*

見えないサッカー世界大会

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

昨夜、ギリシアより帰国。
行きも帰りも飛行機に乗っている時間(トランジット含む)が24時間を超えるという、移動時間が妙に長く、滞在はたった6日だったが、密度は濃かった。
ギリシアでは「見えないサッカー」(ブラインド・サッカー=視覚障害者サッカー)の第一回世界クラブ選手権を観戦した。
日本は、参加国6カ国中、第5位。
優勝はスペインで、2位ギリシア、3位イタリア(ローマ)、4位イタリア(レッツェ)最下位は、チームを結成してからまだ三ヶ月という初心者集団のドイツ。
日本が勝てたのはここだけだった。
日本(といっても「代表」じゃなく志願者)は、エースのアブディン(拙著「異国トーキョー漂流記」でマフディの名前で出てくるスーダン人)が空回りで無得点、決定力不足が響いた。
初心者のドイツに苦戦するいっぽう、圧倒的強さで優勝したスペインを最も苦しめたのも日本で、「東洋の神秘」を世界に見せつけた。
動きがいいのにどうしてもゴールが割れないとか、格上には惜敗し、格下には苦戦するというのは「見えるサッカー」の日本代表とそっくりだ。
偶然ではない、何か深いところで通じるものを感じる。
ともあれ、見えないサッカーの迫力には驚くばかり。
日本のDFでキャプテンを務めた選手は、パラリンピックの自転車競技で、シドニーで金メダル、アテネで銀メダルを獲得したという凄い人だったが、初日はイタリア、二日目はギリシアの巨漢選手のタックルに吹っ飛ばされて両方とも脳震盪を起こし記憶を失っていた。
日本側も負けていない。
アブディンがイタリア選手に激突して相手の鼻と後頭部を強打、ベンチへ下げたし、もう一人の日本のFWもギリシアのエースFWの手首を思い切り蹴って、これまた負傷退場させた。
11月にはアルゼンチンでW杯が行われる。
ちなみに、見えないサッカーでも世界でダントツに強いのはブラジルで、それに続くのがアルゼンチンだといい、これまた見えるサッカーと同じである。

関連記事

no image

世界のコジマ

辺境ドトールで杉江さんと打ち合わせ。 このブログや杉江さんの日記を読んでいると私たちが四六時中つるん

記事を読む

「Brutus」にて“辺境小説”を紹介

現在発売中の「Brutus」1.1/1.16合併号の特集は「夢中の小説」。 私も「小説の世界で見つ

記事を読む

no image

ムベンベ映像をYou Tubeとニコニコ動画にUP!

講演会やイベントでしか見せていなかったコンゴのムベンベ探検映像を ついにネットにアップした。 公共の

記事を読む

no image

ぶったるんでるのか、それとも…

最近どうにも体調がわるい。 3,4年ぶりに腰痛が再発したのを皮切りに、これまた5年ぶりとも6年ぶり

記事を読む

no image

ゾウ本について他

まずはお知らせから。 『辺境の旅はゾウにかぎる』(本の雑誌社)を ただいま「本やタウン」でご予約いた

記事を読む

no image

元アヘン王国・ワ州の今

中国ネットウォッチャーで、ライターでもある安田峰敏君がワ州へ行ってきた。 中国領内でしかるべきコ

記事を読む

no image

U-50枠に入る

早大探検部OB会に久しぶりに出席。 うちのOB会は隔月で開催されており、 この日も出席者は30人以上

記事を読む

no image

他人ごとなら面白いが

「本の雑誌」今月号が届いた。 特集は「この妻がすごい」。 小説、ノンフィクションを問わず、本に出て

記事を読む

no image

本当のオンリーワン

都内在住のソマリ人と会った。 名前は「優(すぐれ)」と書くので てっきり日本人向けに漢字を当てて書い

記事を読む

no image

知られざる危険地帯・タイ最南部の謎

私は定期的に新聞を変える。どれも一長一短で決め手にかけるからだ。 今月からは久しぶりに朝日新聞

記事を読む

Comment

  1. より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    高野さん、おかえりなさい!映像祭でお会いできず、たいへん残念でした。
    お客の100%が失望されたと思います。心ならずもトリをとらされた人も哀れでした。でも遥々ナガ丘陵奥地から(ま、ヤンゴンに勤務中ですが)やって来てくれたタンコン・ナガの少女が哀調あるナガの歌を唄ってくれたので、お客様も満足されたでしょう。又遠からずギリシャのみやげ話お聞きしたいです。

  2. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; (R1 1.5); .NET CLR 1.1.4322)
    あのマフディ……いやアブディンさんがサッカーを!
    見えないサッカー、面白そうですね。
    多分、視覚以外のあらゆる感覚を使うから
    選手の精神力もかなり強いのではないかと思います。
    今年、ダイアローグ・イン・ザ・ダークという
    真っ黒闇の中を、目の見えない人がコンパニオンになって進むという
    ワークショップ形式のイベントに行ってきたので
    余計にそう思います。

  3. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    高野さん おかえりなさい。
    そうですか、ブラインドサッカーも決定力不足ですか。
    この現代においても、奥ゆかしさがまだまだ日本の特質で
    あるということの証左かもしれませんね。
    こりゃ、日本サッカーのポイントは決定力をつける、ではなく
    決定力のないチームをどうやって勝たせるか、に絞るべきですね。
    オシム氏に伝えましょう。
    「古い井戸どころか、新しい井戸にも水はないようだが、
    空気中の水分を結露させれば水は確保できる」とかなんとか
    言うんでしょうか。。。

  4. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    いや〜、マフディー君がサッカーで活躍してるなんて!
    うれしくなっちゃいました。
    しかし、アタリの激しい競技ですねえ。
    ラグビーみたいな格闘性を感じます。
    勇気のいるスポーツなんですね。

  5. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    先日当地(マレーシア)のニュースで
    目の見えないサッカー大会のアルゼンチン大会の様子を
    見ました。マレーシアが参加していないにもかかわらず
    結構な時間放送していましたが、かなりのスピードと迫力に
    正直驚きました。ほんとは見えているんでは?
    と思わせるすばらしさでした。
    ただ得点した選手が喜んで走り回って味方の選手とぶつかり
    脳震盪で退場するシーンがあり、妙に納得しました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 毎月、新しい本がやってくるので、毎月本の整理をしなければならない。で、その間に気になった本を手にとって立ち読みしてしまう。今日立ち読みしたのは中島京子さんの『妻が椎茸だったころ』(講談社)。短編集だが、表題作がすばらしいのだ。家で立ち読み感動。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「高野秀行辺境チャンネル」は、こんな感じで肩の力を抜きつつ、しかし高野さんと高野さんの作品の魅力と真実に迫ってます。チャットやQ&Aを利用して皆様の質問にもどんどん答えて参ります。 次回は8月1日(土)14時から、テーマは『謎のアジア納… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 本の雑誌8月号発売となりました!大人気連載、高野秀行さんの「SF音痴が行くSF古典宇宙の旅」は、ついにSF初心者の前に高く険しくそびえ立つイーガンに挑みます。様々なサポートに助けられ、高野さんはイーガンを踏破することができるのか?!大注目で… ReplyRetweetFavorite
    • RT : [今日の新着記事] 心温まる納豆の謎への答えー『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』高野秀行|本の山|KIKI https://t.co/KNNShRiZMX ReplyRetweetFavorite
    • 11日間の東北旅行を終えて帰宅するなり、留守中に届いていた「本の雑誌」と「UP」(東京大学出版会)をむさぼるように読んでしまう。前者は落語本の特集が、後者は川添愛さんの「言語学バーリ・トゥード」が嬉しかった。川添さんがプロレスだけでなくプロゴルファー猿も好きなことも!! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 次回の高野秀行オンラインイベント『辺境チャンネル』は、3週間後の土曜日、8月1日午後2時スタート!チケット発売中です! https://t.co/vsjZb8UY5K ReplyRetweetFavorite
    • RT : 日本以外にも納豆は存在するんですね! 「納豆のような柔らかい粘っこさで周囲を巻き込んでいく展開」に興味津々。早く読んでみたい。(竹) 心温まる納豆の謎への答えー『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』高野秀行 本の山|KIKI - 幻冬… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑