*

バトルロイヤル、参戦!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

先日「酒飲み書店員(中略)大賞」なるものに選ばれ、千葉と都内東部を席巻している(?)「ワセダ三畳青春記」が、今度は新宿に進出である。
私は知らなかったが、紀伊国屋新宿本店1階の常設フェアに「私のおすすめ本 バトルロイヤル」というものがあるらしい。
 毎月、店員おすすめの本をPOP付きで展開。売上を競い、一番売れた本は翌月もチャンピオン本として残すという、過酷な戦いである…という。
そこに「三畳記」が参戦することになった。
期間は7月1日から31日まで。
みなさん、新宿に立ち寄ったら、無理にでも紀伊国屋本店へ行き、
すでに買って読んでいてもいいから、頑張って「三畳記」を一冊買いましょう。
そして、あのバカな本を7月のチャンピオンにしましょう。
このブログのアクセス数は平均250くらい。
250人がみんなで一冊ずつ買えば、月間チャンピオンになれるんじゃないか。
なってどうする?…と訊かれると困るんだが。

関連記事

no image

「イエティは現実だ」

長らく待っていたブータン行きがやっと決定した。 来週の14日(水)に出発となった。 期間は約一ヵ月半

記事を読む

no image

『腰痛探検家』&『空白の5マイル』発売

早大探検部の後輩で、今年開高健ノンフィクション賞を受賞した 角幡唯介『空白の五マイル』(集英社)が

記事を読む

no image

「王様のブランチ」撮影

『世にも奇妙なマラソン大会』(本の雑誌社)がTBSの「王様のブランチ」にとりあげられることになり、今

記事を読む

no image

うちの子は中華学校に入れたい

最近、「移民の宴」の取材があまりに頻繁で、 週に3,4回、編集の河井さんとカメラマンの森清と一緒に

記事を読む

no image

「アヘン王国」復活?!

知人から「アヘン王国」関係の情報を教えてもらった。 「黄金の三角地帯」でアヘン生産が激増しているとい

記事を読む

no image

小説の書き方本、ベスト3はこれだ!

「本の雑誌」12月号が届いた。 特集は「いま作家はどうなっておるのか!」 ベテラン文芸編集者が匿名

記事を読む

no image

衝撃の超人たち

どこへも行かず、誰からも連絡が来ず、飲み会もない平和な日々が続いている。 お盆+オリンピックはほんと

記事を読む

no image

マイブームじゃなかった…

依然としてマイ・ブームとして続いている「自閉症モノ」、 3冊目に読んだやはり泉流星の『僕の妻はエイリ

記事を読む

no image

辺境ミステリの醍醐味

 私はついこの間まで「辺境作家」と名乗っていたくらいの辺境好きだが、年を追うごとにその度合いがど

記事を読む

no image

熊いじめと阿片チンキ

前々から英語圏に興味がなかったのだが、最近ははっきりと拒否反応を示すようになってきた。 おかげで客

記事を読む

Comment

  1. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; (R1 1.5); .NET CLR 1.1.4322)
    ではとりあえず1冊本店で。

  2. りーだー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    だーっ、7月1日はちょうど出張で新宿行ってたのにー。
    知ってたら、紀伊国屋で1冊買ったのに……ザンネン。

  3. haru より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    タカノさん、こんにちは。
    「三畳記」、買いました。
    ・・・いわき市で。
    遠いです、新宿紀伊国屋。
    参戦できなくてすみません。
    でも「三畳記」、買うの3冊目なんで許してください。
    この本を友達に貸すと、必ず、必ず、返ってきません。

  4. えみ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    では私が月曜日辺りに参りましょう。
    でも前の本も愛着があるから誰かにプレゼントしようかな

  5. kajie より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    ある出版社で書店営業の仕事をしている者です。遅ればせながら紀伊國屋新宿本店で「ワセダ・・・」を一冊購入し、拝読いたしました。すっごく面白かったです。ただ、この「バトルロイヤル」コーナーの10冊のうちの一冊に自社の本が入っておりましたため、申し訳ないですが高野さまのご健勝並びに自社本の勝利を祈念いたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 高野秀行フェアですが、場所を変え品を変え開催しております。何故か初期作品の方が売れ行きが良かったので追加してみました2作品と、文庫新刊の「辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦」(集英社)。この本もかなり面白いです。読める気がしない本を読んだ… ReplyRetweetFavorite
    • 現実はSFより奇なり、だ。200頁足らずの本だが学術書のため4800円もする。だから一般の読者にお勧めはしないが、興味のある人には読む価値が十分すぎるほどある。ていうか、マジおもしろい。 https://t.co/5c390UwAXF ReplyRetweetFavorite
    • 最近、「本の雑誌」連載のためSF小説を集中して読んでいたが(詳しくは同誌に書く予定)、一段落したので、人類学の本を久しぶりに読んだ。砂野唯著『酒を食べる エチオピア・デラシャを事例として』(昭和堂)。なんと、栄養摂取の方法として酒しか飲まない民族がエチオピアにいるという(つづく) ReplyRetweetFavorite
    • わけのわからない本の書評なら仲野先生の右に出る者はないですねー。 https://t.co/GPmnRcxG8V ReplyRetweetFavorite
    • 本格お笑い言語エッセイ第2回「新たな敵とリンガラ語」。新たな敵とは意外な人物でした。https://t.co/f4KORHhsXn ReplyRetweetFavorite
    • RT : 探検ジャーナリストがアフリカと韓国に納豆を追う https://t.co/HDSDmFpIAH 「なんでまた!?」と突っ込みたくなるテーマ。そういうプロが手をつけない領域に飛び込んでいくのが、在… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの魅力がびしばし伝わるオンラインイベント「高野秀行辺境チャンネル」の次回開催は11月7日(土)14時スタート!テーマはあの驚きの展開の衝撃作『怪魚ウモッカ格闘記』。Q&Aやチャットを使っての質問もお気軽にできます。ただ今見逃し視… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年10月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑