*

見えないサッカー世界大会

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

昨夜、ギリシアより帰国。
行きも帰りも飛行機に乗っている時間(トランジット含む)が24時間を超えるという、移動時間が妙に長く、滞在はたった6日だったが、密度は濃かった。
ギリシアでは「見えないサッカー」(ブラインド・サッカー=視覚障害者サッカー)の第一回世界クラブ選手権を観戦した。
日本は、参加国6カ国中、第5位。
優勝はスペインで、2位ギリシア、3位イタリア(ローマ)、4位イタリア(レッツェ)最下位は、チームを結成してからまだ三ヶ月という初心者集団のドイツ。
日本が勝てたのはここだけだった。
日本(といっても「代表」じゃなく志願者)は、エースのアブディン(拙著「異国トーキョー漂流記」でマフディの名前で出てくるスーダン人)が空回りで無得点、決定力不足が響いた。
初心者のドイツに苦戦するいっぽう、圧倒的強さで優勝したスペインを最も苦しめたのも日本で、「東洋の神秘」を世界に見せつけた。
動きがいいのにどうしてもゴールが割れないとか、格上には惜敗し、格下には苦戦するというのは「見えるサッカー」の日本代表とそっくりだ。
偶然ではない、何か深いところで通じるものを感じる。
ともあれ、見えないサッカーの迫力には驚くばかり。
日本のDFでキャプテンを務めた選手は、パラリンピックの自転車競技で、シドニーで金メダル、アテネで銀メダルを獲得したという凄い人だったが、初日はイタリア、二日目はギリシアの巨漢選手のタックルに吹っ飛ばされて両方とも脳震盪を起こし記憶を失っていた。
日本側も負けていない。
アブディンがイタリア選手に激突して相手の鼻と後頭部を強打、ベンチへ下げたし、もう一人の日本のFWもギリシアのエースFWの手首を思い切り蹴って、これまた負傷退場させた。
11月にはアルゼンチンでW杯が行われる。
ちなみに、見えないサッカーでも世界でダントツに強いのはブラジルで、それに続くのがアルゼンチンだといい、これまた見えるサッカーと同じである。

関連記事

no image

『雪』断念

オルハン・パムク『雪』(藤原書店)を修行のように少しずつ読んできたが、 今日ついに断念。 小説自体が

記事を読む

no image

オススメ土着的流行歌

今日は珍しく音楽の紹介をさせていただきたい。 シングルCD エコツミ「さくらの日」 二年前になる

記事を読む

no image

タマキングにカヌーを習う

先週の金曜日、またしてもタマキング(宮田珠己)と一緒に川へ出かけた。 私は来年初めにメコン川を二ヶ月

記事を読む

no image

大使館から始まる

今日、エチオピア大使館に指定された時間にビザを取りに行ったら、 担当者である日本人女性がいない。 車

記事を読む

no image

国籍はスットコランド

同志・宮田珠己の新刊『スットコランド日記』(本の雑誌)が届いた。 表紙写真は宮田さん本人が撮ったス

記事を読む

仕事の邪魔になる本を是非!

帰国するなり、仕事と雑務が山積。 って、最近いつも同じことを書いている気がする。 ちょっと前

記事を読む

no image

高野秀行の新刊、続々?!

「高野秀行」の本が続々と出ている。 今度は五段ではなくたしかに私の本なのだが、 韓国語版だ。 すで

記事を読む

no image

女帝の出版記念パーティ

滅多に人の出版記念パーティには行かない(呼ばれないともいえる)のだが、 土曜日は特別。 「日本ビル

記事を読む

no image

まるで結婚式のような…

 上映会第3弾はmixiの高野秀行コミュの主催。  これが凄かった。  コアなファンばかり50人も

記事を読む

no image

本来なら今日エジプトに行っていた

本来私は今日、成田を発ち、エジプトのカイロに向かっているはずだった。 カイロで一泊して、ケニヤのナイ

記事を読む

Comment

  1. より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    高野さん、おかえりなさい!映像祭でお会いできず、たいへん残念でした。
    お客の100%が失望されたと思います。心ならずもトリをとらされた人も哀れでした。でも遥々ナガ丘陵奥地から(ま、ヤンゴンに勤務中ですが)やって来てくれたタンコン・ナガの少女が哀調あるナガの歌を唄ってくれたので、お客様も満足されたでしょう。又遠からずギリシャのみやげ話お聞きしたいです。

  2. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; (R1 1.5); .NET CLR 1.1.4322)
    あのマフディ……いやアブディンさんがサッカーを!
    見えないサッカー、面白そうですね。
    多分、視覚以外のあらゆる感覚を使うから
    選手の精神力もかなり強いのではないかと思います。
    今年、ダイアローグ・イン・ザ・ダークという
    真っ黒闇の中を、目の見えない人がコンパニオンになって進むという
    ワークショップ形式のイベントに行ってきたので
    余計にそう思います。

  3. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    高野さん おかえりなさい。
    そうですか、ブラインドサッカーも決定力不足ですか。
    この現代においても、奥ゆかしさがまだまだ日本の特質で
    あるということの証左かもしれませんね。
    こりゃ、日本サッカーのポイントは決定力をつける、ではなく
    決定力のないチームをどうやって勝たせるか、に絞るべきですね。
    オシム氏に伝えましょう。
    「古い井戸どころか、新しい井戸にも水はないようだが、
    空気中の水分を結露させれば水は確保できる」とかなんとか
    言うんでしょうか。。。

  4. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    いや〜、マフディー君がサッカーで活躍してるなんて!
    うれしくなっちゃいました。
    しかし、アタリの激しい競技ですねえ。
    ラグビーみたいな格闘性を感じます。
    勇気のいるスポーツなんですね。

  5. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    先日当地(マレーシア)のニュースで
    目の見えないサッカー大会のアルゼンチン大会の様子を
    見ました。マレーシアが参加していないにもかかわらず
    結構な時間放送していましたが、かなりのスピードと迫力に
    正直驚きました。ほんとは見えているんでは?
    と思わせるすばらしさでした。
    ただ得点した選手が喜んで走り回って味方の選手とぶつかり
    脳震盪で退場するシーンがあり、妙に納得しました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • 橋本幸士先生の『超ひも理論をパパに習ってみた』(講談社)がとても面白かったので、大栗博司著『大栗先生の超弦理論入門』(講談社ブルーバックス)にも手を出してみた。『超ひも〜』も大半がわからなかったが、こちらはほとんどわかなかった。だけど無類の面白さ。って、どういうことなんだろう? ReplyRetweetFavorite
    • 今なら宮田さんの小説に適切なアドバイスができますよ。 https://t.co/Ny6Wde0yPM ReplyRetweetFavorite
    • 本書によれば、「自分は普通以下のアホ」であり、「人生は楽しくないもの」と認識することによって断酒が可能になるという。断酒するつもりはないけど、こう考えるのは悪くないかも。 ReplyRetweetFavorite
    • 町田康著「しらふで生きる」(幻冬舎)が面白い!と噂に聞いたので読んでみた。久しぶりの町田節を堪能。30年間大酒を毎日飲み続けた町田さんがなんと断酒したという話だが、なんと酒云々を超えて「幸福論」になっている! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 何度も言いますが、高野秀行さんの本は本当に死ぬほど面白いので皆さん読んでください。 「アヘン王国潜入記」は流石に皆さん全員読んだと思うので、次は「西南シルクロードは密林に消える」を読んでください。58件のレビューで星5の作品です。 https:… ReplyRetweetFavorite
    • リプ、ありがとうございます。そうですね、今のところ、その2件だけです。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑