*

祝!第3回 酒飲み書店員大賞受賞

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


 私の敬愛するタマキングこと宮田珠己の『東南アジア四次元日記』(文春+文庫)が
第3回酒飲み書店員大賞を受賞したが、
在庫がほとんどなく文春でも重版をかける気がないため、
受賞作が入手できないという悲惨なことになったのはすでにお伝えした。
 他社の文庫も手を出そうとしない。
 声を大にして言いたいが「みんな、間違っている!」
 さて、今度、タマキングの別の本『52%調子のいい旅』が幻冬舎より文庫化され、
私にも送られてきた。
 タイトルが変更され、『ときどき意味もなくずんずん歩く』。
 
 帯がナイスだ。
「祝! 第3回 酒飲み書店員大賞受賞」
 実は、私が担当編集者に「酒飲み書店員大賞受賞と書けばどんな本でも売れる」と適当なことを言ったら、その編集者が真に受けてそういうコピーをつくってしまったのだ。
 ちなみに担当編集者は、タマキングのエンタメノンフ名著『晴れた日は巨大仏を見に』の
初代編集者にして、「廊下ってエロですよね」とか「和風ってエロですよ」と
妙なエロ発言を連発して一部にファンをもつ袖山さんという女性。
 タマキングは幻冬舎で”世紀の奇書”とでもいうべき、『ポチ迷路』という、
ほんとうに迷路だけの単行本(!)を刊行しているが、
それも担当は袖山さんだ。
 また、今回の『ときどき意味もなく〜』の解説を私に頼んできたのも袖山さんで
実にナイスな人である。
 ご存知のように私はもともと熱烈なタマキンファンなので、
解説を書くのもすごく楽だった。いつも以上に脱力した文章を見ればよくわかる。
 この本がバカ売れして、文春も他社の文庫もほぞを噛むことを祈ってやまない。

関連記事

no image

日本はよい国

天気がいいので、相模湖から城山まで山をぶらぶらする。 途中の休憩小屋で酒が売られているのを見て感激

記事を読む

no image

求む、ナイスな雑木林コース

昨日、鎌倉と江ノ島に行った。 両方とも今までの人生で行ったことがあるといえばある。 が、鎌倉

記事を読む

no image

悪いのは飛蝗か

「本の雑誌」9月号を読む。 特集は翻訳ミステリ。 私は全く知らなかったが、飯田橋に「ブックスサカイ

記事を読む

no image

「ワセダ三畳記」が増刷!

『ワセダ三畳青春記』の増刷が決まった。 集英社文庫、5冊目出してやっと増刷だ。 私は最初『異国トー

記事を読む

no image

高島先生の新刊

連合出版より高島俊男先生の新著『お言葉ですが… 別巻2』が届いた。 最近出版社や編集者からいろんな

記事を読む

no image

まるで結婚式のような…

 上映会第3弾はmixiの高野秀行コミュの主催。  これが凄かった。  コアなファンばかり50人も

記事を読む

グラスワイン100円!! 超激安隠れ家アフリカレストラン「GOMASABA(ゴマサバ)」

以前、知り合った在日アフリカ人の二人が元浅草にレストランをオープンしたというので、 先週、『移

記事を読む

no image

天国再訪

東京はたいへん暑いそうだが、チェンマイは依然として涼しい。 ふと、思い立ち、6,7年ぶりにチ

記事を読む

no image

ミステリ・ノンフィクションの傑作『龍馬史』

ちょっと前まで「学者」というのは圧倒的に年上の先生ばかりだった。 だが今は本のプロフィールを見

記事を読む

no image

ダルマ死す。享年17歳9ヶ月

飼い犬のダルマが昨晩、午前2時ごろ息を引き取った。 享年17歳9ヶ月。人間なら90歳くらいの高齢だっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年1月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑