*

今度はジュンク堂新宿店で

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


丸善ラゾーナ川崎店で驚いていたら、
今度はジュンク堂新宿店で「高野秀行が偏愛する本たち」というフェアがいつの間にか
開催されているのを知らされ、ビックリ。
ラインナップは丸善と基本的に同じらしいが、それにしても。
みんな、新型インフルで脳をやられてしまったのろうか。
そんなのはふつう、村上春樹とか角田光代とか
著名な作家を冠して行う企画だろう。
高野秀行が偏愛するも何も、一般の人は高野秀行を知らないじゃないか。
(だから丸善では「高野秀行を知っているか」と訊いているわけだ)
あるいはあまりに本が売れないため、捨て鉢になっているのか。
もう売り上げとか、会社がどうのとか、どうでもよくなってしまったのか。
もしそれならそれでいいことだ。
先日他界したフランスの思想家レヴィ=ストロースも代表作『野生の思考』で
「新しいものはすべて捨て鉢から生まれる」と書いている。
(一部ウソ)
       ☆        ☆        ☆
夜、仕事が終わってから、思いがけない場所で、思いがけない人に
ビールと燻製チーズと燻製魚をご馳走になる。
近頃、稀に見るほど素敵な酒盛りだった。

関連記事

no image

犬と辺境旅をしてみたい

最近頭がぼやあっとして、ここに書いたかどうかも憶えていないのだが、 7月1日に行う旅の本屋のまどでの

記事を読む

no image

新婚2ヶ月ではありません

こんな時期に不思議なのだが、『西南シルクロードは密林に消える』(講談社文庫)が 重版になった。 王

記事を読む

no image

帰国&新刊「アスクル」

さっき帰国した。 これで年内は長期で出かけることはなく、おとなしくしていることと思う。 年明けには一

記事を読む

no image

最近読んだ面白い本

ブログを書く時間がなかなかとれないので、お勧め本がたまってきた。 ここにまとめて公開しましょう。

記事を読む

no image

人・脈・記

一昨日、テレビ東京のワールドビジネスサテライトで二村さんの特集を見た。 いや、生物多様性(生物資源

記事を読む

no image

SFの「次」

 本の雑誌社の杉江さんに会い、「SF本の雑誌」の「見本」をもらう。 なぜ「見本」なのかというと、先

記事を読む

no image

ちづかマップ

ふとしたきっかけで、衿沢世衣子の「ちづかマップ」(太田出版)というマンガを読む。 昔の知り合いだが

記事を読む

no image

ダウン症ドラマーのドキュメンタリー映画「タケオ」

飯田基晴『犬と猫と人間と』『あしがらさん』、土屋トカチ『フツーの仕事がしたい』と、 観た映画がすべて

記事を読む

no image

大感謝デー

金曜日は『謎の独立国家ソマリランド』大感謝デー。 まずは本の雑誌社の杉江さんと一緒に多磨霊園へ

記事を読む

no image

角田光代さんと対談

『怪獣記』がいよいよ発売された。 正直言って、私の単行本は今まで全く売れた試しがない。 だから、今回

記事を読む

Comment

  1. koamri-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 2.0.50727)
    おぉ☆高野ブームとうとう来ましたか!
    来て欲しかったような、来て欲しくなかったような、親心・・ならぬファン心(笑)
    「高野秀行?あ〜あの辺境作家の?」って時代が来るんでしょうか。
    いややっぱり「それ誰?」と問われて、ファンとして高野さんを熱く語りたいですね。

  2. NYPD より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; GTB6; YTB720; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506)
    高野氏の偏愛する本の中に「絶滅危惧種の遺言」安部譲二 著(講談社文庫)は入っているのでしょうか?
    渡世人で日航パーサーという二足の草鞋を履いていた著者の波乱万丈に満ちた人生が語られているサイコーに面白いエッセーですよ!

  3. より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; MDDC; OfficeLiveConnector.1.4; OfficeLivePatch.1.3)
    出版社とか有名作家とかではなくて作品の値打ちがわかる、端的に本当に面白い本を紹介できるからこのコーナーができたのかと思います。
    もちろん偏愛という部分においては否定できなかったり、なかったり。
    ただ、本の雑誌の高野さんの書評を読むとお宝発見的な気分になりますよ。
    今週のweb上のnewsweekの日本版で地球大隊的なことがかかれていてびっくりしました。

  4. プラム より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB720; Alexa Toolbar)
    スゴイですーーーっ ! ! !
    丸善に続いてジュンク堂での高野秀行企画!おめでとうございます!
    このニュースで元気出ました◎ 
    そして、ファンとしては、じんわり、しんみり。
    高野さんの本を全部読み終えるのが嫌で、出版された順番に
    のろのろ読んでいたのですが、そんな必要もなくなりそうですね。
    新刊もタイトルからして笑笑笑。興味深いです。
    次は、ジワジワ〜〜ッと日本中に広がって欲しいですね。
    確かに伊坂幸太郎はおもしろいです。
    「死神の精度」を読んで初めて彼を知ったのですが、スピード感がピカリ☆
    エンタメフェアで隣に並んで展開される日を次の次の楽しみとしまーす♪

  5. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    昨日早速行って「老検死官シリ先生が行く」を購入しました。
    高野さんの本、全部置いてあるわけじゃないのね。
    捨て鉢もいいけど、やっぱり計画性でしょうね。うん。

  6. あぱらぎ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322)
    素敵な企画ですねっ。さっそく行ってみます(北海道の丸善ですが….^▽^;)
    巨流アマゾン・・・読後、絶版『地球の歩き方』を図書館で拝見しました。地球の歩き方の構成を知っているだけに、出版担当者の「驚愕した」心情を想像して声をころして笑いました(図書館だったので)。
    次の刊行も楽しみにしています。では〜

  7. madonna tickets より:

    madonna tickets

    madonna tickets

  8. one direction new york

    one direction new york

  9. andrea bocelli tickets

    andrea bocelli tickets

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑