*

ウモッカのトゲ!?

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


早稲田での上映会では錦鯉専門誌という珍しいものと
トナカイのぬいぐるみ(?)という奇妙なものをいただいたが、
その前日、稲城の上映会でもへんてこりんなお土産をいただいた。
主催者のお父さん(!)作製の「ウモッカのトゲ」の陶器。
ちゃんとロクロでつくったという。(写真)
一見するとウモッカのトゲというより、ウモッカタウンのビーチのそこかしこに落ちているという、人やブタの”落し物”に似ている。
こんなもん、私のためにわざわざ作ってくれたのかあ…。
やっぱり、私の本のコアな読者は一筋縄ではいかないのである。

関連記事

no image

千葉のソマリランド人

千葉県東金に住むソマリランド関係者がいる、と前に書いた。 曖昧な言い方をしてしまったが、その人物、実

記事を読む

no image

一言でいえば飲みすぎ

月曜日は、先日急逝した堀内倫子さんを偲ぶ飲み会を催した。 親しい友人、ご兄弟、それに彼氏だった人も交

記事を読む

no image

難病のソナタ

大事なことを忘れていた。 「困ってる人」第12回「わたし、生きたい(かも)」が更新された。 難病女子

記事を読む

no image

まだやる気なのか?

集英社に行き、ムベンベ映画化を目論む映画監督アベ・ユーイチ氏とプロデューサーでネルケピクチャーズ役員

記事を読む

本日発売。自分にとっては世にも奇妙な本

『世にも奇妙なマラソン大会』(集英社文庫)、本日発売です。 私はたいていすごく苦しんで原稿

記事を読む

no image

「またやぶけ」の発見

そうそう、肝心なことをすっかり忘れていた。 奄美で遊んでいるうちに、新刊『またやぶけの夕焼け』(集

記事を読む

仕事を減らして納豆探究?

慢性的な多忙状態が続いていて、すっかりごぶさたしてしまった。 なにしろ2年ぶりに出た自分の新刊

記事を読む

no image

私と平山夢明兄との対談をダウンロードで聴ける

昨日の朝、大野更紗さんに「どうみてもアブディンさんとしか思えない人が朝日新聞の「ひと」に出ています!

記事を読む

no image

惜しい!

 前から見たいと思っていた三池崇史監督「ジャンゴ」を見た。  スキヤキ・ウェスタンという異名のとお

記事を読む

no image

趣味がほしい

毎年のように新年になると「趣味がほしい」と思う。 そう切実に願う理由は二つある。 昔、私の趣

記事を読む

Comment

  1. 石井梨枝 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/523.12 (KHTML, like Gecko) Version/3.0.4 Safari/523.12
    突然のメール、そしてブログのコメント欄にお書きする事、
    申し訳ございません。
    高野様との連絡の取り方が分からず、
    ここからメールを送らせて頂いた事をご了承下さい。
    私は、都内にてテレビ番組の制作に携わっております、
    共同テレビの石井ともうします。
    実は、弊社が制作しております、
    東海テレビ「もりすぎッ!」の年末特番の一環として、
    「微笑みの国、タイから笑顔を学ぼう!」というような
    内容の企画を考えております。
    いろいろと調べさせて頂いた結果、
    高野様が「極楽タイ暮らし『微笑みの国』のとんでもない秘密」
    という本を著作していることを知り、
    出来ればインタビューさせて頂けないかと考えております。
    ご多忙の中時間を取って頂けるか、またインタビュー可能かどうか、
    ご相談させて頂きたく、メールしました次第です。
    ご返事は、上記メールアドレスにご返送頂ければ幸いです。
    急なご相談で申し訳ございませんが、
    何卒宜しくお願いいたします。
    共同テレビ 情報バラエティー部
    石井梨枝 拝

石井梨枝 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • なんと、「飛んで埼玉」の中で「埼玉解放闘争」の都市伝説を流していたヤバイラジオ局FM NACK5から出演依頼が来た。早速闘争の同志として参加してほしいということか。私は東京都民だが出身は八王子で都会レベルはたしか「E」だしな。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日「翔んで埼玉」をずっと「飛んで埼玉」と書き間違えてツイートしていた。漢字が読めないと揶揄されている人がいるが、私も同類。 ReplyRetweetFavorite
    • この映画はコメディながらとても普遍性のあるテーマを扱っている。もし私が大学で民族問題を講義するときがあれば、まず「飛んで埼玉」を学生に見せたい。そうすれば、差別や偏見、反抗、弾圧、仲間割れ、利権、再蜂起などの展開がよくわかってもらえるはず。初回の授業は映画で終わってしまうが。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー東北部なら、シャン州軍とワ州連合軍が、この映画の埼玉と千葉の関係にちょっと似ている。まあ、ワ軍は千葉というより(この映画の中での)群馬みたいな立ち位置だが。 ReplyRetweetFavorite
    • 最初のうちはただ爆笑していたのだが、埼玉が千葉と抗争を始めるあたりから、なんだか妙になじみのある世界になってきた。ミャンマー辺りの民族紛争にすごくよく似てる。中央政府がマイノリティを切り崩していく感じとか、マイノリティの中でもいくつもに分裂している様子とか。 ReplyRetweetFavorite
    • Amazon Primeで武内英樹監督の「飛んで埼玉」を観た。どんな話か全く知らなかったので、まあ、びっくりしたのなんの。「埼玉解放運動」の“都市伝説”を流しているのが私がよく出演している大宮のFMNACK5だったし。あそこはそんなヤバいラジオ局だったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 内澤旬子『着せる女』(本の雑誌社)内澤さんの最新刊は友人・知人のおじさんたちを素敵に大変身させるファッションエッセイです。出版業界で「ファッションセンス偏差値35あたりを彷徨う」と言われるおじさんたちの変貌やいかに。高野秀行さん、宮田珠己… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑