*

抱かれたい路上の男ナンバーワン

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

先日紹介した『TOKYO 0円ハウス0円生活』(大和書房)の著者・坂口恭平が
その本に登場するスーパー・ホームレス「鈴木さん」をモデルに小説も書いていた。
『隅田川のエジソン』(青山出版社)がそれだ。
これがまたメチャクチャ面白い。
鈴木さんがホームレスになってから、どんどん「進化」していく様子を
特に周囲の人々との関係を中心に描いたもの。
『0円ハウス』には描かれなかった鈴木さん(本書では「硯木さん(スーさん)」)のモテモテぶりも
存分に描かれている。
女子ホームレスは最初はイケメンのところに行くが、
やがては生活力のある男のところに来るのだという。
男子の仲間にも次々にアドバイスをしてあげ、感謝され、
ホームレス仲間のハシモトが「スーさんは抱かれたい路上の男ナンバーワンです!」
と叫ぶシーンにいたっては電車の中で爆笑してしまった。
文明とは何かというところを深く考察していながら笑える。
これも読むべし!

関連記事

no image

これからちょっとソマリランド

本日より約1年4ヶ月ぶりのソマリランド行きである。 帰国は今月の26日の予定。 おや、と思わ

記事を読む

no image

ミャンマーとタイ

私の昔なじみの国が二つ緊迫している。 一つはミャンマー。 総選挙でアウン・サン・スー・チーが立候補で

記事を読む

no image

舟を編む

何とは言わないが、ひどい小説を読んでしまい、 「とにかく上質な作品で口直ししたい!」と本屋の棚を彷

記事を読む

no image

ディアスポラ

エンタメ・ノンフ作家は彷徨うことが宿命づけられている。 本人もそうだが、著書はもっと。 書店に棚がな

記事を読む

no image

山口晃、増刷、イベント

ロマ音楽につづいて私が最近嵌っているのは山口晃。 彼の『ヘンな日本美術史』(祥伝社)はあま

記事を読む

no image

オーケンが語るジャナワール

 9月20日(木)深夜25:05から放映される関西テレビの音楽情報番組「MUJACK」で 大槻ケンヂ

記事を読む

no image

イトコの息子と探検部の後輩

盲目のスーダン人・アブディンの親しい友だちで 外語大のアラビア語学科在籍中にスーダンへ一年間留学した

記事を読む

no image

「メモリークエスト」再開

銀座のマガジンハウスに行き、「an an」と「TARZAN」のインタビューを受ける。 両方ともマラ

記事を読む

no image

大脱出記を生かすも殺すも表現次第

なぜかよくわからないが、小説では「表現」や「いかに書かれているか」が問題とされるのに、 ノンフィク

記事を読む

no image

故郷再訪

実家に帰る用があったので、ちょっと気が向いて、 子どもの頃住んでいた家の辺りや遊び場にしていた場所を

記事を読む

Comment

  1. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    >女子ホームレスは最初はイケメンのところに行くが、
    >やがては生活力のある男のところに来るのだという。
    ↑これって人間が生きていくための本能なんでしょうね。
    人が恐怖やスリルを求めるのは、原始時代の人間にはあった
    「生きてゆく上でのありとあらゆる恐怖」を脳が欲してるからだと
    聞いたことがあります。
    しかし、高野さんのこの記事のタイトルと、もう一つ前のタイトル(元首相になりたいて!笑)おもしろい〜!

  2. 同級生A より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N905i(c100;TB;W24H16)
    大学時代、何かの授業で一緒だった者です。当時、「探険部って何やるの?」なんて話をさせてもらった記憶があります。
    先日、新聞で「辺境作家」という肩書きの横に見覚えのある顔写真が。通勤の往復に、文庫になったアマゾンやミャンマーの本を楽しませてもらってます。何だか、生き方貫いてて嬉しかったです。これからも期待してます。

  3. 大学生 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/525.13 (KHTML, like Gecko) Chrome/0.2.149.27 Safari/525.13
    初めてコメントさせていただきます。
    昨日、大学のサークルの後輩から高野さんが執筆された『ワセダ三畳青春記』を借りたのですが、あまりにもおもしろくてついさきほど全部読みきってしまいました。
    もう何ていうか、僕の理想とする大学生活や人生観が詰まっていて、本当におもしろかったです。また、自由に自分のしたいように生きるか、社会にでて組織に属すかという葛藤の描写に強く心が打たれました。すぐにこの本を読みきった後、インターネットで高野さんのことを検索して、こちらのブログの方を見つけました。
    これからもこちらの方を拝見させていただきます。
    拙い文章で申し訳ないです・・。

  4. 歌川 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    読みました。高野さんのセンスは頼りになります。
    「抱かれたい路上の男・・・」は食い気味に爆笑。
    あと「ナンデモタオル」  このタオル名、頭からはなれない。
    「−−−言われるまでは、好きにやる。これがおれのやり方だ。」
    はー格好良い。
    読み終えると 「解放」を感じ、好きな小説だなあとしみじみしました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年10月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑