*

東武東上線では東武動物公園には行けない!?

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

「アスクル」はAmazon.comで発売直後から長らく、「3〜6週間待て」と書かれていたが、
ようやく「在庫あり」、つまり即日もしくは翌日発送になった。
ずっとお待ちだった方はどうぞ。
で、久しぶりにアマゾンのレビューを眺めていたのだが、
二つ、ハッとするものに出会った。
一つは『異国トーキョー漂流記』(集英社文庫)で
「東武東上線で東武動物公園には行けません!」というもの。
路線図を見ればたしかに、そのとおり。
東上線ではなく、東武伊勢崎線だった。
私はペルー人のウエキをたしか、地下鉄日比谷線のどこかの駅で見送った。
それが直通で、伊勢崎線に入っていったのか。
もう出版して5年もたつが、全く気づかなかった。
おそらく、気づいた人(特に埼玉の人)はたくさんいただろうが、
「ちっ」と舌打ちしつつも、筋に直接関係ないし、
あえて言うまでもないと思っていたのだろう。
埼玉の人、すみません。
もう一つは、『幻獣ムベンベを追え』に一つ星の評価がついていたこと。
問題作『怪魚ウモッカ格闘記』では一つ星が三つもついていてすごいことになっているが、
「ムベンベ」では一つ星とはいったいどういうことか。
そんなに読んでつまらなかったのか。
と思って、見てみたらレビュアーはなんと野々山さんじゃないか。
ノノさん、勘弁してください。
一つ星が1個でもあると、全体の評価がガクッと落ちるんですから。

関連記事

内側から見た「やくざ」

最近イースト・プレスの本が面白い。 まあ、知り合いの編集者が増えて新刊を送ってきてくれるせいも

記事を読む

no image

世界陰謀の真実はビニール傘にあるのか

某出版社で編集をしている探検部の後輩・杉山の紹介で、丸山ゴンザレスという異端作家と新宿の客家

記事を読む

no image

横領ニモ負ケズ

私の行くところトラブルありと人は言う。 今回もでっかいトラブルが起きた。 よりにもよって『メモリー

記事を読む

no image

セルビアの宍戸錠

セルビア共和国の首都ベオグラードに こんな人がいた。 動物の皮で作った不思議な楽器を演奏していた。

記事を読む

no image

お湯割をください。涙の数だけ

さまざまな困難を乗り越え、 イランでの「アルコールクエスト」を続けている。 イランに来て、やっと一週

記事を読む

no image

ソマリランドをラクダで探検する

来年の今頃、ソマリランドとプントランドの国境地帯をラクダで旅しようと思っている。 ピラミッドみたい

記事を読む

no image

釣りに失敗する

本の雑誌の杉江さんに新宿で会ったので、昨日思いついたばかりの「儲け話」をもちかけてみた。 すると、彼

記事を読む

no image

ネアンデルタール人の冬眠性って…

 ケリー・テイラー=ルイス著『シャクルトンに消された男たち』(文藝春秋)の書評を書く。  前に書いた

記事を読む

no image

どこまで行くのか、韓国

またしても竹島問題で関係が急速に悪化している日本と韓国だが、 私の本はゴンゴン出版されつづけている。

記事を読む

no image

趣味は「辺境料理」に決定

先日「公募」もした私の「趣味」がやっと決まった。 「辺境料理」である。 私はチェンマ

記事を読む

Comment

  1. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB5)
    し、失礼しました!!
    どうもね、いつ書いたか、なんで書いたか、
    さっぱり覚えてないんです。
    たぶん酔っ払って、なんとなく書いちゃったんであろう。
    あれって取り消せるのかなあ。
    とにかく、反省して、禁酒します。
    まあ、禁酒は別件で、ずっとしてるが。

  2. ねこばす より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    ノノさん、なんちゅう事を!

  3. LP より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.1.6) Gecko/20091201 Firefox/3.5.6 (.NET CLR 3.5.30729)
    野々山様
    始めまして、LPと申します。
    今日(12/31)、このブログを見て、そのレビューを読んでみたいと思ったら、
    消えてました。
    もう一回、復活させていただけませんか?
    一週間くらいでよいので。

  4. せい より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.1; ja; rv:1.9.1.6) Gecko/20091201 Firefox/3.5.6
    長年、東武伊勢崎線で通学、通勤していますが、
    東上線と間違えられることに慣れっこです。
    なので、「ちっ」と舌打ちすることもなく、またかと思って読み続けました。
    むしろ、東武線は、東だけでなく西側にも路線があるから混乱するんでしょう。

せい へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : いい本買った。世界各地から来ている難民の人たちが、日本で手に入る食材で作る料理の本。 https://t.co/tSZtHo5Yya ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【来店&オンライン】 『ある大学教員の日常と非日常』(晶文社) 『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)刊行記念 横道誠×高野秀行トークイベント 「迷宮めぐりの旅談義」 11/4(金)19:00 「混沌から明晰へ」と向かう作品世界… ReplyRetweetFavorite
    • 「連戦連敗の学習法」とは星の数ほどある語学習得法の中でも史上初にちがいない。 https://t.co/BJYpRz6oka ReplyRetweetFavorite
    • RT : 発売中の「女性セブン」に高野秀行さんの『語学の天才まで1億光年』についてのインタビューが掲載されています!取材、構成は佐久間文子さん。「びっくりするぐらい本格的な内容の本」としながら、高野さんの楽しい文体の理由も明かしてくださっています。 h… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 25以上の言語を学んだノンフィクション作家・高野秀行さんが明かす“連戦連敗”の学習法 https://t.co/odail34l2y 「ぼくは言語おたく、はやりの言葉で言うと『言語推し』ですね」 @… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『語学の天才まで1億光年』 スペイン語=カクカク「平安京言語」他方ポルトガル語は アマゾン冒険でローマ字読みで習ったポル語が全く聞き取れず、ネイティブに学ぶべきだったとしきりに後悔しつつ、両言語を縦横に語る至言の数々 ただスペ語にクレ… ReplyRetweetFavorite
    • 野谷文昭先生、おめでとうございます! この本は、実在した主人公がコンゴ→アマゾン(プトゥマヨ川流域)→独立運動と移行していくという点で、私の『語学の天才まで1億光年』と見事にシンクロしており、本当に驚かされました。 https://t.co/MhFDF26sS6 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年10月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑