*

骨と沈黙

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様



年に一度のお楽しみ、本の雑誌増刊の「おすすめ文庫王国2009」で
佐藤多佳子が自分の文庫オールタイムベストテンでミステリを3冊あげている。
そのうちの1冊はレジナルド・ヒル『骨と沈黙』(ハヤカワ・ミステリ文庫)。
私はこの本をだいぶ前に買ったが、読んでいない。
なぜかというと、私が買ったのは文庫になる前のハヤカワ・ポケット・ミステリ。
どういうわけか、私はハヤカワ・ポケット・ミステリが苦手だ。
内容でなく、純粋にあの中途半端な縦長の形がどうもダメなのだ。
おかげで作品自体は読みたくて買ったのに、ポケット・ミステリだからという理由で読んでいない本が何冊かある。
例えば、スコット・ウォルヴン『北東の大地、逃亡の西』もそうだ。
でも佐藤多佳子がオールタイムに選んでいるし、文庫化もされているので
やっと読んでみた。
なんとも重厚な全体小説だ。
とても1990年代に書かれたとは思えない。
『カラマーゾフの兄弟』を連想するくらいだ。
(そういえばあれも殺人事件の謎を追うミステリだった)
ミステリとして出来がいいとは思えず、素直に面白いといいがたかったが、登場人物の書き込みがハンパでないので
読み終わったあとも、ずっと心に残って落ち着かない。
こういうミステリ作品は日本にはまず、ない。
同じダルジール警視シリーズはいくつも出ているので他のも読みたいのだが、
あとはみんなポケット・ミステリで文庫化されてない。
うー、ポケット・ミステリ、どうにかしてほしい

関連記事

no image

泣けるような話

今週、出演するJ=WAVEの番組の打合せで、 構成作家の人に「何か外国でちょっと泣けるようないい話は

記事を読む

no image

雲南のツヨカワ花嫁

カゼをひいていたが、雪が降り始めたのでついプールに行ってしまう。 案の定、泳いでいる人はほとんどいな

記事を読む

no image

漂流するトルコ

小島剛一『漂流するトルコ』(旅行人)をついに読んだ。 もともとは私が小島先生に「(名著『トルコもう

記事を読む

no image

『アジア新聞屋台村』続編?

以前、アジア各国の新聞を発行しているエイジアンという不思議な新聞社で働いていたことがあり、その顛末を

記事を読む

no image

やっぱり見つからない…

月刊『SWITCH』の読書欄で『怪獣記』の著者インタビューを受ける。 行きつけの書店で「旅」に関する

記事を読む

no image

エンタメノンフ@ジュンク新宿

ジュンク堂新宿店にて「エンタメノンフ」のフェアをやっているというので見に行った。 最初なかなか見つか

記事を読む

no image

何の詐欺だろう?

ここ1ヶ月で2回、実家の母親から「変な電話があった」という知らせがあった。 最初は「ヒデユキ」を名乗

記事を読む

no image

他社の本を宣伝する出版社って…

今注目を集めているポプラ社の文芸ウェブサイト「ポプラビーチ」をたまに眺めているが、 いろいろな意味

記事を読む

no image

本格エンタメノンフの傑作

平松剛『磯崎新の「都庁」』を読了。 著者については恥ずかしながら全く知らなかったが、2001年に同

記事を読む

no image

米軍による驚くべき支援

28日(月)調布市被災者支援ボランティアセンターの手配で、被災地の特養老人ホームに物資を届けるという

記事を読む

Comment

  1. ERIC より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    初めまして。ERICと申します。28歳男性です。
    最近高野さんの本を片っ端から手に取り猛烈に読んで笑わせてもらってます。高野さんの文章はとっても読みやすくて面白い上に勉強になり視点も鋭い。やはり一流のライターが書くものは違うなあと感動してます。
    それにしても実にいろいろな国を訪ねて様々な経験をしてらっしゃるのですね。自分も海外一人旅が好きですがまだまだ辺境にはいったことが皆無だしこれからもほとんど行くことはないと思います。
    でも、一ヶ所くらいは行ってみたいと思いますが面倒くさがり屋なので苦労したくないという感じです。
    URLに添付しましたが私も一応くだらなくて退屈極まりないブログをやっております。
    今後も著書をよまさせていただきたいと思ってます。失礼します。

  2. フレディ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB720; GTB6.3; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    レジナルド・ヒルのダルジール物は昔4冊ほど早川から出てたんですけどね〜。今は品切れで入手不可能のようですが、古書ですと手に入るのではないでしょうか?
    それで確かその中の一冊のあとがきに「ダルジール」は正確には「ディーエル」とかなんとか発音するのだと書いてあったような気がします。
    ポケットミステリは読みづらいだけではなく値段も高いので私も文庫で出してほしいのですが、あまり一般受けする作家ではないんでしょうね。

  3. ねぎ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; Creative AutoUpdate v1.10.10)
    うちの連れも、私がポケミスを読んでいると「その妙に間延びした気味の悪い黄色いの読むのヤメテ!」と蛇蝎のように嫌います。
    ダルジール警視シリーズおもしろいのに〜
    パスコーの奥さんとダルジールの丁々発止のやりとりにパスコーがビクビクしたり、笑ってしまいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 初めて行く場所は必ず道を間違えるので、念のため、1時間早く家を出たけど、全然間に合わず。これからは2時間前に出るべきか。ていうか、もう、そういう問題ではないのか。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー人の友人のお父さんが先月コロナで亡くなり、今日は和光市のミャンマー寺院で法要なんだけど、気づいたら入間市に着いていた。副都心線が池袋で二股に分かれるとは夢にも思わず。また間違えてしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • PCの画面も見るのが辛い。でも締切が迫っている。これは手書きで原稿を書くしかないか。 ReplyRetweetFavorite
    • ありがとうございます。Kindle Paperwhiteを持っていたことに先ほど気づきました。 ReplyRetweetFavorite
    • 突然、液晶画面を見ると涙が出るようになった。iPhoneでの読書にハマり、一週間毎日3時間ぐらい読んでいたせいか。しかも読みやすくするため、明るさをMAXにしていた。また間違ってしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • これは凄かった!現代の探検とはこれだと思う。 https://t.co/Oj0Y21itOw ReplyRetweetFavorite
    • RT : #ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。 ノンフィクション作家 高野秀行さん@daruma1021とのトークショーの様子を特別公開✨ パラレルワールドのような北朝鮮の不思議さに驚かされ、タイムトラベルのような姉妹の再会に胸を突かれる。こんなSFっぽ… ReplyRetweetFavorite
  • 2021年9月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑