*

なぜ妻子持ちは超過酷に挑むのか

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

2013.05.13gekisou
1カ月ほど前、鏑木毅『激走100マイル 世界一過酷なトレイルラン』(新潮社)という本を読んで感銘を受けたばかりなのに、
そっくりな題名の本に出会ってしまった。
その名も『激走!日本アルプス大縦断』NHKスペシャル取材班(集英社)

鏑木さんの本はヨーロッパのウルトラトレイル・デュ・モンブラン(UTMB)という世界的なトレイルランの話だが、
こちらは日本。トランスジャパンアルプスレース。
「走行距離160キm、登りの総計が9600mでエベレスト以上」というUTMBに驚いていたが、
今度のは日本海から大西洋まで南北アルプスを縦断するというものすごいもので、総距離415km、登りの総計は27000mで、UTMBの倍以上。
はっきり言って、コースの過酷さでいえば、日本アルプス縦断はUTMBの比ではない。こっちのほうが「世界一過酷」だ。

といっても比べるのはナンセンス。
UTMBでも鏑木さんのような人はプロのアスリート。
生活の糧や自分の存在意義をかけて猛烈なプレッシャーの中を走る。

いっぽう、トランスジャパンはあくまでアマチュアリズムに則った「究極の趣味」。
優勝の賞金も賞品も一切なし。
それで早い人でも5日、遅い人は8日もかけて、日本列島を縦断して走る。
登山をやったことのある人ならわかると思うが、山を夜に移動するというのは原則としてないはず。
なのに、この人たちは夜を徹して走る。
強風や雷雨の闇の中でも走る。
寝不足でときどき居眠り運転ならぬ「居眠りランニング」に陥る。
ありえないほどリスキーで過酷なのだ。

このレースは超過酷だけど、読んでいるとすごくすがすがしい。
荷物を極限まで減らすため、着ているシャツのタグまで切り落とすというのに、
優勝候補の選手は1キロ以上もする救急キットを携帯している。
というのは、この選手は職業が山岳救助隊員なので、途中で他の選手なり登山客なりがケガなどして立ち往生していたら
レースを即中止して救助にあたるつもりなのだ。

他の選手も、決して他の登山者の邪魔をしてはいけないというのを「掟」としているし、
優勝を目指す人もいれば完走だけを目的とする人もいる。
たいていがサラリーマンなので、レース前の一週間は無理な休暇をとるために猛烈に働いている。
要するに、いっけん「ふつうの人」がまったくふつうでない行為をするというのがこのレースの醍醐味なのだ。

詳しくは本書を読んでいただきたいが、私が意外に思ったのは
参加者28名のうち、おそらくほぼ全員が配偶者もしくは恋人がいて、さらに多くが子供もいること。

こんなレースに出るということは日頃からトレーニングもハンパではない。
つまり、ものすごく時間をとられるわけだから、一人もので、しかも彼氏彼女もいない人たちがやりそうなんだが、
実は妻子持ちばかり。

応援してくれる妻子がいるからできるのか、妻子がいるとこういうわけのわからないことがしたくなるのか。
その辺が知りたくなった。

関連記事

no image

間違う力の巨人、インドにデビュー!!

人は私に「間違う力」があるという。 いや、そんなことはない。 というか、私のやってることなど間違い

記事を読む

no image

スリランカ人しかいない焼肉屋

探検部の後輩たち数人と渋谷のラブホ街の真ん中にある焼肉屋に行く。 裏情報誌「裏モノジャパン」の編集長

記事を読む

no image

パリジャンは味オンチ

最近フランス料理店の取材をしていたので、ミツコ・ザハー『パリジャンは味オンチ』(小学館101新書)

記事を読む

no image

世界の巨乳に夢を見ろ?!

   珍しく午前中に家を出て、東西線で移動中、突然便意を催した。  九段下の駅の便所に駆け込んだとこ

記事を読む

no image

「旅行人」最終号

「旅行人」の最終号が届いた。 長く続いた旅の雑誌も165号で幕を閉じることになったらしい。 この最

記事を読む

no image

イラン&スーダン

毎日日替わりで、いろんな国の話を現地出身者か現地をよく知る日本人の人たちに聞いている。 金曜日も風

記事を読む

no image

私の目は節穴

前からうすうす気づいていたことだが、この度私の目が節穴だということが判明した。 なぜなら茂木大輔『

記事を読む

no image

「クロ高」英語版届く!

私が熱狂的な「クロ高」ファンだということは意外に知られていない。 クロ高とは、少年マガジンで連載し

記事を読む

no image

イランにて思ふ

羽田発、関空経由でテヘラン直行のはずが、飛行機が遅れて乗り継ぎができず、 ドバイで一泊するはめになっ

記事を読む

no image

Let’s go パラグアイ!

残念ながら日本はパラグアイにPKで敗れてしまった。 さぞ落胆している人が多いだろうが、そんな人たちに

記事を読む

Comment

  1. 小川祥子 より:

    こんにちは、昨日のラジオ聴きました!
    いつも思うのですが高野さんの声はとても良い声ですよね。
    今回も物騒なお話を楽しく聴かせていただきました。
    安住さんのナビゲートがまた秀逸。
    東京ガベージコレクションが終わってしまい、とても残念です。
    高野さんがもっとラジオに出てほしいなあと思っておりますが
    『謎の独立国家ソマリランド』が売れているので、その可能性もあるかもしれませんね。期待しております。

  2. 杉江@本の雑誌 より:

    ちょうど私も『激走!日本アルプス大縦断』を読み終えました。すごい大会に普通の人が頭を狂わせて出場していて最高でした。私もこの大会に出たい!!です。

    私の場合、「応援してくれる妻子がいるから」でもなく、「妻子がいるとこういうわけのわからないことがしたくなる」わけでもなく、単にトレーニングしている間は、妻子から逃れられるからです。

  3. HU より:

    高野先生も周りからは過酷に挑む既婚者と思われているに違いありません。
    独り者はきっと、過酷で脱落者も多数出る婚カツレースに忙しいのではないでしょうか。

  4. CHIBASHIYAHAGICHO より:

    NHKのテレビで、このレースの特集番組を見ました。参加者の人間離れした身体能力と精神力に鳥肌が立ちます。極限を体感した者の凄さがほとばしるまくりでした。

小川祥子 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 萩尾望都さんがある候補作について、全体の構成力に難があるのが惜しいと言い、さらに「構成がどうすれば良くなるかは体力だ」と述べているが、「体力」とは一体何なのかは書いておらず。経験なのか物語を考える練度なのか。わかるようでわからず、わからないようでわかるような気もする。 ReplyRetweetFavorite
    • 「小説新潮」12月号に日本ファンタジーノベル大賞が発表されていた。私はファンタジーに興味はないが、選考委員の選評というやつは昔から好きで、自分もノンフィクション賞の選考委員になった今はもっと好きなので、さっそく読んでみる。やっぱ、面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 個人的に一押しは『謎のアジア納豆』。高野秀行さんがシャン語やビルマ語より秋田弁の聞き取りに苦闘する場面がツボにはまりました。「なまはげだけが秋田じゃない」秋田ブックフェア in 代官山蔦屋書店  https://t… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 芝園団地の大島隆さんと、団地オーソリティの大山顕さんの対談at下北沢B&B。おもしろくないわけがない! https://t.co/wkGzpQoUS3 ReplyRetweetFavorite
    • 来月10日にはそのカーニバルシリーズの続篇で、ゲストは関野吉晴さん。ラテンアメリカに興味がある人は行くしかないな。https://t.co/HFhYCOOCfS ReplyRetweetFavorite
    • 冒険家にしてカーニバル評論家の白根全さんのイベントに行ってきた。ゲストはピーター・バラカンさん。写真、映像、そして何より自由でパッションにあふれたカリブの音楽が最高。なぜ自分は色気のない不自由なイスラム圏を長く彷徨っているのだろうと思うほど。 ReplyRetweetFavorite
    • 謎の孤立言語ブルシャスキー語の研究者とはどんな人か、興味がある人はぜひ。 https://t.co/eFcNKTfphj ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑