*

骨と沈黙

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様



年に一度のお楽しみ、本の雑誌増刊の「おすすめ文庫王国2009」で
佐藤多佳子が自分の文庫オールタイムベストテンでミステリを3冊あげている。
そのうちの1冊はレジナルド・ヒル『骨と沈黙』(ハヤカワ・ミステリ文庫)。
私はこの本をだいぶ前に買ったが、読んでいない。
なぜかというと、私が買ったのは文庫になる前のハヤカワ・ポケット・ミステリ。
どういうわけか、私はハヤカワ・ポケット・ミステリが苦手だ。
内容でなく、純粋にあの中途半端な縦長の形がどうもダメなのだ。
おかげで作品自体は読みたくて買ったのに、ポケット・ミステリだからという理由で読んでいない本が何冊かある。
例えば、スコット・ウォルヴン『北東の大地、逃亡の西』もそうだ。
でも佐藤多佳子がオールタイムに選んでいるし、文庫化もされているので
やっと読んでみた。
なんとも重厚な全体小説だ。
とても1990年代に書かれたとは思えない。
『カラマーゾフの兄弟』を連想するくらいだ。
(そういえばあれも殺人事件の謎を追うミステリだった)
ミステリとして出来がいいとは思えず、素直に面白いといいがたかったが、登場人物の書き込みがハンパでないので
読み終わったあとも、ずっと心に残って落ち着かない。
こういうミステリ作品は日本にはまず、ない。
同じダルジール警視シリーズはいくつも出ているので他のも読みたいのだが、
あとはみんなポケット・ミステリで文庫化されてない。
うー、ポケット・ミステリ、どうにかしてほしい

関連記事

no image

火サスの人

妻・片野ゆかが小学館ノンフィクション大賞を受賞、その授賞式兼パーティに行ってきた。 日比谷の東京会館

記事を読む

no image

エメリウム光線か

持病の腰痛を治すため、「すごい治療師」のところへ行く。 「すごい」と言われる民間療法の治療師はこれで

記事を読む

携帯電話が故障中&ここ数年でベストのサッカー本

携帯電話が帰国直後に突然壊れてしまった。 いつもなら慌てて修理に走るところだが、これまで2ヶ月

記事を読む

no image

イスラム飲酒紀行・イスタンブール篇

昨日、毎日新聞夕刊の「新・幸福論」というコーナーのためのインタビューを受ける。 といっても、担当記

記事を読む

日本の中世人と現代ソマリ人の共通点と相違点

『謎の独立国家ソマリランド』の感想を述べたツイートに、清水克行『喧嘩両成敗の誕生』(講談社選書メチエ

記事を読む

no image

また「テレビみたい」と言われるんだろう

日曜日の朝刊のテレビ欄で知ったのだが、 「ウルルン」の後番組として「地球感動配達人」とかいう番組がは

記事を読む

学校や仕事に行くのが辛いとき、この映像を見よう

アブディンの『わが盲想』、やっと重版がかかった。 「すぐにドカーンと売れる」という私の皮算用か

記事を読む

2015年読んだ本ベストテン<ノンフィクション>

今年はブログをほとんど書かなかった。 というか、最近はブログがあったことすら忘れていた。 とても

記事を読む

no image

旅に出るにはワケがある

わけあって部屋の片付けをした。 ゴミためのようで、足の踏み場もなかったのだが、 片付けるとウソのよ

記事を読む

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。 ふつう、文庫化といえば、単

記事を読む

Comment

  1. ERIC より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    初めまして。ERICと申します。28歳男性です。
    最近高野さんの本を片っ端から手に取り猛烈に読んで笑わせてもらってます。高野さんの文章はとっても読みやすくて面白い上に勉強になり視点も鋭い。やはり一流のライターが書くものは違うなあと感動してます。
    それにしても実にいろいろな国を訪ねて様々な経験をしてらっしゃるのですね。自分も海外一人旅が好きですがまだまだ辺境にはいったことが皆無だしこれからもほとんど行くことはないと思います。
    でも、一ヶ所くらいは行ってみたいと思いますが面倒くさがり屋なので苦労したくないという感じです。
    URLに添付しましたが私も一応くだらなくて退屈極まりないブログをやっております。
    今後も著書をよまさせていただきたいと思ってます。失礼します。

  2. フレディ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB720; GTB6.3; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    レジナルド・ヒルのダルジール物は昔4冊ほど早川から出てたんですけどね〜。今は品切れで入手不可能のようですが、古書ですと手に入るのではないでしょうか?
    それで確かその中の一冊のあとがきに「ダルジール」は正確には「ディーエル」とかなんとか発音するのだと書いてあったような気がします。
    ポケットミステリは読みづらいだけではなく値段も高いので私も文庫で出してほしいのですが、あまり一般受けする作家ではないんでしょうね。

  3. ねぎ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; Creative AutoUpdate v1.10.10)
    うちの連れも、私がポケミスを読んでいると「その妙に間延びした気味の悪い黄色いの読むのヤメテ!」と蛇蝎のように嫌います。
    ダルジール警視シリーズおもしろいのに〜
    パスコーの奥さんとダルジールの丁々発止のやりとりにパスコーがビクビクしたり、笑ってしまいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • スイカをバットでかち割ったアブ。ホームランを打ったような清々しい笑顔だが、横で見ていた末っ子はスイカ割りの趣旨がわからないらしく、お父さんが突然スイカを破壊したのを見て、わっ!と驚愕してた。 https://t.co/FiAM6BZdW8 ReplyRetweetFavorite
    • いわきの海水浴の写真が発見された。スイカ割りの準備をする子供や私たち、そして一度も見たことないのにカープの鈴木誠也のフォームを真似しようとする盲目の天才アブ。青い空が見ている。 https://t.co/t3DFEbUfqK ReplyRetweetFavorite
    • 決して美談ではなく合理的な話であるのがいい。 https://t.co/AxJosuQ94I ReplyRetweetFavorite
    • かつてケニヤのソマリ難民キャンプで働いていた私の知り合いの人(ユニークだけど一応日本人)が、新潟県南魚沼の廃寺を改装して民宿を始めたところ、外国人客が押し寄せているという。「外国人は時間的余裕があるから日本人とは旅のしかたがちがう… https://t.co/lh0ii3yaQz ReplyRetweetFavorite
    • RT : ミャンマーの柳生一族 (カラー版) (集英社文庫) (高野秀行) が、Kindleストアランキング24時間で、21534位⇒30位に急浮上しました。 https://t.co/8K0zamslhk ReplyRetweetFavorite
    • しかし、3作連続で福島正実訳はびっくり。この人の訳文は明朗かつ深みがあり、会話文はともかく、地の文章は40年たっても全然古びていない。 ReplyRetweetFavorite
    • SF古典宇宙の旅・第4弾は『鋼鉄都市』アイザック・アシモフ(福島正実訳、ハヤカワ文庫)。ストーリーより世界描写中心なので、テンポはイマイチだが、よくSFとミステリと人間ドラマを組み合わせている。反宇宙人の群衆が歌う「くされ宇宙人」には爆笑。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑