*

愛の力で野獣が人間に!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

たまげた。
新宿で「野々山さんを囲む会」に出席したのだが、
目を疑ってしまった。
野々山さんが別人になっていたのだ。
白髪のぼさぼさ頭は短く切って、茶髪。
メガネは今はやりの細いフレームのやつ。
そして足元は、いつもの便所サンダルでなく、茶の革靴。
体から異臭も漂ってこない。
肌はもともと「風俗嬢にきれいと言われる」と豪語していただけあってすべすべ。
先月よりざっと15歳、若返っている。
ていうか、フツウの人間みたいだ。
全ては15歳年下の彼女の見立てらしい。
うーん、「愛の力」がこんな辺境にまで及ぶとは…。
この調子でバージョンアップしていくと恐ろしいことになるかも。
野々山さんがジャニーズと間違えられるなんてことになったらどうしよう…。

関連記事

no image

再読でも感激できる本2冊

取材で二日続けて神楽坂をうろつき、取材のためのリサーチと称して飲んだくれている。 その合間に、前に

記事を読む

no image

イラクからブータンの週末

土曜日、新宿二丁目の「タイニイアリス」という小劇場に、イラクの劇団「ムスタヒール」を見に行く。 テー

記事を読む

no image

ソマリ娘、二十歳の新春

正月に八王子の実家で振り袖を着たソマリ娘のサミラ。

記事を読む

no image

講談社ノンフィクション賞の最終候補になった

以下のようなことになったそうです。 -----------------------------

記事を読む

no image

霊界探検隊

渡邉正裕・山中登志子ほか著『第2の江原を探せ!』(扶桑社)という本を 編集者のIさんにもらって読ん

記事を読む

no image

お祓いしたくなるほどの夏休み

 宮田部長、杉江さんと一緒に行った「エンタメノンフ文芸部シュノーケル分科会奄美合宿夏休みデラックス篇

記事を読む

no image

プロデュース業はじめました

明大前にて、年下の友人Wと打合せ。 いつもと立場はちがい、今度は私が編集者役。 書くのは向こうだ。

記事を読む

no image

他社の本を宣伝する出版社って…

今注目を集めているポプラ社の文芸ウェブサイト「ポプラビーチ」をたまに眺めているが、 いろいろな意味

記事を読む

no image

ずいぶん前の話だけど

ずいぶん前の話だけど、早大探検部の先輩・西木正明の『流木』(徳間文庫)という本の「解説」を頼まれて、

記事を読む

no image

イスラム飲酒紀行

7月29日(火)、週刊「SPA!」にて不定期連載「イスラム飲酒紀行」が始まる。 イスラムと酒の両方を

記事を読む

Comment

  1. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 2.0.50727)
    すごい!15歳年下の彼女すごい!魔法使いですか?
    そんな女性が増えたら高野さん、野獣探しは諦めなきゃならないですね。

  2. トニー より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10.5; ja-JP-mac; rv:1.9.0.6) Gecko/2009011912 Firefox/3.0.6
    野々宮さんがそんなことに!
    「神に頼って走れ!」に登場した野々宮さんは、ゴミ屋敷に住む奇人という感じでしたが、それも今は昔なんでしょうねぇ。愛の力は凄いなぁ。

  3. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; Google Wireless Transcoder;)
    野々山です。
    あとは野となれ、山となれ、で。
    怪獣に吹かれ、アフリカに吹かれ、オンナに吹かれ。
    好きなこと、してても人間なんとかなるもんですな。

  4. トニー より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10.5; ja-JP-mac; rv:1.9.0.6) Gecko/2009011912 Firefox/3.0.6
    す、す、すみません!
    衝撃のあまり、野々山さんのお名前を間違えてしまいました。
    大変失礼いたしました。

  5. NYPD より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)
    バージョンアップされたノノさんの姿、是非公開して欲しいなァ……。
    それと、氏を囲む会では、十八番の『焼畑』は披露なされたのでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 日曜日は京都精華大学、水曜日は大阪大学外国語学部でそれぞれ講演、今日はこれから首都大学東京と、なぜかわからないが今週は大学訪問ウィークになってしまった。というわけで、もろもろ業務や連絡が滞っていますという関係者のみなさんへのメッセージです。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : アフガニスタンで殺害された中村哲さん。あれほど現地で長年に渡って信頼されている人でさえ、こんな形で殺害されるとは……。亡くなったアフガン人の運転手や護衛の人達6人全員を追悼したい。日本では「日本人の死」ばかりが報道されるが、中村さんと共に活… ReplyRetweetFavorite
    • 最近ミステリを読んで満足する確率は二割五部くらいで、野球なら確実性に乏しい打者。スタメン起用がためらわれるが、ときどき凄いホームランが出るからやめられない。 ReplyRetweetFavorite
    • 大阪への道中、ベストセラーになっているミステリを読んだのだが、最後まで読んでも釈然とせず。ミステリは難しい。 ReplyRetweetFavorite
    • 最初は衝撃なんだけど、著者の巧みな描写や説明で、どんどんズー(動物性愛者)の人たちに感情移入していき、読了するころには「これってLGBTの一種じゃないの?」ぐらいにしか思わなくなっている自分がいた。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日新幹線の中で読んでいた濱野ちひろ著『聖なるズー』(集英社)を読み終える。動物と性愛を行う人々を追った衝撃のルポ。飼い犬を「妻」と紹介する男性が登場するなど、常識の土手っ腹に風穴が空いた。これぞノンフィクションの醍醐味だ。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【大阪大学イベント(外国語学部ビルマ語専攻井上さゆり先生主催)】ノンフィクション作家高野秀行氏講演会「言語オタクのちょっとクレイジーな探検生活」 https://t.co/hotbx2JeWl ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑