*

ノルウェー弾丸ツアー

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

IMG_6792(2)
日曜日に出て土曜日にに戻るという、私にとっては「弾丸ツアー」でノルウェーに行ってきた。
目的は以前、モガディショで世話になったハムディに会いに行くこと。
彼女に頼まれて日本に呼ぶ算段をしていたら、突然ノルウェーに行ってしまった。
一体なにが起きたのか訊いてみたかったこと、それにソマリ語会話を半年間やらないと、激しい「飢え」に襲われること、
さらに福祉国家と言われる北欧でのソマリ・コミュを見てみたかったことが理由だ。

これまで準戦地とでも言うべきソマリアでしか会ったことがない彼女を北欧の国で見るのは変な気がしたが、モガディショと全く同じようにファッショナブルだったし
言葉も全くわからないのに、相変わらず、堂々と立ち振る舞っていた。
「ここは平和だけど、それだけ。あとはみんなモガディショのほうがいい」とのこと。
ノルウェーに移住した動機はなかなか興味深く、「ふーん…」とまた新たなソマリの一面を知る思いだった。

IMG_6678(2)

ソマリ・コミュは想像以上に大きかった。
ノルウェーの全人口が400万人しかいないのに、ソマリ人が3万人もいるという。
しかもその大半が、人口約60万人とほぼ八王子市と同じ規模の首都オスロに住んでいる。
街の中央部には「リトル・モガディショ」とも称されるソマリ人街があり、
どこを見渡してもソマリ人。
彼らはソマリ人のレストランでソマリ料理を食べ、平日の昼間からソマリ人のカフェで仲間と延々とおしゃべりをし、
路上の売人からカートを買っては家に持ち帰って仲間と一緒に食べている。
(ヨーロッパではイギリスとオランダ以外、カートは違法。ノルウェーも例外ではないが、私の見たところノルウェー当局は
あえて厳しい取り締まりを行ってないようだった)
ソマリ人は、ハルゲイサでもモガディショでもロンドンでもオスロでも、世界中どこでも同じ生活パターンで生きているのだろう。

当然のことながら、私もそのサイクルにはまっていたわけだ。
IMG_6869(2)
地元の若者たちとオスロの名物であるらしいオペラハウスのスロープ状の屋根に登ったりもした。

帰りにハルゲイサかモガディショに寄りたい!という強い衝動に襲われたが、タイ行きが間近に迫っているためそうもいかず、
(というか、そんなチケットは持ってないし)
名残惜しく帰ってきた。次のソマリ世界への旅は11月、ソマリランドの予定である。

関連記事

no image

世界はまだまだ広く、日本人にもスゴイ人たちがいる

まずはお詫びから。 『謎の独立国家ソマリランド』で2ヵ所誤りが見つかった。 正確に言えば、知

記事を読む

no image

ジュンク堂新宿店&啓文堂渋谷店と特別契約?!

 昨日、ジュンク堂新宿店へ行った。アジア・コーナーには、私の『西南シルクロードは密林に消える』(講談

記事を読む

no image

米軍による驚くべき支援

28日(月)調布市被災者支援ボランティアセンターの手配で、被災地の特養老人ホームに物資を届けるという

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフ・インタビュー

最近、加速的に「エンタメ・ノンフィクション」の普及が進んでいる。 今度は、「図書新聞」でインタビュー

記事を読む

ここ数年最大の問題作か?

キャサリン・ブーの『いつまでも美しく インド・ムンバイのスラムに生きる人々』(早川書房)を読

記事を読む

no image

南伸坊氏のカバー完成

 来年2月刊に集英社文庫から刊行される新作「異国トーキョー漂流記」(これが正式なタイトルになった)。

記事を読む

no image

意識が

「婦人公論」の書評コーナーでインタビューを受ける。 本を出すたびに、こういうふうに反響がくるのはあ

記事を読む

no image

斉藤由貴とギアナ高地

今さらだが、クドカンこと宮藤官九郎脚本のドラマ「我輩は主婦である」を見ている。 斉藤由貴扮する早稲田

記事を読む

no image

炎のドトール執筆日誌

「もうダメだ!」と叫んで家を出たのが去年の夏だった。 原因はインターネット。 常時接続なので、原稿を

記事を読む

no image

常識がひっくり返るドキュメンタリー「えんとこ」を見るべし

 12月6日(月)、13:00より、ポレポレ東中野で「えんとこ」というドキュメンタリー映画が特別上映

記事を読む

Comment

  1. 夕立 より:

    月刊誌 8月号正論に、謎の独立国家ソマリランドの書評が掲載されていました。書評子いわく、面白すぎて時々不安になるのが、唯一の欠点だとか。
    素直に面白いと言えばいいのに。

    • 高野秀行 より:

      お知らせをありがとうございます。
      私も「正論」の書評を読んでみましたが、なぜ不安になるのかわからないですね。
      もしかして、「ここに書かれているのは本当のことなのか?」と思って不安になるんでしょうか。
      それなら杞憂なのですが。

  2. taka より:

    モガディショで、あんなに生き生きしていたハムディが、”移住” するとは・・。やはり、動機を知りたいところです。

夕立 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 3位『移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活 (講談社文庫)』(高野秀行/講談社) 尼:https://t.co/JMJAbhAJZT 楽:https://t.co/4mUnuTJZ7v 日本に住む二百万を超える外国人たちは、日頃いっ… ReplyRetweetFavorite
    • ネトフリでときどき村西とおる監督の実話をもとにしたドラマ「全裸監督」を見てるのだが、妻がなぜかしょっちゅう間違えて「全裸警察」と言う。そんな番組はないっていうのに。あったら見たいが。 ReplyRetweetFavorite
    • そんなレベルじゃなくて直訳調。ウェブに記事をあげたり書き込みしたりするのを「ポストする」なんて言わないだろう、ふつう。 ReplyRetweetFavorite
    • 今読んでる海外ノンフィクション、すごく面白いんだけど、訳が下手すぎ。原文の英語が理解できてないのか、日本語のセンスがないのか、時間がなくてやっつけのまま出版してしまったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 雑誌FRaU最新号の書評コーナーに寄稿しました。「海」をテーマに『海と陸をつなぐ進化論』『タコの心身問題』『日本人の世界地図』を選書。一緒のページのノンフィクション作家の高野秀行さん、モデルのKIKIさん、漫画家の鳥飼茜さんお三方の書評もとっても面白… ReplyRetweetFavorite
    • 著者マルジは女性が人前で男と話をすることさえ憚れるイランから、80年代ドラッグやパンク文化全盛のヨーロッパに1人で移住、人前で平気でセックスする男女を見て絶句するが、読者も絶句だ。 ReplyRetweetFavorite
    • なぜか知らないが、最近新聞に、2005年に出版されたイラン人女性の自伝漫画『ペルセポリス』(マンルジャン・サトラビ著、園田恵子訳/basilico)の広告が出ていたので、気になった再読してみた。12年ぶりに読むと、こちらのイスラム… https://t.co/zzImPg7upE ReplyRetweetFavorite
  • 2019年10月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑