*

モノカキ=ハジカキ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

 
先日、読者の方からメールで『辺境の旅はゾウにかぎる』の誤りを指摘された。
船戸与一『金門島流離譚』の解説(P.236)で、国共内戦に国民党が敗れたあと
大陸からやってきた中国人を「外省人」、もとからいた中国系を「内省人」と書いていた。
ご丁寧に「ないしょうじん」とルビまで振っているのだが、
実は「内省人」などという言葉はない。
ほんとうは「本省人」である。
「外」の反対語は「内」だから、勘違いしたのだろう。
しかし、何度も読み直したのに全然、その間違いに気づかなかった。
どうかしている。
もっとも私のような粗忽な、あるいは無知な著者の書いたものは
校正者がちゃんと直す。
校正ゲラがあがってくると、赤面するほど、いろんな指摘がされているのが通常だ。
そんなプロの校正者も気づかなかったらしい。
さらに言えば、発売後4ヶ月もたつのに、今まで誰からも指摘を受けなかった。
よほど気づきにくい間違いだったのだ…と考えたいが、
私には台湾を専門に研究している友人もいる。
彼が見逃すわけないよな。
彼をはじめ、多くの人が苦笑しながらも、温かくスルーしてくれていたのだろう。
いや、ほんとにお恥ずかしい。
ちなみに、ご指摘をいただいた読者の方は台湾の客家語教室を開いたりしているほどの
台湾通らしいが、その方によれば、
「もっとも、「本省人」も普段あまり使われない言葉で、
「台湾省」が事実上廃止された 現在は「本島人」を使うべきだと独立派の人たちは主張しています。
さらに言うと、「本島人」も余り使われない言葉で、「四大族群」として、「原住民、客家、ホーロー(福建系)、外省」というのが一般的に言われています。
そして、「外省VS本省」という対立よりも、人口の7割を占めるホーローに対抗して、
「ホーローVSその他」という構図が見られるなど、なかなか一筋縄ではいきません」
とのことである。
もう一つ、ミャンマー専門家の義姉から指摘を受けた誤りがある。
ミャンマーの腰巻きについて、私はこう書いている。
「一般にロンジーと呼ばれているが、正確には男ものがロンジーで、
女ものはタメインという」(P.67)
これは間違い。ほんとうは、
「一般にロンジーと呼ばれているが、正確には男ものがパソーで、
女ものはタメインという」
と書かなければいけなかった。
こちらは勘違いでなく、本式に間違って憶えていた。
薀蓄を披露するところで間違ってどうする!と自分ごとながら突っ込みたくなる。
一般に、物書きとは「恥書き」の同義語だ。
自分の見聞きしたことや思ったことをしたり顔で書いたうえ、
それを売って金を得ようなんていうことは相当な恥知らずでないとできない。
さらにはこんな基本的な間違いまで犯す。
モノカキはハジカキ−−とあらためて胆に命じておきたい。

関連記事

no image

撮影会はないのか

もうここ半年くらい、ずーーーっと思いつづけていることがある。 自分の泳ぐ様子をビデオに撮影してみる方

記事を読む

no image

ついに文庫1位、総合3位!

「異国トーキョー漂流記」フェアで突っ走るブックストア談 浜松町店。 今日、5月1日〜7日までの売上げ

記事を読む

no image

パキスタンの辺境

週刊プレイボーイのインタビューで集英社の会議室に行ったら 探検部で3年先輩のTさんがふらっと現れた。

記事を読む

no image

モンスタークエスト

今週はいろいろと忙しい。 月曜日は、ワセダで、アメリカの衛星放送局ヒストリーチャンネルの「モンスター

記事を読む

no image

イベントのお知らせ

2月21日(木)20:00~、下北沢のB&Bにて『謎の独立国家ソマリランド』の刊行記念ト

記事を読む

第3回梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞しました

ほとんどの人は梅棹忠夫・山と探検文学賞なる賞を知らないと思う。 かくいう私も、角幡唯介『空白の五マ

記事を読む

no image

トルクメニスタン特集

毎回ディープな特集で楽しませてくれるバンコク発の特殊月刊誌「G-Diary」。 ちょっと遅くなって

記事を読む

no image

就職するならNACK5

昨日(木曜日)、さいたま市を本拠地とするFM局NACK5の番組「セイタロウとケイザブロウのおとこラジ

記事を読む

no image

エル・ニーニョ

レイモンド・チャンドラー『リトル・シスター』は、訳はいいんだけどいかんせん原作がぐちゃぐちゃの失敗作

記事を読む

no image

霊能者、超能力者におねがい

先日、図書館教育ニュースという、学校図書館の壁に貼り出す写真新聞の取材を受けたのだが、 なにせカラー

記事を読む

Comment

  1. 義姉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    物書きのつらいところって、証拠が残っちゃうことですよね。だからこそ、何年も前に、それどころか何百年も前に書いたものがネタになって、当人とっくに死んでるのに批判されたりしたりして。批判されて納得できない時は受けて立つ、打たれ強さが物書きの身上なら、誤りをいさぎよく認めるのも物書きのえらいところですよ。
    いや〜、物書きってやっぱりすてきですねえ〜。

  2. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
     高野さんのお偉いところは、間違いを指摘されたところをこうやって
    オープンにしちゃうところだと思いますよ。
     「怪魚ウモッカ」が掲載されていたころに買った、小説すばる に
    載っていた推理小説、どう読んでも犯人Aにはアリバイがあるので、
    その旨「おかしいじゃない」とすばる編集部に連絡しましたが、まったく
    無視されまっしたよ。
    (スラウェシでのシーラカンス探しは失敗に終わりました)

  3. りるる より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    ロンジー すてきですよね。
    ミャンマーからの研修生テンコー君は崇高な目標と国のため日本に研修にきてるんですが、
    秘かにミャンマーのテンコー様 と呼んでいます。
    アジアは なかなか 奥が深いです。
          (ヨン様フアンの日本語教師)

  4. rira より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    台湾を専門に研究している友人って、もしかしてオレのこと?
    もちろん、すぐに気付いていたよ!(笑)
    それにしても面白い本だよね、これも!
    ちなみに最近妻は、ゆかさんの『愛犬王』を読んでます。

りるる にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ご丁寧にどうもありがとうございます!「モディリアーニにお願い」は第3集までコンスタントに面白かったです。第4集も期待してます。奄美のケンモン話は私も好きです。 ReplyRetweetFavorite
    • 辺境ドトールで仕事してたら、店長がどこかから個人的に入手した「ウィスキーコーヒー」を飲ませてくれた。ウイスキーの樽にコーヒー豆を何年も寝かせて作ったものだという。アルコール分はもちろんないけど、香りも味も濃厚なウイスキー風味で、だんだん酔ってきた。 ReplyRetweetFavorite
    • ジュンク堂吉祥寺店では文化人類学特集をやっていたが、一冊だけ文化人類学と関係ない本があった。私の『謎の独立国家ソマリランド』。しかも、宮本常一『忘れられた日本人』とマリノフスキー『西太平洋の遠洋航海者』にはさまれて。何か間違ってると思うが、とても嬉しい。 ReplyRetweetFavorite
    • 仕事と雑務がちょっと一段落したので、勇気を振るってものすごく久しぶりに大型書店(ジュンク堂吉祥寺店)へ行ったところ、あまりに楽しくて、3時間近くも店から出られなかった。だから大型書店は怖い。 ReplyRetweetFavorite
    • 今日、休日だったのか! どうも普通の月曜日と様子が違うと思ってた。 ReplyRetweetFavorite
    • 勉強会と2次会には万城目学さんも来てくれたのであれこれ話す。小説にしてもご本人と話しても、どこか万城目さんの目の付け所や思考回路は自分に似てると思ったら、万城目さんも「高野さんの思考回路は自分に似てる」と言う。しかし、酔っ払った二人にはどこが似てるのか言語化することができず。 ReplyRetweetFavorite
    • とある中東系勉強会で発表。研究者の人たちがメインの参加者だったので、とても勉強になった。これで5月末からほぼ毎週続いた講演会&トークイベント強化期間はとりあえず終了。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑