*

本の雑誌はみんなの実家なのか

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

2013.11.13honnozasshiツイッターでつぶやいたので重複するようだが、昨日久しぶりに本の雑誌を読んだ。
 いつも買おうと思いつつ、気づくともう店頭にないというパターンを繰り返していたのだ。

 まずページを開くのはエンタメノンフ文藝部のツートップのエッセイ。
宮田部長も内澤副部長も、なんだか文章がのびのびしている。
お二人の文章は他の雑誌や新聞、単行本でも目にするし、
十分おもしろいのだが、本の雑誌だと、なんだか実家に帰ってくつろいでいるような文章だ。

内澤さんのは「スーツをめざせ!」。
私の受賞式のために衣装を見繕ってくれたルポである。
のっけから「なにしろ高野さんは、宮田さんに勝るとも劣らない残念な服を着る男」
「いつ会っても訳がわからないというか、形容しがたい残念感と怪しさに包まれている」
と内澤節全開。

しかし、それでもジュンコ・ウチザワ先生は私のために衣装選びに全力を注いでくれる。
なんと朝日新聞の書評委員会議で知り合ったいとうせいこう氏までアドバイスを求めたというのでたまげた。

今回は私も寄稿している(だから本の雑誌が家に届いたのだ)。
図書カード3万円分で本を買いまくるという企画。神保町のアジア文庫でタイ・ミャンマー本をメインにアジア本をどっさり買い込みつつ、昔チェンマイで出会った知人の話とかタイ犬連れ旅の話とか雑談をてきとうに書いている。
この文章もまた、全力でリラックスしている。
たしか実際に書いているときも、ほとんど一筆書きのようで、原稿は一瞬で終わったように記憶する。

なんだろう、本の雑誌のこの「実家感」。
これくらい脱力して書いたら、今、苦戦しているソマリランド続篇ももうちょっとうまく書けるんじゃないかと思ったのだった。

関連記事

no image

タイの懐メロを熱唱してしまう

こちらに来て初めて飲み会に行った。 「アジアの雑誌」編集長の夢野狂作夫妻、同誌で辺境レポー

記事を読む

no image

今度はジュンク堂新宿店で

丸善ラゾーナ川崎店で驚いていたら、 今度はジュンク堂新宿店で「高野秀行が偏愛する本たち」というフェ

記事を読む

no image

テレビ川柳師・ナンシー関の秀逸な評伝

読書運というものがあって、読んでも読んでも面白い本に当たらないときもあれば、手にする本がことごとく面

記事を読む

no image

スカの時代

とある人からCDをもらった。 What's love?というスカ・バンドの「バイナラ」というアルバム

記事を読む

no image

紀伊國屋書店新宿南口店にてもう一つのトークイベント

渋谷の丸善&ジュンク堂書店でのトークイベントはもう定員に達したようです。 それに行けない方にお知ら

記事を読む

no image

ima Somaliland desu

Somaliland no shuto Hargaysa ni iru. hoteru no net

記事を読む

no image

高橋留美子に漫画化してもらいたい

相変わらず在日外国人取材の日が続いている。 忙しいのだが、移動や待ち時間も多いので、本は読める

記事を読む

no image

オススメ土着的流行歌

今日は珍しく音楽の紹介をさせていただきたい。 シングルCD エコツミ「さくらの日」 二年前になる

記事を読む

no image

まくらサイズです。

「在日ムスリムのメッカ」と一部で勝手に言われることもある群馬県・館林&伊勢崎の館林を初めて訪れた。

記事を読む

no image

ウモッカ・イベント(?)終了

昨日、「未確認動物的イベント」というのに出た。 けっして盛況とは言えなかったけれど、コアなファンの方

記事を読む

Comment

  1. 天野 より:

    ソマリランド続篇!

    適当に期待してます!

天野 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : みなさん、納豆、お好きですか? ミャンマーの奥地で偶然出会った「納豆卵かけごはん」に衝撃をうけ、アジアの納豆文化を求めて彷徨う旅人は『辺境メシ』の高野さん! 『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』(高野秀行著 新潮文庫) ht… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆」のとなりに、コッソリと「くさいはうまい」(角川ソフィア文庫)を並べるともう臭いプンプン新刊台に♪ ReplyRetweetFavorite
    • 坂野さん、今回も素敵な装幀をどうもありがとうございました!! https://t.co/C6Q6VmjeUo ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行著「謎のアジア納豆」を早速購入しました。 1ページ目からミャンマー北部のカチン独立軍という反政府ゲリラの協力を得て、中国からインド国境を目指していると、ジャングルの村で出されたご飯がまさかの納豆卵かけご飯で…というトンデモナイ出だしでワクワクが… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉」高野秀行(新潮社) ついに文庫化です!UMAを求め世界各地を巡ってきた高野さんが、今度は未知の納豆を求めてアジアを巡ります。納豆?と思うかもしれませんが世界には未確認納豆が溢れています。高野さんにしか書… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます、紀伊國屋書店ゆめタウン廿日市店です。 本日は が入荷しています。 R‐18文学賞読者賞受賞作『1ミリの後悔もない、はずがない』、一木けいさん、ぜひ今押さえておきたい作家さんです。 高野秀… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行氏の『謎のアジア納豆』は物凄く面白い本なので、沢山の人に読んでみて欲しい>RT 日本に暮らしている or 最近日本に来た外国人に「納豆は食べられる?」とニヤニヤしながら質問したことがある多くの日本人にとって、目から鱗が百枚くらいこ… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年6月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑