*

スーダン寿司

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

スーダン人の盲目の友人、というか最近では「出来の悪い弟」みたいな感じになっている
アブディンから電話が来た。
「夏バテで調子がわるい。食欲もなくてさ。寿司なら食えるんだけどね…」
とてもアフリカの砂漠から来た男とは思えん。
しかたないから武蔵境の寿司屋に連れて行った。
自分の金で回らない寿司屋に行ったのは生まれて初めてだ。
アブディンはある大手出版社から本の執筆依頼が来ている。
ついに自著が出る!と最初は喜んでいたが、この日は
「やっぱり文章を書くのは難しいね。グダグダしたことを書きたいのに
なんだかマジメになっちゃうんだ…」
とかグダグダ言いながら人の金だと思ってバカスカ食う。
「日本人は海外に寿司を広めたのは失敗だね。
だって世界中の誰が食っても寿司は美味いよ。
そりゃ、マグロもなくなるよ」
と言いながら、またバカスカ食う。
シリア人の「寿司仲間」に電話して、「オレ、今、めちゃくちゃ美味い寿司食ってるんだぜ」
と自慢したり。
こういうことをふつうに書けばいいと思うんだけどね。
(写真はブラインド・サッカーの練習中のアブディン。こういう格好いいときもたまにある)

関連記事

no image

まんせーむーのうあんあん

「本の雑誌」で今度は、大槻ケンヂ氏と「マンセームーノー対談」。 オーケン博士の分析によれば、人は誰で

記事を読む

no image

酔って記憶をなくします

野宿泥酔の翌日は二日酔いにもならず、心身とも妙に快調。 そして翌々日、つまり今日も絶好調。 身体か

記事を読む

no image

ハチャメチャな宴

探検部の大先輩である関野吉晴さん(一ツ橋大探検部OB)に「望月さんと一緒に飯食わないか」と誘われ、

記事を読む

内側から見た「やくざ」

最近イースト・プレスの本が面白い。 まあ、知り合いの編集者が増えて新刊を送ってきてくれるせいも

記事を読む

no image

エッチな人々

知り合いから連絡があって思い出したが、『天職への階段』(扶桑社)という本が 10日ほど前に出ていた

記事を読む

no image

謎の独立国家ソマリランド大吟醸拾年古酒

仕事場にしている「辺境ドトール」は昭和の世界だ。 店長夫妻が常に店におり、私たち常連の客と交流

記事を読む

no image

半分以上、東京にもどる

昨日の朝、イサーン(東北地方)のウドンターニーから寝台列車でバンコクに到着した。 バンコクは一ヵ月

記事を読む

第3回梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞しました

ほとんどの人は梅棹忠夫・山と探検文学賞なる賞を知らないと思う。 かくいう私も、角幡唯介『空白の五マ

記事を読む

no image

おすもうさん

相変わらず慌しい日がつづいているが、移動時間や待ち時間も多いため 仕事はできなくても本は読める。

記事を読む

no image

何の詐欺だろう?

ここ1ヶ月で2回、実家の母親から「変な電話があった」という知らせがあった。 最初は「ヒデユキ」を名乗

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • つい自分のことを喋りたくなるというのはいい本の証拠ですよね。「弱い本」という概念も新鮮でした。 https://t.co/diLzGixbfC ReplyRetweetFavorite
    • 食べる(理解する)のも出す(感想を言う)のも難しい本でした。食べて出すというのは本当に難しい、それだけはよくわかりました。 https://t.co/Pja7l63gRt ReplyRetweetFavorite
    • イベントの打合せはひじょうに難しい。何が難しいかって、油断すると打合せでつい面白いことをバンバン言ってしまうこと。それは本番のためにとっておかなければいけないのに。話の途中でハッと気づいて寸止め。その繰り返し。 https://t.co/QlCNGZd3dO ReplyRetweetFavorite
    • RT : 月曜日担当・松原です☺️ きょうの内容は・・・ 🍁街ネタ・一関「太鼓店の和太鼓工作キット」 🍁トレンド 本「幻のアフリカ納豆を追え!/#高野秀行」を紹介! きょうからお便りテーマもあります! みなさんのメッセージお待ちしています! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの最新刊、「幻のアフリカ納豆を追え!」では、バオバブの種から作った納豆が出てきます。(昨日読んでました) めちゃ面白いので機会があれば是非! ReplyRetweetFavorite
    • 本書に記されている難病当事者の圧倒的な孤独に坂口安吾の言う「文学のふるさと」を感じてしまった。「生存それ自体が孕んでいる絶対の孤独」、救いがなく慰めようもないけれど文学がそこから始まるしかないもの。… https://t.co/r0tsEFvz2X ReplyRetweetFavorite
    • 私は以前、やはり自己免疫疾患系の難病を患っている大野更紗さんの『困ってる人』(ポプラ文庫)という本をプロデュースした。大野さんは「難病の人の状況や気持ちがあまりにも理解されていない」と声を大にして(でもユーモアたっぷりに)訴えた画… https://t.co/UYvJhSv7tF ReplyRetweetFavorite
  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑