記事を読む

no image

丸善ラゾーナ川崎店は伝説になる

今、丸善ラゾーナ川崎店でものすごいフェアをやっている。 その名も「君は高野秀行を知っているか」。 私

記事を読む

今年はこんな本がほしい

新年明けましておめでとうございます。 昨年は私にとってラッキーな年だった。 『謎の独立国

記事を読む

no image

ソマリアのワークショップで怪しまれる

日本エネルギー経済研究所・中東研究センターが主催するソマリア問題のワークショップというやつに行ってき

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2023年1月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑