*

骨と沈黙

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様



年に一度のお楽しみ、本の雑誌増刊の「おすすめ文庫王国2009」で
佐藤多佳子が自分の文庫オールタイムベストテンでミステリを3冊あげている。
そのうちの1冊はレジナルド・ヒル『骨と沈黙』(ハヤカワ・ミステリ文庫)。
私はこの本をだいぶ前に買ったが、読んでいない。
なぜかというと、私が買ったのは文庫になる前のハヤカワ・ポケット・ミステリ。
どういうわけか、私はハヤカワ・ポケット・ミステリが苦手だ。
内容でなく、純粋にあの中途半端な縦長の形がどうもダメなのだ。
おかげで作品自体は読みたくて買ったのに、ポケット・ミステリだからという理由で読んでいない本が何冊かある。
例えば、スコット・ウォルヴン『北東の大地、逃亡の西』もそうだ。
でも佐藤多佳子がオールタイムに選んでいるし、文庫化もされているので
やっと読んでみた。
なんとも重厚な全体小説だ。
とても1990年代に書かれたとは思えない。
『カラマーゾフの兄弟』を連想するくらいだ。
(そういえばあれも殺人事件の謎を追うミステリだった)
ミステリとして出来がいいとは思えず、素直に面白いといいがたかったが、登場人物の書き込みがハンパでないので
読み終わったあとも、ずっと心に残って落ち着かない。
こういうミステリ作品は日本にはまず、ない。
同じダルジール警視シリーズはいくつも出ているので他のも読みたいのだが、
あとはみんなポケット・ミステリで文庫化されてない。
うー、ポケット・ミステリ、どうにかしてほしい

関連記事

no image

『猛き箱舟』をうっかり再読

いろんな仕事がたまっているのに、船戸与一の大作『猛き箱舟』を読んでしまった。 西サハラを舞台にして

記事を読む

no image

おとなの週末

またしても「こんなときに」という話だが、講談社の月刊グルメ誌「おとなの週末」で 「移民の宴(うたげ

記事を読む

no image

願い事は強要から

ここ数年、私が最も買っている小説家・中島京子さんと四谷三丁目で会食。 中島さんの『均ちゃんの失踪』(

記事を読む

no image

飲み放題トークイベント

一昨日、神保町に行ったら、いつの間にか東京堂書店が2軒とも様変わりしていた。 一件は女性のファッシ

記事を読む

no image

ツチノコ!?の正体

昨日の画像はコメントしてくれた方の指摘どおり、フォトショップで加工がされていた。 もともとの画像は

記事を読む

no image

速報 最後の決戦の舞台

バンコクに着いた。 空港から乗ったタクシーの運転手に「タクシン派と軍の衝突は今どうだ?」と訊いたら

記事を読む

no image

25年ぶりに天龍源一郎を見た

なぜか一足早く忘年会シーズンになり、 連日飲んでいる。 日曜日は先日本屋野宿を行った伊野尾書店の伊野

記事を読む

no image

昔の未来

夜、珍しくテレビをつけたらNHKでちょうどNHKスペシャルが始まるところだった。 時節柄だろう、オリ

記事を読む

no image

ポップ&メジャー

イランに行っている最中、 4月8日発売予定の『メモリークエスト』(幻冬舎)のカバーデザインが 出来上

記事を読む

no image

猫又とペシャクパラング

TBSラジオの「安住紳一郎の日曜天国」という番組に出演。 アフガニスタンのペシャクパラングについて話

記事を読む

Comment

  1. ERIC より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    初めまして。ERICと申します。28歳男性です。
    最近高野さんの本を片っ端から手に取り猛烈に読んで笑わせてもらってます。高野さんの文章はとっても読みやすくて面白い上に勉強になり視点も鋭い。やはり一流のライターが書くものは違うなあと感動してます。
    それにしても実にいろいろな国を訪ねて様々な経験をしてらっしゃるのですね。自分も海外一人旅が好きですがまだまだ辺境にはいったことが皆無だしこれからもほとんど行くことはないと思います。
    でも、一ヶ所くらいは行ってみたいと思いますが面倒くさがり屋なので苦労したくないという感じです。
    URLに添付しましたが私も一応くだらなくて退屈極まりないブログをやっております。
    今後も著書をよまさせていただきたいと思ってます。失礼します。

  2. フレディ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB720; GTB6.3; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    レジナルド・ヒルのダルジール物は昔4冊ほど早川から出てたんですけどね〜。今は品切れで入手不可能のようですが、古書ですと手に入るのではないでしょうか?
    それで確かその中の一冊のあとがきに「ダルジール」は正確には「ディーエル」とかなんとか発音するのだと書いてあったような気がします。
    ポケットミステリは読みづらいだけではなく値段も高いので私も文庫で出してほしいのですが、あまり一般受けする作家ではないんでしょうね。

  3. ねぎ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; Creative AutoUpdate v1.10.10)
    うちの連れも、私がポケミスを読んでいると「その妙に間延びした気味の悪い黄色いの読むのヤメテ!」と蛇蝎のように嫌います。
    ダルジール警視シリーズおもしろいのに〜
    パスコーの奥さんとダルジールの丁々発止のやりとりにパスコーがビクビクしたり、笑ってしまいます。

ERIC にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • しかし、よく考えてみたら、秘書というのはAIと同じで、こちらが取材内容や取材相手、取材日程を決めなければ、何も動いてくれない。そしてそういうことを考えるのがひじょうに面倒くさいわけだ。それとも優秀な秘書はそこまでやってくれるんだろうか。 ReplyRetweetFavorite
    • 12月から2月にかけての海外・国内旅行の段取りを始めたが、早くも挫折しかけて頭の中は「秘書がほしい!」の声がグルグル。ますます段取りが進まない。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さん@daruma1021 の『間違う力』、読んでいて何度も爆笑。 研究者と辺境探検家には共通することも多く、今日も間違おうと心に決めるのであった。 巻末の「とにかくやる」の信条が刺さる。 上田次郎「なぜ君はベストを尽くさないの… ReplyRetweetFavorite
    • 異色アンソロジーが気になる。特に読みたいのは『卓球アンソロジー』と『FUNGI 菌類小説選集 第1コロニー』。 https://t.co/YFh07aldTF ReplyRetweetFavorite
    • 「船戸与一は長編のイメージが強いが、実は短編を書いても名手」という山田さんの指摘に強く同意。特にここに挙げられた短編集は私も好き。 ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」今月号は「船戸与一の十冊」。書いたのは船戸さんを見出し、長く担当を務めたS社の山田裕樹氏。秘話満載で船戸ファン(私含む)は感涙ものだ。 ReplyRetweetFavorite
    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑