*

コーカンとワ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

言い忘れていたが、今月29日に行われるウチザワさんの豚を食う「飼い喰い」イベント、
予約がもういっぱいになったそうだ。
当日、直に行っても追い返されることはないだろうという話もあるが、
その辺はよくわからないのでご注意を。
      ☆          ☆           ☆
この前、ミャンマー政府軍と武装勢力が戦闘を行ったコーカン在住の日本人(援助関係者)の人、Nさんが一時帰国しており、幸いにもお目にかかって貴重なお話を聞くことができた。
ミャンマー政府は2011年に総選挙を行い、民政移管をするつもりで、
そのときまでに全てのゲリラを武装解除させるつもりだという。
もちろん、自分から武装解除しなければ、力づくでねじふせるということだろう。
「コーカン、カチン(のゲリラ)は政府軍と本気で戦う気力はなさそうだけど、
ワだけはちがう」とNさんは言う。
またNさんはワ州にも足を伸ばしたそうだが、
私がいた村の一帯は、「総司令官のお膝元だから」という理由で
外国人の立ち入りが禁止されているという。
ワはやっぱり気になるなあ。

関連記事

no image

『犬部!』

明日7日、妻・片野ゆかの新刊『犬部!』(ポプラ社)が発売される。 犬部とは、北里大学獣医学部に実在

記事を読む

no image

花と兵隊

タイ・ミャンマー国境に今でも住んでいる元日本兵(未帰還兵)を撮った ドキュメンタリー映画「花と兵隊」

記事を読む

no image

啓文堂の罠

 京王線沿線に住んでいるため、同線沿いに展開している啓文堂に入る機会が多く、 同時に啓文堂各店(あ

記事を読む

no image

板みたいなもん…

実家の親に頼まれ、新しいパソコンのセットアップに行ったのだが、 niftyのありえないようなシステ

記事を読む

no image

月刊ランナーズ

なんと「月刊ランナーズ」というランニング専門誌の座談会に呼ばれてしまった。 ランナーでもないのに、

記事を読む

no image

ツチノコ目撃者によるスケッチ

岡山県吉井町で今から8年前、ツチノコらしき奇妙なヘビの屍骸を発見し、 土に埋めてやったという女性

記事を読む

no image

今さらだが…

角田光代『八日目の蝉』(中央公論新社)を読む。 今まで読んだ角田作品の中で(そんなにたくさん読んでな

記事を読む

no image

ある阿呆の血

10日ほど前だが、このブログを通して、読者からのメールが来たのはいいが、 「あなたは私を知っている。

記事を読む

no image

驚愕必至!

「おとなの週末」5月号が発売された。 この雑誌は実に読み応えがあるのだが、私がいちばん気に入ってい

記事を読む

no image

霊界探検隊

渡邉正裕・山中登志子ほか著『第2の江原を探せ!』(扶桑社)という本を 編集者のIさんにもらって読ん

記事を読む

Comment

  1. タムタム より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
     「力づくでねじ伏せる」という時点で、もう民政移管など
    ありえないと思いますよ。
     今までにもスーチーさん開放、公正な選挙、と言って
    欧米&日本から多大な援助を引き出してきたミャンマー
    政権ですからね。

  2. Toku より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    お、件の方に会えたのですね。
    2007年は近くまで行けたんですがね・・・。
    今は緊迫しているんでしょうね。
    当時はミャンマー人同僚と一緒に行きましたが、
    同僚はビルマ族だったので、スパイと疑われないようにするのに、
    結構気を使いました・・・。

  3. S.S より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.9.1) Gecko/20090624 Firefox/3.5
    ミャンマー政府のパワープレイはかなり強引ですね。
    いつも、高野さんの本を読ませていただいています。
    本を読んでいるとまだ高野さんは、30代前半に思えてなりませんが。
    これからも、高野作品を楽しみにしています。
    現在ヤンゴンからの送信でした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 20年前に読んだときは彼ら一人一人がどれほどのスーパースターだったのか理解できていなかった。 https://t.co/3PkeyJWJY1 ReplyRetweetFavorite
    • 本田靖春の文章力はさすがですね。 https://t.co/2lCA4RMIds ReplyRetweetFavorite
    • やりたいことをやりたいようにやって90年。今西錦司の人生をたどった後では、ちまちました仕事のメールとか経費の計算とか原稿書きとか全くやる気を失う。悪書なり。 https://t.co/3PkeyJWJY1 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野さん、ほんとに傘ささないんですよね。この間、辺境スタジオに向かうときも雨が降っていたのですが、まったく意に介さぬ様子で。 noteの「辺境メルマガ」更新しました。今回は『辺境中毒!』(集英社文庫)の文庫解説より転載しております!… ReplyRetweetFavorite
    • 本棚整理のついでに本田靖春著『評伝 今西錦司』(講談社文庫)を20年ぶりぐらいに再読してしまった。今西軍団に所属した選手(学者)がとにかくすごい。西堀栄三郎、梅棹忠夫、川喜多二郎、中尾佐助、藤田和夫、伊谷純一郎、河合雅雄……。レアル・マドリード並みの銀河系軍団。 ReplyRetweetFavorite
    • 河童似の杉江さんに「高野秀行は河童じゃないか」と言われてしまった。同族? https://t.co/dHF7mfwfjq ReplyRetweetFavorite
    • 毎月、新しい本がやってくるので、毎月本の整理をしなければならない。で、その間に気になった本を手にとって立ち読みしてしまう。今日立ち読みしたのは中島京子さんの『妻が椎茸だったころ』(講談社)。短編集だが、表題作がすばらしいのだ。家で立ち読み感動。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑