*

抱かれたい路上の男ナンバーワン

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

先日紹介した『TOKYO 0円ハウス0円生活』(大和書房)の著者・坂口恭平が
その本に登場するスーパー・ホームレス「鈴木さん」をモデルに小説も書いていた。
『隅田川のエジソン』(青山出版社)がそれだ。
これがまたメチャクチャ面白い。
鈴木さんがホームレスになってから、どんどん「進化」していく様子を
特に周囲の人々との関係を中心に描いたもの。
『0円ハウス』には描かれなかった鈴木さん(本書では「硯木さん(スーさん)」)のモテモテぶりも
存分に描かれている。
女子ホームレスは最初はイケメンのところに行くが、
やがては生活力のある男のところに来るのだという。
男子の仲間にも次々にアドバイスをしてあげ、感謝され、
ホームレス仲間のハシモトが「スーさんは抱かれたい路上の男ナンバーワンです!」
と叫ぶシーンにいたっては電車の中で爆笑してしまった。
文明とは何かというところを深く考察していながら笑える。
これも読むべし!

関連記事

no image

柏レイソルに敗れる

ソマリランドの命綱とも言われるベルベラ港の出身のソマリ人がいると聞き、 その人の住む柏まで会いに行く

記事を読む

no image

「大人の遠足」速報

みなさん、お久しぶりです。 私は、アルジェリア領のサハラ砂漠で行われた「サハラ・マラソン」42.19

記事を読む

no image

昔の縁

仕事というより雑事に追われて ブログを書く時間もなかなかとれない日々が続いている。 昨日は稲城市で上

記事を読む

no image

タカノゴダン来宅

先週は客人がぞこぞこうちにやってきて、中には泊っていく人もおり、 「民宿&居酒屋タカノ」状態だった。

記事を読む

no image

ソウル・ショック!

ソウルより帰国した。 予想以上に驚くことがたくさんあった。 まず、ひじょうに残念な話。 最初の目的で

記事を読む

no image

今までいちばんビビッたのは…?

上智対談講義第3回目はミャンマーで辺境専門旅行会社を経営する金澤聖太師範。 (極真空手の猛者なので私

記事を読む

no image

mission complete

ima,yatto shuto Dhaka ni modotte kita. shinjir

記事を読む

no image

どんびき芸、健在

付き合いのある新潮社の編集者Aさんより中島義道先生の新刊『女の好きな10の言葉』が届いた。 ぱらぱ

記事を読む

no image

SFの「次」

 本の雑誌社の杉江さんに会い、「SF本の雑誌」の「見本」をもらう。 なぜ「見本」なのかというと、先

記事を読む

no image

え、「謎と真実」?!

学研「ムー」別冊の、こんなムックでインタビューを受けてます。 なんだか、とても懐かしい気持ちになれる

記事を読む

Comment

  1. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    >女子ホームレスは最初はイケメンのところに行くが、
    >やがては生活力のある男のところに来るのだという。
    ↑これって人間が生きていくための本能なんでしょうね。
    人が恐怖やスリルを求めるのは、原始時代の人間にはあった
    「生きてゆく上でのありとあらゆる恐怖」を脳が欲してるからだと
    聞いたことがあります。
    しかし、高野さんのこの記事のタイトルと、もう一つ前のタイトル(元首相になりたいて!笑)おもしろい〜!

  2. 同級生A より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N905i(c100;TB;W24H16)
    大学時代、何かの授業で一緒だった者です。当時、「探険部って何やるの?」なんて話をさせてもらった記憶があります。
    先日、新聞で「辺境作家」という肩書きの横に見覚えのある顔写真が。通勤の往復に、文庫になったアマゾンやミャンマーの本を楽しませてもらってます。何だか、生き方貫いてて嬉しかったです。これからも期待してます。

  3. 大学生 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/525.13 (KHTML, like Gecko) Chrome/0.2.149.27 Safari/525.13
    初めてコメントさせていただきます。
    昨日、大学のサークルの後輩から高野さんが執筆された『ワセダ三畳青春記』を借りたのですが、あまりにもおもしろくてついさきほど全部読みきってしまいました。
    もう何ていうか、僕の理想とする大学生活や人生観が詰まっていて、本当におもしろかったです。また、自由に自分のしたいように生きるか、社会にでて組織に属すかという葛藤の描写に強く心が打たれました。すぐにこの本を読みきった後、インターネットで高野さんのことを検索して、こちらのブログの方を見つけました。
    これからもこちらの方を拝見させていただきます。
    拙い文章で申し訳ないです・・。

  4. 歌川 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    読みました。高野さんのセンスは頼りになります。
    「抱かれたい路上の男・・・」は食い気味に爆笑。
    あと「ナンデモタオル」  このタオル名、頭からはなれない。
    「−−−言われるまでは、好きにやる。これがおれのやり方だ。」
    はー格好良い。
    読み終えると 「解放」を感じ、好きな小説だなあとしみじみしました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : いい本買った。世界各地から来ている難民の人たちが、日本で手に入る食材で作る料理の本。 https://t.co/tSZtHo5Yya ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【来店&オンライン】 『ある大学教員の日常と非日常』(晶文社) 『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)刊行記念 横道誠×高野秀行トークイベント 「迷宮めぐりの旅談義」 11/4(金)19:00 「混沌から明晰へ」と向かう作品世界… ReplyRetweetFavorite
    • 「連戦連敗の学習法」とは星の数ほどある語学習得法の中でも史上初にちがいない。 https://t.co/BJYpRz6oka ReplyRetweetFavorite
    • RT : 発売中の「女性セブン」に高野秀行さんの『語学の天才まで1億光年』についてのインタビューが掲載されています!取材、構成は佐久間文子さん。「びっくりするぐらい本格的な内容の本」としながら、高野さんの楽しい文体の理由も明かしてくださっています。 h… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 25以上の言語を学んだノンフィクション作家・高野秀行さんが明かす“連戦連敗”の学習法 https://t.co/odail34l2y 「ぼくは言語おたく、はやりの言葉で言うと『言語推し』ですね」 @… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『語学の天才まで1億光年』 スペイン語=カクカク「平安京言語」他方ポルトガル語は アマゾン冒険でローマ字読みで習ったポル語が全く聞き取れず、ネイティブに学ぶべきだったとしきりに後悔しつつ、両言語を縦横に語る至言の数々 ただスペ語にクレ… ReplyRetweetFavorite
    • 野谷文昭先生、おめでとうございます! この本は、実在した主人公がコンゴ→アマゾン(プトゥマヨ川流域)→独立運動と移行していくという点で、私の『語学の天才まで1億光年』と見事にシンクロしており、本当に驚かされました。 https://t.co/MhFDF26sS6 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年10月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑