*

抱かれたい路上の男ナンバーワン

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

先日紹介した『TOKYO 0円ハウス0円生活』(大和書房)の著者・坂口恭平が
その本に登場するスーパー・ホームレス「鈴木さん」をモデルに小説も書いていた。
『隅田川のエジソン』(青山出版社)がそれだ。
これがまたメチャクチャ面白い。
鈴木さんがホームレスになってから、どんどん「進化」していく様子を
特に周囲の人々との関係を中心に描いたもの。
『0円ハウス』には描かれなかった鈴木さん(本書では「硯木さん(スーさん)」)のモテモテぶりも
存分に描かれている。
女子ホームレスは最初はイケメンのところに行くが、
やがては生活力のある男のところに来るのだという。
男子の仲間にも次々にアドバイスをしてあげ、感謝され、
ホームレス仲間のハシモトが「スーさんは抱かれたい路上の男ナンバーワンです!」
と叫ぶシーンにいたっては電車の中で爆笑してしまった。
文明とは何かというところを深く考察していながら笑える。
これも読むべし!

関連記事

2014年に読んだ本ベストテン

新年あけましておめでとうございます。 昨年はほんとうに忙しかった。というか、その慢性多忙状態は

記事を読む

no image

ダウン症ドラマーのドキュメンタリー映画「タケオ」

飯田基晴『犬と猫と人間と』『あしがらさん』、土屋トカチ『フツーの仕事がしたい』と、 観た映画がすべて

記事を読む

no image

ウモッカ・イベント(?)終了

昨日、「未確認動物的イベント」というのに出た。 けっして盛況とは言えなかったけれど、コアなファンの方

記事を読む

no image

ハルキとタマキ

「本の雑誌」草むしり早弁号(5月号)が届く。 連載の辺境読書では今回は伊沢正名『くう・ねる・のぐそ

記事を読む

no image

お礼申し上げます

現在、チェンマイから北へ数十キロ行ったところにあるチェンダオという町のはずれにいる。 巨岩の塊のよ

記事を読む

no image

高島俊男先生の人生は失敗だったらしい

敬愛する高島俊男先生の新刊『お言葉ですが…別巻⑤ 漢字の慣用音って何だろう?』(連合出版)を読む。相

記事を読む

no image

シリアス・ファン

義兄マイク・ノックら義理の兄弟一同で新宿に集まり、昼食。 マイクは修行僧みたいな音楽家なのだが、彼

記事を読む

no image

加点法の傑作「ジェノサイド」

ソマリ旅行中、なにしろ一人だけで話し相手もいないから、 iPhoneでツイッターをよく見ていた。

記事を読む

no image

「シワ夢」文庫化

『世界のシワに夢を見ろ!』(小学館)、通称「シワ夢」同社から文庫化されることになった。 今回はマンガ

記事を読む

no image

大作家を斬る!

ある雑誌の増刊号で頼まれていた書評をやっと書く。 私が長らく愛読している、もう亡くなった大作家の作品

記事を読む

Comment

  1. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    >女子ホームレスは最初はイケメンのところに行くが、
    >やがては生活力のある男のところに来るのだという。
    ↑これって人間が生きていくための本能なんでしょうね。
    人が恐怖やスリルを求めるのは、原始時代の人間にはあった
    「生きてゆく上でのありとあらゆる恐怖」を脳が欲してるからだと
    聞いたことがあります。
    しかし、高野さんのこの記事のタイトルと、もう一つ前のタイトル(元首相になりたいて!笑)おもしろい〜!

  2. 同級生A より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N905i(c100;TB;W24H16)
    大学時代、何かの授業で一緒だった者です。当時、「探険部って何やるの?」なんて話をさせてもらった記憶があります。
    先日、新聞で「辺境作家」という肩書きの横に見覚えのある顔写真が。通勤の往復に、文庫になったアマゾンやミャンマーの本を楽しませてもらってます。何だか、生き方貫いてて嬉しかったです。これからも期待してます。

  3. 大学生 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/525.13 (KHTML, like Gecko) Chrome/0.2.149.27 Safari/525.13
    初めてコメントさせていただきます。
    昨日、大学のサークルの後輩から高野さんが執筆された『ワセダ三畳青春記』を借りたのですが、あまりにもおもしろくてついさきほど全部読みきってしまいました。
    もう何ていうか、僕の理想とする大学生活や人生観が詰まっていて、本当におもしろかったです。また、自由に自分のしたいように生きるか、社会にでて組織に属すかという葛藤の描写に強く心が打たれました。すぐにこの本を読みきった後、インターネットで高野さんのことを検索して、こちらのブログの方を見つけました。
    これからもこちらの方を拝見させていただきます。
    拙い文章で申し訳ないです・・。

  4. 歌川 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    読みました。高野さんのセンスは頼りになります。
    「抱かれたい路上の男・・・」は食い気味に爆笑。
    あと「ナンデモタオル」  このタオル名、頭からはなれない。
    「−−−言われるまでは、好きにやる。これがおれのやり方だ。」
    はー格好良い。
    読み終えると 「解放」を感じ、好きな小説だなあとしみじみしました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑