*

今度はサハラかよ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


久々に帰国して、待っていたのは書かねばならない原稿の山。
まずまっさきにとりかかったのはサハラ・マラソンである。
ブータン出発前に片付けようと思っていたが、できなかったのだ。
そのツケがちゃんとまわってきた。
だが、しかし。
ブータンとバンコクでもギャップがありすぎて辛いのに、
サハラ砂漠の難民キャンプでのマラソン大会の話である。
ブータンが寒くて、高所で、雨ばかりで、住民は仏教徒のアジア人だったのに対し、
こっちは熱くて、どこまでも平地で、乾燥しきっていて、
住民はイスラム教徒のアフリカ人。
あまりにも対照的で
頭の切り替えが大変むずかしい。
あーあ、やっぱり無理してもブータン出発前に書き上げておくべきだった。
売れている小説家は時代小説と現代ミステリと純愛小説と超バイオレンス・ハードボイルドを同時並行で書けるらしいが、まったく信じがたい話だ。
それでも頑張ってサハラの話を書いている。
今はやっとマラソンのスタート地点に立ったところ。
梅雨っぽい雨を見ながら、懸命に砂の感触を思い出している。
まったく私はいったい何をやってるんだろうか。
(写真:レースの翌日、スペイン国籍のバスク人ランナーと記念写真を撮ったわたし)

関連記事

no image

シリア入国

昨日、トルコのユーフラテスから離れて、 シリア領に入った。 エンギンともお別れ。 彼は私の『怪獣記』

記事を読む

no image

聖なき巡礼

大谷幸三という、インドを長く研究し、ブータンやチベットにも造詣が深いライターの方にお会いして話をうか

記事を読む

no image

酒さえあればそれでよし

今年の初めから私が「主婦」になったので、 料理も買いものも私の担当である。 地震前はドトールに出勤後

記事を読む

no image

泣けるような話

今週、出演するJ=WAVEの番組の打合せで、 構成作家の人に「何か外国でちょっと泣けるようないい話は

記事を読む

no image

昔の未来

夜、珍しくテレビをつけたらNHKでちょうどNHKスペシャルが始まるところだった。 時節柄だろう、オリ

記事を読む

no image

小説にいちばん近いルポ

 日本に移り住んだ外国人の食生活を追った『移民の宴』。「おとなの週末」で連載したものを大幅に加筆修正

記事を読む

no image

コンゴ・ジャーニー

友人の訃報があっても、日常は容赦なく動いている。       ☆       ☆       ☆

記事を読む

no image

日本はフライ級ミステリの宝庫?

独裁政権下の小説を読みつづけている。 最近はオレン・スタインハウアー『極限捜査』(文春文庫)を読ん

記事を読む

no image

異種格闘技戦、夏休み原理主義、未来国家

26日(日)、リブロ池袋店でジャーナリストの木村元彦さんの「争うは本意ならねど」(集英社インターナシ

記事を読む

no image

奄美合宿

ツイッターを始めてから、ブログに書いたのかそれともツイッターに書いたのかわからなくなることが多々ある

記事を読む

Comment

  1. しゅん より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    ここ数年で高野秀行ファンになった26歳男、です。とりあえず文庫本で読める本は全部購入しました。これからは単行本をおいかけます。
    そして、ブータンやサハラマラソンなどを読めるんですね!楽しみです!

  2. 珠cha より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB5; .NET CLR 1.1.4322)
    サハラマラソンの本も、ブータンの本も、必ず必ず購入しますので、ぜひ、脱線することなく書き上げてください。
    もう、高野さんの本がなくて、退屈しまくってますよぉ〜。2度、3度読むと、洗脳されちゃいそうだし・・・。葛藤と闘い中。

  3. KF より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N702iD(c100;TB;W24H12)
    脱線してもいいので倦むことなく筆を進めてくだせい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑