*

アフガンのケシ栽培の謎(2)

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


 アフガンのケシはなぜそんなに大きい実がなり、ミャンマーの4倍ものアヘンがとれるのか?
 一つには品種のちがい。
 バラやツバキのように、人間が改良していった植物であるため、いろいろな改良品種があるという。
 ミャンマーはイラン種と呼ばれる品種(=写真)。別にイランからやってきたわけではなく、単にそういう名前がついているだけだ。
 いっぽう、アフガンではトルコ種が一般的。このトルコ種というやつが「どっしりとした大きな実をつける」という。
 しかし、もっと肝心なのは栽培方法である。
「アフガンではケシに水や肥料をやる」と聞いて、私は「えー!」と大声で叫んでしまった。
 ミャンマーではありえないからだ。
 ミャンマー及びその周辺の「ゴールデントライアングル」では、ケシ栽培は焼畑か、もしくはその延長線上にある。森を切り開いて畑を耕して種まきしたら、あとは草取りしかしない。
 水を撒くといっても、私の住んでいた村など、人間が水浴びする水にも事欠くような山の中である。畑にまくなど、ありえない。
 ましてや、肥料など、ケシだけでなく、どんな作物にもやらない。
 村人は「肥料」という概念を知らないように見受けられた。
 ところが、アフガンでは水をやり、肥料をやるという。
 しかも、ケシは肥料をやるとすごい勢いで成長するという。さらに、肥料をやるのを止すと、即座に成長をやめ、花を咲かす。
 しかも、どのケシも人間の腰の高さで一斉に開花する。
これもミャンマーのケシ栽培に従事していた私には驚きだった。
 というのは、放置プレイで作るケシは、個体差がひじょうに大きい。胸の高さまであるものもあれば、腰くらいのもある。てんでんばらばらなわけだ。
 実も大きいものもあれば、小さいものもある。
 ケシからアヘンを採集するのは、別にたいへんな作業ではないから、高さや大きさがバラバラでもかまわないのだが、全部が同じサイズでずらーっと並んでいるとはすごい。
 まるで、日本の管理された畑のようだ。
 後藤先生によれば、アフガンでは灌漑設備を備えたケシ畑もあり、「あれはちゃんとした農業ですよ」と言っていた。
 「うーん」私は唸ってしまった。
 アフガンとミャンマー。マスメディアでも国連報告など専門調査機関でも、どちらも「貧しい山岳地帯の農民が現金収入を得るためにやむを得ずケシ栽培をやっている」と説明されている。
 ミャンマーはまさにその通りだ。だから、やり方も素人っぽく、何も技術らしきものはない。
 ところが、アフガンの方はもはや伝統的農業として確立されているようなのだ。
 ケシ栽培は、地中海に始まり、トルコ→イラン→アフガン→パキスタン→インド→中国・東南アジア、と東へ東へと進んできた。このルートは、ほぼ「西南シルクロード」と一致する。
 西南シルクロードとは、いわゆるNHKでやってる北方のシルクロードよりも古い時代から発達していた、もう一つの古代通商路で、中国四川省の成都付近からアフガンのマザリ・シャリフ辺りまで達していた。
(詳しくは拙著『西南シルクロードは密林に消える』(講談社)をお読みください)
つまり、アフガンのほうが圧倒的にケシ栽培の歴史が古い。ミャンマーに伝わったのは20世紀初めくらいじゃないかと思うが、アフガンでは少なくとも13,14世紀には栽培が開始されていたと思われる。
 いいなあ、伝統があり、かつ農業として確立されたケシ畑とアヘン生産。
 アヘンがどっさり取れる柿のようなケシの実。
 想像しただけでワクワクするのは私だけだろうか。
 機会があれば、ぜひアヘン収穫の時期に出かけて、お手伝いさせてもらいたいものです。

関連記事

no image

スーツでヤブ漕ぎをする人を発見!

読売新聞のインタビュー取材を受けた。 「何か“原点”とか“こだわり”のある場所でインタビューするとい

記事を読む

グラスワイン100円!! 超激安隠れ家アフリカレストラン「GOMASABA(ゴマサバ)」

以前、知り合った在日アフリカ人の二人が元浅草にレストランをオープンしたというので、 先週、『移

記事を読む

no image

死んでも「生きるハードボイルド」

肝心の陳会長の話をしていなかった。 私はトリオ・ザ・パンチもイカ天も見たことがなく、したがって内藤陳

記事を読む

no image

横領ニモ負ケズ

私の行くところトラブルありと人は言う。 今回もでっかいトラブルが起きた。 よりにもよって『メモリー

記事を読む

no image

在日外国人支援ボランティア

世界中の人たちに二十五年もお世話になりつづけている。 そろそろ何か恩返しをしなければと思い、 在日ア

記事を読む

no image

怪獣奇書、出版したい人は手をあげて!

昨日、トルコの怪獣についての奇書を紹介したら 「その本が読みたい」というコメントがあった。 私も実は

記事を読む

no image

サッカーファン強化合宿

高橋源一郎の小説『「悪」と戦う』(河出書房新社)を読む。 文学が成り立つ前提をとっぱらうというタカ

記事を読む

no image

愛と追憶の帰国

別にタイトルに深い意味はない。いつものように普通に帰国しただけである。 といっても、今回の旅は

記事を読む

no image

名著復刊!

知らなかったが、本屋大賞では現在絶版になっている本の復刊も訴えているらしい。 それに応え、集英社文庫

記事を読む

no image

オタクの底力を感じさせる『タイ・演歌の王国』

 タイ女性と結婚し、バンコクに十数年暮らしている友人Aさんが、「高野さん、この本、すごく面白いよ

記事を読む

Comment

  1. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    そうですか、きちんとした栽培法が確立されているんですか。
    面白いですねー。
    ただ、植物の実などに含まれる化学生産物(ケミカル)の含量は
    栽培法によって異なることも多いです。
    野生種で含量の高い物質が栽培種では低いということはよくあります。
    薬用植物の難しさはそこにあるんですけど(逆ももちろんあります)。
    ミャンマーとアフガンどちらが品質がいいんでしょう?それと含量は?
    機会があったらその辺も先生に聞いていただけますか?
    なんか専門家みたいな質問しちゃいました(笑)<あ、専門家だった。

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    さすが専門家、質問がちがいますね。
    私もそこは気になっているところですが、実は後藤先生、ミャンマーにもアフガンにも行ったことがない(笑)。
    ミャンマーのケシ栽培は私が情報源、アフガンについてはBBCか何かの、つまり海外のドキュメンタリー番組で見たそうです。(「ビデオに録画してあるので送ります」とおっしゃってくれました)
    だから、先生も直接は知らないんですよ。映像で見て判断してるだけです。
    でも、先生は自分でモルヒネ含有量の高いアヘン汁を出すケシ品種を開発したと胸を張ってましたから、なんらかの手がかりはお持ちだと思います。
    今度、訊いてみます。

  3. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    高野さん どうもありがとう。
    なるほど、そうすると世界の2大ケシ栽培地の一方の情報は
    ほとんど高野さんしか持っていないわけですね。
    こりゃ何気なくすごいことですよ。
    『さりげなくすごい高野秀行』の面目躍如ですね。

  4. イルハービ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    初めましてorz。 あなたは相当な変人(誉め言葉)ですね。
    サイトの記事を読んで爆笑してました。
    >想像しただけでワクワクするのは私だけだろうか。
    ワクワクすんな!(苦笑)
    マフィアやカルト集団の犯罪活動の資金源、北朝鮮などの兵器開発や拉致や侵略行為などの犯罪行為の資金源にもなってるのに。
    ちょっと感覚が麻痺してる。麻痺してる事に本人が気付いてないから余計にタチが悪いと言わざるを得ない。
    「 ミイラ取りがミイラになって 」 ますよ。
    それは典型的な「 悪い傾向 」だと言わざるを得ません。
    まるで「 ヤクザに取り込まれる人々 」の典型です。
    こうやって無自覚のうちに取り込まれてしまう者が後を絶ちません・・・。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑