*

プロデュース業はじめました

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

明大前にて、年下の友人Wと打合せ。
いつもと立場はちがい、今度は私が編集者役。
書くのは向こうだ。
実は来年、彼をノンフィクション作家デビューさせようと企んでいる。
Wは取材力、文章力、持ちネタの強さと三拍子そろった逸材だから
あとは背中をドンと押してやればいい作家になると踏み
最初の作品を書かせているのだ。
それにしても、編集者役はいい。
「導入時にすぐ主人公の話に入れ」とか「説明を少なく、もっと描写を」とか、
「周辺取材が足りない。主人公を外から眺める視点がほしい」とか
もう言いたい放題。
いつも言われていることをそのまま言っている感じだ。
言うだけで書くわけでないのがこれまたいい。
小説は新人賞もたくさんあるし、新人を育てるシステムもあるが
ノンフィクションやエッセイにはほとんどそういうシステムがない。
私の周りには優秀な人材が眠っている。
まずWを成功させ、次にはスーダンのアブディンとか、
どんどんプロデュースしていく。
いずれ、みんなが成功し、私の育てた作家たちで書店売上げベスト5を独占し、
それが漫画化・ドラマ化・映画化され、
「タカノ・ファミリー」とか呼ばれて、
ちゃんとピンはねして、年収10億を稼ぎ、
ミャンマーやコンゴの辺境に自家用ジェット機と自家用ヘリで通う予定だ。

関連記事

no image

「シワ夢」文庫化

『世界のシワに夢を見ろ!』(小学館)、通称「シワ夢」同社から文庫化されることになった。 今回はマンガ

記事を読む

no image

『神に頼って走れ!』見本とどく

『神に頼って走れ! 自転車爆走日本南下旅日記』(集英社文庫) の見本がさきほど届いた。 すんごく派手

記事を読む

no image

ペルシア猫を誰も知らない

イランのクルド人監督バフマン・ゴバディの『ペルシア猫を誰も知らない』を渋谷ユーロスペースで見た。

記事を読む

no image

最近、高野秀行の本がつまらないと思われている方、私以外にいらっしゃいますか?

最近気づいたのだが、Yahoo知恵袋になんとこんな質問が寄せられていた。 「最近、高野秀行の本

記事を読む

no image

一度は行って見たい国

渋谷のトルコ料理店で若いユニークな女性2名と飯を食った。 一人は昨年まで大学院でアフリカのエリトリア

記事を読む

no image

ブックストア談は凄い!

「異国トーキョー漂流記」を大売りだししているユニークな書店「ブックストア談・浜松町店」へ行き、御礼

記事を読む

no image

編集者は辛いよ

私がプロデュースするアブディン『わが盲想』がいよいよ終盤にさしかかっている。 本来なら2月いっ

記事を読む

no image

ある阿呆の血

10日ほど前だが、このブログを通して、読者からのメールが来たのはいいが、 「あなたは私を知っている。

記事を読む

no image

インド入国(たぶん)OK!

ほぼ三週間ぶりの更新だ。 ずいぶんといろいろなことがあった。 なかでも特筆することが二つある。両方と

記事を読む

no image

妻が小学館ノンフィクション大賞受賞!

思いがけない事態が起きた。 私と同じくフリーのライターである妻・片野ゆかが今年度の小学館ノンフィクシ

記事を読む

Comment

  1. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
     いいですね、プロデューサー業。
     最近、異国トーキョー漂流記 を初めて読ませていただきました。
     面白い! なんか平成の椎名誠、って感じです。高野さんってこんなに
    沢山の言葉が話せるんですね、すごいっすごい。
     個々の人たちとのつき合いが深くて、僕の一番好きなのは第一章の
    「フランス人による日本インド化」ですが、次に驚いたのはアブディンさんの「目が見えないことによって漢字をクリアできた」みたいな話です。ぜひともアブディンさんの本を読んでみたいものです。

  2. より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.3) Gecko/2008092417 Firefox/3.0.3
    面白そう!
    高野さんの文章が読めなくなるとしたら残念だけど、高野さんおすすめの作家さんの本を何冊か読ませていただいたところ、全部気に入りました。
    …ということは、高野さんがプロデュースされたのも、絶対に気に入りそうです。
    ぜひその暁には、私も「タカノ・ファミリー」に参加させてください☆

  3. gadogado より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; BT Openworld Broadband; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    コンゴといえば今大変なことになってますね。昨日のニュースではレフュージーキャンプでコレラが大発生と報道されてました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ゲストは「Gダイアリー」デスクの室橋裕和さん、Gダイで連載していた(イスラム飲酒紀行ほか)高野秀行さん、Gダイ編集部に入りたかった丸山ゴンザレスさん、Gダイ外部編集で「駐妻カナ」などを担当した西野風代さんです。 1月31日(金)、阿佐ヶ… ReplyRetweetFavorite
    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑